なんじゃもんじゃの花が今年も咲いた

 なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の花を見たければ「ひょうたん池に行きなさい」と言えるほどに大きくなった、この人目を惹く純白の花は、ひょうたん池の風物詩。
 遠くから見ると白い雪を被ったように見えるこの「なんじゃもんじゃ」の花は、今年も青空を背景にあふれんばかりのエネルギーをみなぎらせて堂々と咲き誇っている。
b0008825_21084000.jpg
 このなんじゃもんじゃの木は、10年ほど前、ひょうたん池花クラブの会員の方から提供された苗をこの地に植えたものだが、年々大きくなり、剪定には大型の脚立が必要になるほどに大きくなった。
 日ごろ観察している私たちにとって毎年咲く花の模様は、年ごとに姿を変える樹形の様子が良く目につき、成長の速さと自然のエネルギーを実感させられる。

     花の様子をアップすると、こんな感じ。
b0008825_21114343.jpg

b0008825_21230550.jpg




ズームで撮ると、ご覧の通り手振れで画像がぼやけて、残念ながら花弁の細かいところが良く見えないが、ご覧の通り。⇒ ⇒ 








 ひょうたん池のシンボルツリー「栴檀(せんだん)」も、 冬の間はすっかり葉が落ちて枯れ木のように見えるが、今では若葉が萌えはじめて、よく見ると小さな蕾が鈴なりに生っている。
 間もなく池全体を緑で覆ってしまうような、自然豊かな景観が出現する。

b0008825_10152224.jpg
b0008825_21305653.jpg
 栴檀と言えば「栴檀は双葉より芳し」の諺を思い浮かべるが、ここでいう栴檀は白檀(ビャクダン)のことで、私たちが日ごろ目にする栴檀(せんだん)とは異なることを知っていないと、香りがない栴檀からはその「芳し」意味が理解されないだろう。

 栴檀はわが国をはじめアジア各地の暖地海辺に自生する木であるが、白檀(ビャクダン)は、インドネシア原産で香科植物として栽培されている。
 ちなみに広辞苑では、「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は、この白檀のこと、と書いている。

       matutaka31のホームページ(あれこれ気ままに)
=============================













[PR]
by matutaka31 | 2017-04-29 21:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26822971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2017-04-30 21:36
センダン、ビャクダン、の違い、初めて聞きました。
もう直ぐ花が咲きますが、あの大木を埋め尽くすように咲く、薄青の小さな花の房が、今年も、もう直ぐですね。大好きな花なので、牛頚ダムに毎年出かけています。
Commented by taminamikawa1 at 2017-04-30 21:46
天拝公園(筑紫野市)の駐車場から武蔵寺に行く途中(天拝公園沿い)の公園にも2本、植栽されておりますので、機会があったら見に行きたいものです。。
Commented by matutaka31 at 2017-05-01 17:54
tenpai8 さんへ
山の緑が日々変化する、まさに風薫る5月です。
栴檀の葉も日々姿を変えて、まもなく薄紫の花が咲きます。
菜園の苗の植え付けも一通り終わり、ホット一息です。
Commented by matutaka31 at 2017-05-01 18:01
taminamikawa1さんへ
なんじゃもんじゃは、雪を被ったような真っ白い花が目立ちますので、何処にあるかわかり易いですね。
対馬の原生林は、山全体が雪を被ったように見えるそうで、
一度見てみたいと思いますが叶いそうにありません。
Commented by dojyou38 at 2017-05-01 22:00 x
ナンジャモンジャ、純白の花爽やかな季節の到来を象徴しています。
福岡にいるときはあちこちで見かけましたが、
湘南に来てからは見かけたことがありません。
Commented by matutaka31 at 2017-05-01 23:07
dojyou38さんへ
福岡でも見られる場所が少しずつ増えていますので、
いずれ湘南地区でも見られるようになるかもしれませんね。
この花が咲くと、いよいよアジサイの出番が近づくようです。
Commented by hibochan at 2017-05-02 06:48 x
憩いの場に変わった名前の花木
見たことありません シンボルツリーは 楽しみ
こちらモッコウバラが見ごろ 初夏の装い
Commented by matutaka31 at 2017-05-02 09:29
hibochanさんへ
ヒトツバタゴというれっきとした名前があるのですが、
「なんじゃもんじゃ」の方が親しみがあって覚えやすいのです。
栴檀の葉も日に日に緑を増し、初夏の装いになってきました。
Commented by tetsu807-2 at 2017-05-02 11:55
雪がふんわり被ったようなきれいな花ですね。確かに
これを見たら、なんじゃこれはと思いそうです。
名前は何度も聞いたことはあるのですが、見る機会に
恵まれてていません。
Commented by matutaka31 at 2017-05-02 22:37
tetsu807-2さんへ
私もこの花を始めてみたときは、なに!この花は?と、
正直驚きました。
それ以来、忘れられない花の一つになってしまいました。
まだまだ、知らない花が沢山あります。


<< 吉祥寺(きっしょうじ)の大藤を... 日本の歌をうたう >>