福岡市恵光院境内にある菩提樹の花

  福岡市東区筥崎宮そばの「 恵光院」境内に、有名な樹齢150年程の菩提樹がある。
 私の知る限りでは、これほど立派な菩提樹があるのは、福岡市内ではここ「 恵光院」だけ。

b0008825_14475326.jpg
咲き始めた菩提樹の花(わずかに黄色い花びらが見える程度)

 お釈迦様と「菩提樹」はよく知られるが、実際に菩提樹を見る機会は少なく、私が実物にお目にかかったのは4年前、この「 恵光院」の菩提樹が初めてのこと。
その菩提樹の花がそろそろ咲くころではないかと思い、先日、太極拳教室の後病院での要件を済ませ、仲間を誘って観に行ったが、まだ咲き始めとあって黄色い花がちらほら見える程であった。でも近寄ると、ほのかに芳香が漂ってくる。
 この菩提樹の花が満開になるのは、例年6月初旬の頃で、黄色い花が樹全体を覆い、辺り一面芳香が漂う。

b0008825_14483945.jpg
4年前に撮った満開の菩提樹の花の様子


 菩提樹の香りは、言葉で言い表せない不思議な香りで、心が和むようないい香り!
どう表現すればいいのかと思ってネット検索すると、「フローラルな香り」だという。そのフローラルとはジャスミンやバラなどの花の香りのことらしいが、私にはいい香りであれば、名前などどうでもよい。

 さて恵光院では菩提樹の花の見頃にあわせて6月4日、宗祖弘法大師様の誕生を祝う「菩提樹(青葉)まつり」が開催されるという。そのときは、本堂内で秘蔵の釈迦の涅槃図も開帳される。

 境内には、「燈籠堂」と云うお堂がある。元は、慈眼院と称して筥崎宮の参道脇に在ったお堂で、明治三年に当院に移されたという。
 承元二年(1208)の創立と伝えられ、 天正十五年(1587)六月、豊臣秀吉公が箱崎にて宿陣の折、千利休居士が茶を奉ったところとして歴史を想わせるお堂という。

b0008825_14570316.jpg

千の利休が大公秀吉にお茶を奉じたと言われる「燈籠堂」
=============================


[PR]
by matutaka31 | 2017-06-01 15:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26895920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-06-02 08:05 x
歌で聞いたことありますが見たことは ありません
名前から宗教に関係してるのかとは 思ってました
花の香りが素晴らしいとは 一度見てみたい
Commented by matutaka31 at 2017-06-02 15:24
hibochanさんへ
菩提樹はお寺さんの境内によく植えられているそうで、
普段はあまり見かけませんね。
地域によって多少違うかも知れませんが、6月上旬が
見ごろになるようです。機会があったら見てください。
Commented by tenpai8 at 2017-06-02 18:14 x
嬉しい情報、アリガトウございました。
菩提樹とホトケサマの情報は、纏った情報には接していませんでしたが、近くの市内に歴史事実を刻んだ立派な寺院があることを知り、2-3日中にジックリとお参りしてきます。 多謝!
Commented by matutaka31 at 2017-06-02 23:09
tenpai8さんへ
本堂の中に入ると、なぜか心が落ち着きます。
菩提樹の花の香りは、お釈迦様が悟りを開いたという話にふさわしい香りです。
機会があったら、一度味わってみてください。
Commented by tetsu807-2 at 2017-06-04 11:11
恵光院の菩提樹、昨日見てきました。今日4日がおまつり
と聞きましたので、混雑を避けて昨日行きましたら八分咲き
で良い香りが漂っていました。花の満開のタイミングは
ほんとに難しいものですね。
Commented by dojyou38 at 2017-06-04 21:11
恵光院の菩提樹、何度か見に行きましたが頃良く咲いていたのは1度きりです。
千利休が秀吉にお茶を立てたと言う話は底で聞いた記憶があります。
Commented by matutaka31 at 2017-06-04 23:13
tetsu807-2さんへ
恵光院に行かれましたか。
八部咲だったとは、まずまずでしたね。
あの香りは、本当に心が癒される香りだと思いました。
そろそろ、アジサイの季節ですね。
Commented by matutaka31 at 2017-06-04 23:19
dojyou38さんへ
恵光院の菩提樹は、きっと今頃満開でしょう。
筥崎宮はじめその周辺は、秀吉にまつわる話題が結構多いのに驚かされます。
箱崎界隈は、そばを唐津街道が通っていて、歴史上興味深い場所です。




<< 日本一周歩こうかい、ただ今「長万部」 家庭菜園 ただいま順調!と言い... >>