梅雨入りは名のみの旱(ひでり)、気になる夏野菜の不作

 6月6日例年より2日遅れで梅雨入りした九州北部は、梅雨入りの日の夜、雀の涙ほどの雨が降ったきりその後は曇り又は晴れの日が続いている。多くの方々は、鬱陶しい梅雨から解放され、爽やかなこの好天続きを、心から歓迎されていることだろう。

 昨日この好天に誘われ、とある県下でも有名な森の中のアジサイ園に行った。雨が似合う満開のアジサイを見たかったが、この旱ではそれも叶わず、緑の木々に囲まれた森の中にあっても水滴のかけらもなく、ほこりを冠ったような生気のないアジサイを見ることになってしまった。 代って木漏れ日が差し込む森林の中で図らずも森林浴を楽しむことができたが、森を出て周りの乾燥状況を見るにつけ、雨不足による様々な影響が頭をよぎってしまった。

 天気予報では向こう1週間は雨の気配がなさそうだから、降雨量が異常に少なかった5月に続き、当分雨が降らない空梅雨が続きそうだ。この空梅雨を喜ぶ人がいる反面、天気予報を眺めながら雨を待ち望む人も少なくない。 特に自然を相手にして生業を営む農家の方々の水不足は深刻だと思われ、作物の生育に対する不安・心配はいかほどかと心が痛む。

 わずかばかりの家庭菜園を楽しむ私は、毎朝雨の予報が出ない天気予報を見てはため息をつき、1.8lポリタンク3個に水道水を満タンにして車で菜園まで運んでいる。乾燥しきった土壌を潤すには効き目のない「焼け石に水」同然と思いながらも、出来ることなら救ってあげたいと願いながら、せっせと水やりに励む日が続く。

b0008825_11531246.jpg




 開花・結実の一番大切な時期を迎えているスイートコーンは葉が垂れ下がり、これから房がおおきくなる時期だが、果たして実が大きく成長できるかどうか心配。





b0008825_11543092.jpg





枝豆は莢が一杯できているが、果たして豆が大きくなりきるのか、これもまた心配。








既に収穫を始めているナス、キュウリ、ピーマン、ズッキーニ等は、まともな形まで成長することが出来ず曲がったり変形したり、・・・、
 

b0008825_11552110.jpg
葉に元気がないキュウリ  土は乾燥して真っ白

「ナスは千に一つのあだ花はなし」と言われるが、そのナスに異変が出始めた。花は咲き、実がつくが、大きくなりきらないばかりか、変形した硬いナスになってしまう。味は悪くないのだが、本来のナスの形とは大きくかけ離れた物になってしまっている。

b0008825_11565585.jpg
掘り起こしたジャガイモ:紅あかりとキタアカリ

 ジャガイモは、土壌の乾燥が著しくひどくなったので、早めに収穫してしまった。そのためやや小粒のジャガイモになってしまったが、何とか、そこそこの収穫が出来たと思っている。


 このまま旱が続くと、農作物に大きな被害が出るかも知れない。
 昨年北海道を襲った台風で甚大な被害を被ったジャガイモ、さらに西九州で病気発生による大きな被害が出た玉ねぎ等、自然災害による農作物需給の混乱を思い出すような被害に繋がらなければ良いのだがと、陰ながら気になる空梅雨である。


=========================

[PR]
by matutaka31 | 2017-06-15 11:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26926707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2017-06-15 20:47
農作物の栽培は自然が相手だけに、自然に左右されるのは当然ですが、どちらにしましても過ぎたるは及ばざるが如しで、
日照りが続き、雨が降らないと植物は正常に育たないですね。
Commented by matutaka31 at 2017-06-15 22:46
taminamikawa1さんへ
こう旱が続くと、梅雨末期の豪雨が怖いです。
それにしても今年の梅雨は異常だと思います。
このままだと、野菜の高騰が気になります。
Commented by hibochan at 2017-06-17 07:19 x
こちらも梅雨入り後殆ど雨無し
アジサイ生気がありません
ご近所さんも野菜が心配と嘆いてました
Commented by matutaka31 at 2017-06-17 09:52
hibochanさんへ
当分雨の予報は見当たらず、出るはため息ばかりです。
連日の水遣り、もう疲れました。
ご近所さんに、水やりを諦めた人もいます。
Commented by tenpai8 at 2017-06-17 13:34
こんな空梅雨は記憶にありませんね。
腰痛には十分注意して水運びに励みましょう。
潅水では雨のように豊かな恵みが難しいとは分っていても、梅雨の雨まで作物の命を維持するのに、頑張りましょう。
Commented by dojyou38 at 2017-06-17 17:27
本当に雨が降りませんね。
このブログ読ませて頂いて、慌てて私も菜園に水遣りをすることにしました。
私のところは畑も小さく、散水ホースで間に合うので何とかなりそうです。
ズッキーニは雌花ばかりで雄花が咲きかけては咲かずに花が落ちてしまいます。
何とかならないものかな~
キュウリは様々な病気が併発しているようで勢いがありません。
改めて野菜作りの難しさを実感しています。
Commented by matutaka31 at 2017-06-18 10:16
tenpai8さんへ
もう根気負けしそうです。
3日後に雨の予報が出ましたが、果たしてどうなるか・・・。
全部を救うことはできませんので、最小限の範囲に集中して
潅水しています。
Commented by matutaka31 at 2017-06-18 10:22
dojyou38 さんへ
ズッキーニは雌花が集中して咲く時期がありますので、
私は数本植えることにしています。
その中のどれかに雄花が咲きますので・・・。
この乾燥では、少々の水遣りでは表面だけ湿るだけで
効果がありませんので、こまめにたっぷりかけるようにしています。
Commented by hirukake-2 at 2017-06-18 10:30 x
今年は過ごすには朝晩涼しくて快適ですが、干ばつに参っています。
畑作物の代表格のサツマイモ苗を挿したら半数位は枯れ上がりました。
苗物店も仕入れたが引き取り手が無いとボヤいていました。
稲の方は池の水でしたので周りも一斉に田植えは終えていますが、今は池に水は少しあるだけです。
空梅雨ともなれば大変な騒ぎとなるでしょう。
日頃の菜園の灌水作業ご苦労様です。
水、水、水、お互い頑張りましょう。

Commented by matutaka31 at 2017-06-18 22:58
hirukake-2さんへ
今日グッディーに行ったら、サツマイモの苗がいっぱい売れ残っていました。
畑が乾燥して、植えることが出来ないのでしょう。
私たち趣味の菜園にとっては仕方ないことですが、農家の皆さんのご苦労は大変なことでしょう。
来週の雨が待ちどうしいです。


<< 父の日のプレゼント 心を和ませる一言 >>