11回目の「ひょうたん池まつり」で楽しいふれあいが・・・

 11回目を迎えたわが町の小さな「ひょうたん池まつり」は5月13日、風薫る青空の下、昨年を上回ると思われる大勢のお客さんに集まっていただき、楽しいふれあいのひと時を過ごしていただいた。

b0008825_21333354.jpg
 この「ひょうたん池まつり」は、今では地域住民の憩いの場になっている「ひょうたん池」で、町内の方々に楽しい一時を過ごしてもらおう」と、町内でボランティア活動をしている「ひょうたん池花クラブ」と「ベスタ」が共同して主催する、手作りのまつり。


 半年前から入念に計画を練り上げ、スタッフ全員が目的と役割を共有して取り組んできたため、準備も順調に進んだ。前日は終日の雨で事前準備が滞ったが、心配した雨も夜半には止み、まつり開始の10時にはすっかり晴れ上がったまつり日和になった。
 お客さんの出足も順調で、お客さんとスタッフが和気藹々の中で、楽しいまつりを終えることが出来た。

b0008825_22073082.jpg
バザーコーナの一コマ

b0008825_22101833.jpg
花苗販売コーナー

b0008825_21345675.jpg
飲食コーナーの賑わい

 最近では、町内会の役員の方々が応援に駆けつけてくださるようになった。また市の3Rステーションやエフコープの方々も好意的に支援してくださり、更に姪浜地区のボランティアグループも応援参加してくださるなど、年々支援の輪も広がり、地域の皆さんに喜んでもらえるまつりに進化したようで、主催する私たちも遣り甲斐を感じてしまう。

 まつりの定番は花卉・野菜苗の販売、バザー、飲食コーナ、ワークショップ、子供たちに人気の「遊ぼう」コーナー等盛沢山で、短い時間ながら、心行くまで楽しんでいただけたと思っている。

 ワークショップのメインテーマは、「作って楽しもう」とし、数々のコーナーを設けた。
 押し花作り、廃材で作る動物スタンプ、クラフトのアクセサリー作り、すっきり整理箱、糸車作り、多肉植物寄せ植え、そしてその目玉に、母の日のプレゼントに「フラワーアレンジメント」を取り入れた。

b0008825_21552815.jpg
フラワーアレンジメント、ママが喜んでくれるといいな~

ワークショップコーナーは、小学生以下の子供たちとその母親に人気で、どのコーナーも人があふれていた。
親子で、中には友達と、懸命に工作に取り組む姿を見ていると、この子供たちに物つくりの楽しさや創造力が芽生えるきっかけになってくれればいいなーと、密かな期待を抱いてしまった。
 
 お祭り広場では、今年初めての試みとして高校生による和太鼓「二丈絆太鼓」に出演していただいた。
 いつも静かな町に元気が漲るように太鼓の音が響き渡り、活気あふれる迫力満点の内容だった。
 
b0008825_21561504.jpg
元気いっぱいの和太鼓

この外、恒例になったキッズダンス、手話ダンス、健康体操も好評で、来場者の足を釘付けにしていた。
b0008825_23035042.jpg
キッズダンス かわいいね・・・写真が手ぶれしてごめんなさい

b0008825_22003586.jpg
なじみの音楽に合わせて優雅に、手話ダンス

 出演していただくグループの方々は、ボランティア精神で快く参加してくださり、まつりを盛上げていただくので、本当にありがたい。感謝!
 また池の近くにお住まいの方が、出演者の着替えのために家の部屋を開放して頂き、また駐車場を提供して頂くなどまつりを陰で支えてくださり、本当にありがたいことである。
   
 スタッフの皆さんは、自分の役割に集中しなければならないので、祭りの雰囲気を味わうまでにならないが、お客さんと笑顔で接することが出来る喜びがあり、一時の疲れは心地よい疲れに変わり、きっと来年のまつりに密かに思いを馳せていることだろう。
 好天に恵まれ、皆さんに楽しんでいただいたまつりも無事終わって一安心。来年もまた、楽しいまつりが出来ることを祈念しつつ・・・


==============================


[PR]
by matutaka31 | 2017-05-15 21:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26858730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2017-05-16 17:30
今年もお天気に恵まれ、充実したひょうたん池祭りの成功
おめでとうございます。年毎に豪勢になり楽しいイベントが
盛りだくさんで、入場者も満員御礼の活況ですね。
Commented by matutaka31 at 2017-05-16 23:01
tetsu807-2さんへ
なんだかんだと試行錯誤をくり返して、はや11年を過ぎました。
お客さんが喜んでくれるのが、最高の元気のもとです。
どうやら、終わりのない線路を走り始めたようです。
Commented by hibochan at 2017-05-17 07:38 x
市民憩いの場ひょうたん池まつりも十一回
しかも手作り喜ばれたことでしょう
年々参加者も増えてくようやりがいがありますね
これからも頑張ってお続けください
Commented by matutaka31 at 2017-05-17 09:38
hibochanさんへ
主催する私たちと住民の皆さんと、気持ちが通じ合うように
なってきました。
町に元気が出てくるのが楽しみです。
来年に向けての工夫が、始まります。
Commented by dojyou38 at 2017-05-18 10:47
「ひょうたん池まつり」まつりの季節ですか、時節の移ろい早いです。
新しい植樹も10年を越えるとその土地に似合って風格が出るようです。
「ひょうたん池まつり」も11年目を向かえその地域になくてはならないものになってきましたね。
ここまで継続された長い間ご苦労様でした。
Commented by matutaka31 at 2017-05-18 11:17
dojyou38 さんへ
最初はどうなることかと思ったこの祭りも、
11年を迎えました。
地域の皆さんの協力は、私たちを奮い立たせます。
これをきっかけに、もっと活気のある町になればと願っています。


<< 救急車の有難さを知る ニオイバンマツリの花が咲いた >>