花見の楽しみ方も変わってきた

 花見の楽しみ方も年ともに変わるものだと、最近気づいている。

若い頃の花見と言えば、もっぱら職場の同僚と「花より団子」のタイプだった。

花を見るより酒にカラオケそして仕事上の話題を、いつまでも繰り返し、終わってみれば千鳥足でみている方がハラハラするような始末で、花を観て楽しむどころではなかった。

b0008825_21451764.jpg

時代は移り定年後は、しばらく同じ職場のOB会の花見が続いた。
酒がまわるにつれ現職時代の気分に戻ってしまうのか、話題は現職の頃の自慢話が主で、中にはかつての後輩に向かって・・君呼ばわりする空気の読めない人までも出てくる始末。
定年後も後輩を君呼ばわりしたり、自慢話に終始するような宴会はだんだん白けてくる。
そんな面白くない花見の宴は、もう卒業した。

 そんなグループより私には、「今」が大切なのだ。
 だから私はOB会や同窓会には関心が薄らいできたが、中学の同級会や小学校時代の集まりは、ごく自然に童心に帰れるので、喜んで参加することにしている。
さらに、ボランティアや趣味の活動など思いを同じくする仲間との触れ合いは、心から楽しめるし、私の人生を豊かにしてくれるから、よほどのことがない限り喜んで参加する。

 時にはデジカメ片手に、仲間と気楽にのんびり桜の開花状況を眺めたり、周りの自然や建物の調和を語り合ったり、咲き具合や木の枝ぶりなどを観て楽しむなど、桜の花を舞台にした雰囲気を楽しむ花見に変わっている自分に気が付く。

b0008825_21573584.jpg

 私は桜の花が、殊の外好き!
 よく日本人が桜を好む理由に「パッと咲いてパッと散る潔さ」が挙げられるが、私はそんな感傷的にはなれない。
桜が好きな特別な理由はないが、桜の花を見ると、どの花を見たときよりも心が和むのを感じてしまう。
ほころび始めた蕾、そしてびっしり咲いた満開の花を見ると、木全体から湧き出ずるエネルギーみたいなものを感じるのだろうか、世間の煩わしさや心の中に何かしら気になっていることもすべて忘れさせてくれる不思議な力を持っている。
 日本で栽培されている桜の品種は、およそ380種もあるという。
 そのうち知っている品種は、わずか数品種。
 しかも確実にその品種を言い当てる自信はない。

 私はとにかく桜の花を見ると元気が出るので、笑われるかもしれないが限られた期間内に、出来るだけ多く花見をすることにしている。
 今年の桜は、今年の仲間と一緒でしか観れないのだ。
来年は今年とは違った花見になる。だから今年の花見は今年中に、存分に味わっておきたいのだ。
だから機会あるごとに、今年しかできない花見を楽しむんでいる。

 小倉城を舞台にした歴史探訪を兼ねた仲間との花見から始まり、ボランティアグループの花見、中学時代の同級生との花見、桜の品種を見比べながらその咲き具合や枝ぶりを観賞しながらの舞鶴公園の花見などなど・・・。
まだ満開になったばかり、まだ楽しみが残っている。


b0008825_22063514.jpg
============================

[PR]
by matutaka31 | 2017-04-07 21:37 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26772908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2017-04-08 11:11
満開の桜を見ると、春の訪れを感じますし、心が癒されますし、あの桜の華やかさが好きですね。
Commented by tenpai8 at 2017-04-08 11:34
今年は上野の桜、舞鶴公園の桜、山路散歩の桜、満開になる前に見ました。
今日はカイビャク以来の珍事・カーチャンと花見しようかと計画中です。実現しますかね?
最高の花を満喫しましょう!
Commented by matutaka31 at 2017-04-08 11:49
taminamikawa1 さんへ
桜は仰る通り、心が癒され、元気をもらえます。
今年はいつもより長い間花見が楽しめますので、喜んでいます。
今日あたりが満開でしょうか。
Commented by matutaka31 at 2017-04-08 11:54
tenpai8さんへ
上野公園の花見、相変わらずの混雑ぶりでしょうね。
花を観るより、鼻を見る方が多いような光景を思い出します。
奥様との花見、たまにはいいものです。ゆっくりお愉しみください。
Commented by hibochan at 2017-04-09 08:39 x
花見と称してどかで一杯これがこちらの花見
私は どちらかと言うとマイペースで桜をいろんな角度から眺めその歴史をしのびます
最近遠出は おっくう近場をうろついてます
日本人は 桜が大好き
Commented by matutaka31 at 2017-04-09 09:48
hibochanさんへ
桜は、遠くから見てもすぐそばまで近寄て見ても、心を動かせる、不思議な魅力があります。
待ちに待った桜の満開で、やっと春になったと喜んでいます。
昨日も近くの川沿いの桜並木を観てきました。
hibochanさんの桃源郷の桜も、そろそろ満開でしょうか。
Commented by tetsu807-2 at 2017-04-10 11:51
待ちに待った桜の季節、満喫されておられるようですね。
私も人並みに歩行器をお供に、二人で近場の桜で楽しんで
います。以前は西公園でゴザを数枚広げて仲間と賑々しく
宴会したものですが、今は少し寂しい花見です。
Commented by matutaka31 at 2017-04-10 13:38
tetsu807-2さんへ
賑やかな花見の宴も悪くないですが、静かにゆっくり眺める
花見も良いものですね。
今年は寒い春の為、長い間花見を楽しめます。
雨が止むと次は、菜園での野菜の植え付けで忙しくなります。
Commented by dojyou38 at 2017-04-14 10:31
色々なグループ・階層の方達と花見が楽しめて何より。
転居して日が浅い私には残念ながら羨ましく思われます。
湘南で花見するのは今年が初めてです。
山に自生しているさくらは九州ではヤマザクラが多いですが、湘南ではオオシマザクラが多いようです。
また、街路樹や川の堤などでは九州に比べシダレザクラの割合が多いように感じました。


<< そら豆(空豆)の芯止め 3月のウォーキング >>