ズッキーニ受粉の手助け


 私の家庭菜園ではこの時期、ズッキーニが定番作物の一つで、作り続けてもう10年位になる。
 ズッキーニは「カボチャ」の1種で、見かけはキュウリに似ていて、生の食感はくせがないので生食の他、油炒め、天ぷら、煮物等、利用範囲が広いポピュラーな食材。
b0008825_14363099.jpg



   「ズッキーニ」

   別名:つるなしカボチャ

   原産地:生産地南アメリカ
   分類:ウリ科カボチャ属   

この写真は前年のもの:収穫前のズッキーニ


我が家ではこのズッキーニが好評で、ご近所さんや知人にも比較的好評なので、今年も8本植えているが、そろそろ雌花が開き始めた。

b0008825_14410230.jpg
雌花が咲いた様子(花の基部(子房)に実になるズッキーニがついている)

ズッキーニは雌雄同株であるが、数年前までは、ミツバチがやってきて受粉してくれたので、何も手を加えなくても立派なズッキーニがたくさん収穫できた。
 ところが最近、ミツバチが来てくれない。
 そのため何もしないで自然に任せておくと、受粉の可能性が少なくなり、多くの雌花が果実に成長しないまま、あえなくその生涯を終えてしまう。
b0008825_14423416.jpg
この2本のズッキーニは、未受粉の為これ以上大きくなることなく、腐ってゆく

 菜園の周りが宅地になったためミツバチが近寄らなくなったのか、ミツバチそのものが少なくなってしまったのか、いずれにしてもミツバチを見かけなくなり、その他の受粉を助ける昆虫もあまり見かけなくなってしまった。

 こうなると、人が受粉の手助けをするしかない。

b0008825_14490470.jpg
雄花が咲いた様子
 今日初めて、その受粉の手助けをした。
 雄花を摘み、おしべの葯の先端についている花粉を、めしべの柱頭につけてやるこの受粉作業は、ズッキーニの他スイカにも必要で、これから日課になる。
しかもその作業は、雌花が萎んでしまわない時期にしなくてはならないので、朝早い時間帯を選ぶことに。
勿論早朝の菜園出勤は、健康に良いので苦になることはないのだけど・・・。

こんな身近なところにも、自然の繁殖行為が壊されつつある姿を目の当たりにすると、自然の植生がこれからもどんどん変化して行くことが予想され,、壊されていく自然現象を見るようで怖いような気がする。

 今日受粉したズッキーニは、10日後当たりには立派に収穫出来るようになるだろう。
 そして収穫最盛期には多分、ご近所さんや知人におすそ分けできる程、毎日収穫できるようになるだろう。
 楽しみが膨らむ。
==========================

[PR]
by matutaka31 | 2017-05-24 14:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26878267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2017-05-24 22:50
ズッキーニはゴーヤと並んで夏野菜として良く食べます。
受粉はミツバチ等がやってくれていたものが、ミツバチの減少により、それができないとなると、あとは人工授粉しかないのが現実なんですね。
そういえば、テレビで放映されていましたが、ビニールハウスの中にミツバチを放ち、授粉させているシーンを見たことがあります。
Commented by matutaka31 at 2017-05-24 23:12
taminamikawa1 さんへ
ハウス栽培農家は、ミツバチを購入して、ハウスの中に放つそうです。
せめて露地栽培のものは、自然交配を期待したいものですが、
条件が厳しくなる一方です。
農家の人はどうしているのか、気になります。
Commented by hibochan at 2017-05-25 07:59 x
菜園手入れ苦労しますが楽しみ
ズッキーニ我が家は 植えこまなかったよう
妻が担当 ナス生育今一だとか
知人の養蜂家蜂が原因不明帰巣しなくなり廃業しました 最近ミツバチが減ってるようです
Commented by matutaka31 at 2017-05-25 11:45
hibochanさんへ
奥様の手助け、ありがたいですね。
我が家はノータッチです。
蜂蜜業者が廃業するほど、ミツバチ不足は深刻なんですね。
ミカンの花にも怖いくらい群がっていましたが、最近は
あまり見かけなくなりました。
Commented by tenpai8 at 2017-05-25 14:39
ミツバチが以前は大小様々居たのですが、最近は少ないですね。私も瓜類は皆、キューリ、スイカも早朝にミツバチ代行作業を10余年前からしています。
確実に着果さすには、必須のようです。少ない季節の宝を稔らすには、苦になりませんね。
スイカ雌花が着き始めましたよ。楽しみです!
Commented by matutaka31 at 2017-05-25 20:35
tenpai8 さんへ
やはりミツバチは少なくなりましたか。
農薬のせいでしょうか。
何はともあれ、受粉させなければ収穫ができませんので、最近では日課になりました。
受粉後の結実を見るのが楽しみです。
Commented by dojyou38 at 2017-05-25 21:37
ズッキーニ、私は今年初めて2本作付けしています。
初めの1本づつは上手く結果しましたが、気が付くと次のものはそれぞれ腐りました。
受粉していなかったようです。
それ以来、雌花が咲くたびに受粉の手助けしています。
僅か2本ですから苦にはなりません。
Commented by matutaka31 at 2017-05-25 23:09
dojyou38 さんへ
もうズッキーニの収穫が始まりましたか。
2本でも、最盛期は毎日収穫できるでしょう。
くせがなくさっぱりした味ですから、手軽に料理でき、
飽きないおかずになります。


<< 家庭菜園 ただいま順調!と言い... 初夏の風物詩「麦秋」 >>