ジャガイモの芽かきと土寄せ


 3月1日に種芋を植えたが、今年は気温が低かったせいもあり芽が出るのがいつもより遅かったが、今では順調に成長してきた。
 ところがこのところ雨が多く、芽かきはしたものの土寄せが出来ず困っていたが、今日、やっとそのジャガイモの土寄せをすることができた。

b0008825_21023561.jpg
 ジャガイモは種イモからたくさんの芽が(多い時は5.6本)伸びてくる。
ジャガイモはこの芽が大きく成長した茎の地下茎が伸びて肥大したものだから、芽のすべてをそのままにしておくと、その地下茎から伸びて肥大するジャガイモは小さいものになってしまう。

 そのため、ある程度大きいジャガイモを収穫するために、通常は1~2本残して、弱そうな芽をすべてかきとる(芽かき)。
 逆に小さいジャガイモをたくさん収穫しようと思えば、芽かきを控え目にして、茎を多めに残して育てる。

 少人数の家庭では太いジャガイモは敬遠されるので、私は中くらいのジャガイモを収穫するため、2~3本残して外をかきとることにしている。
b0008825_21194533.jpg
 芽かきした後は、根の周りに土を寄せる。
 ジャガイモは地下茎が肥大したものだから、大きくなると土の表面に出て日に当たるようになると、緑色に変色し(ソラニンという有毒物質が生成され)食用にならないため、ジャガイモが土の表面に出ないよう、根元に土を寄せる。

 このまま順調に育ってくれると、5月末には、美味しい新ジャガイモを味わうことが出来る。
北海道産ジャガイモが昨年の豪雨で大きな被害を被り、世の中は品不足になっているという。
我が菜園のジャガイモが、我が家の救世主になれば幸い!
楽しい哉家庭菜園、菜園 🙌

===========================





[PR]
by matutaka31 | 2017-04-20 21:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26803198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2017-04-21 21:58
たかがジャガイモ、されどジャガイモで、芽かきから土寄せで、家庭菜園もプロの農家なみに作業しなければ、希望する収穫できないんですね。
Commented by matutaka31 at 2017-04-21 23:06
taminamikawa1 さんへ
やればやるほど、深みに入ってしまいそうです。
それほどこの世界も、奥が深いということでしょう。
あれこれ考えながら励んでいますが、やはり健康のためが
究極の目的のようです。
Commented by hibochan at 2017-04-22 07:08 x
見事に生育されてます
こちらも最初の作業は ジャガイモ植えつけ
お彼岸過ぎでした畑も草が生え管理が大変
Commented by matutaka31 at 2017-04-22 10:37
hibochanさんへ
今年のトップバッターが、幸先よくスタート出来ました。
根もの野菜は、里芋やヤーコンの植え付けを終わり、ショウガとつくね芋の
芽だしをしています。
これからナス・トマト等、夏野菜の植え付けが忙しくなります。
Commented by dojyou38 at 2017-04-22 16:03
ジャガイモの芽欠きのこと知りませんでした。
もっとも、私はこちらではジャガイモを作っては居ませんが・・・
今年はジャガイモの種 苦労されただけに豊作になること願っています。
Commented by matutaka31 at 2017-04-22 21:16
dojyou38 さんへ
野菜の品種ごとに、夫々異なった育て方があるのを知るにつけ
その奥の深さを感じます。
その育て方を追い求めるのも、家庭菜園の面白さだと思っています。
今夏野菜の植え付け、最盛期です。
Commented by tetsu807-2 at 2017-04-24 17:24
ジャガイモの土寄せ、きれいに仕上がっていますね。
以前と変わらぬ栽培面積で、シーズンごとの野菜が植えつけ
られ収穫されていく。ほんとにお元気ですね!!
体力がないとできない仕事です。ボランティアも太極拳も
当たり前にこなす超人です。
Commented by matutaka31 at 2017-04-24 21:15
tetsu807-2さんへ
これぞまさに、から元気とでも言いましょうか。
寄る年波には勝てません。
今日も、スイートコーン、トマト、ズッキーニ、つくね芋を
植えましたが、腰が悲鳴を上げています。(^◇^)
お陰様で何とか、一通り植えることが出来ました。


<< 日本の歌をうたう アサリ貝の砂抜き >>