3月のウォーキング

 3月は春の訪れを待ちわびる期待を期待を裏切るかのような底冷えする荒れた天気が続き、ウォーキングにブレーキがかかりそうな日が多かったが、歩くのを一日でも休むとなんだかんだ理由を見つけてずる休みが続きそうになるので、なるだけ休まないようにしたつもり。

 3月に歩いた距離は133㎞、一日平均4.2㎞
      (目標の4㎞をやっとクリアー)


 「インターネットバーチャル日本一周歩こう会」の記録は今、襟裳岬から日高の海岸沿いを苫小牧に向かって歩いている。

b0008825_21071267.jpg

 襟裳岬から苫小牧までは、192㎞。 なんと北海道は広いことか。

 この地区は私の知る限り、人口の少ない地域で、札幌在住の間も釣り以外はあまり訪れたことがなく、印象に残っていることは少ない。
 強いて言えば、学生の頃夏休みに北海道を約1カ月間旅した時、静内にあった農林水産省新冠種畜牧場で牧場体験をさせてもらった貴重な経験がある。それももう半世紀以上の昔の思い出。
 今はどうなっているのだろう。牧場の入り口から事務所まで長~い道路があって、牧場の広さに圧倒されたことをつい最近のように思い出す。

 福岡は、桜の満開が例年より1週間以上遅れて、明日あたりやっと満開と予想されている。
 ウォーキングに最も適したシーズン到来、これからも力まないで、楽しみながら歩き続けよう。
               

================================


[PR]
by matutaka31 | 2017-04-04 21:33 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26766122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2017-04-05 21:51
190キロの区間長いですね。北海道はでっかいどーですね。
行ったことがあったり、住んだことがある土地に到着するとわくわくしますね。
一日4キロとはすごいですね。
雨天の場合でも歩きますか?酷暑はどうしていますか?・・・。

Commented by hibochan at 2017-04-06 07:07 x
北海道は 広い 一区間290lmとは 気が遠くなります ただいまやっと二周目高知付近
一日5kmのペースで進んでます
Commented by matutaka31 at 2017-04-06 09:55
yyyanoyさんへ
昔のことを思い出しながら、その地域の今をイメージすると、
何となく心が和むことがあります。
人間って、思い出に生きている部分もありますね。
一日休むと、目標に近づくためには、次の日以降に大きな負担になります。
そればかりか、ずるずると「ま~いいか」になる自分の癖が
目を覚ましますので、毎日コツコツと歩いています。
雨の日も、・・・、夏は、晩酌のビールを楽しみに・・・(^◇^)
Commented by matutaka31 at 2017-04-06 09:59
hibochan さんへ
行けども行けども目標地点が見えてこない、北海道は本当に広いです。
そのせいか北海道の人は、おおらかな性格の人が多いように思います。
南国土佐の春を、存分にお楽しみください。
Commented by yyyanoy at 2017-04-06 10:01
なるほど、まだまだ歩けることに感謝の念が?たりませぬ。
本日☂なり・・・
Commented by taminamikawa1 at 2017-04-06 22:17
3月1ケ月間の1日当たりの平均歩行距離が4.2kmは
立派です。継続することの難しさは自分が歩いて実感しております。
Commented by matutaka31 at 2017-04-07 11:41
taminamikawa1 さんへ
足腰が弱くなって思うように行動できない友人・仲間をみるにつけ、
他人ごとではなくなります。
自由に動き回れる日が、一日でも長くなるように願っています。
Commented by dojyou38 at 2017-04-07 11:44
3月、天候不順にもめげずに目標4kmをクリアーおめでとうございます。
私は学生時代、白老(アイヌ村)からJRで様似へ、そこから襟裳岬へバスで廻り帯広へと旅しました。
岬の先端に立って、岩礁が細くなって太平洋に沈む雄大な景色が忘れられません。

Commented by matutaka31 at 2017-04-08 09:56
dojyou38 さんへ
北海道の広大な自然は感動的ですね。
それにしても襟裳岬から苫小牧までの距離の長いこと、1ヵ月以上
歩いてもまだ着きそうにありません。


<< 花見の楽しみ方も変わってきた 仲良し猫ちゃんのお出迎え >>