父の日のプレゼント

 b0008825_08530334.jpg



6月18日(日)父の日、娘がいつものように、 私の足にぴったりフィットする軽いウォーキング兼用シューズをプレゼントしてくれた。 このところ父の日のプレゼントは、このタイプのシューズが定番になっている。




 私は正直なところ、飲食品や趣味のグッズより、このタイプのシューズのように毎日私の活動に役立つ実用的なものが嬉しい。飲食品はそれを味わうときだけに終わってしまうし、趣味のグッズも好みに合わないこともあるし・・・。
 去年もらったシューズが1年間フルに使ったので、そろそろ買い替え時が来たな~と思っていた矢先のプレゼントだったので、日ごろ私の暮らしぶりを心に留めてくれている娘たちの気持が、殊の外嬉しい!

 最近、私は外出する時、革靴はめったに履かず、もっぱら軽いウォーキング兼用シューズを愛用している。
 この兼用シューズは軽くて履き心地も良く、少々歩き回っても疲れないし、外出先で時間に余裕があるときは地下鉄の一駅区間くらいは気軽に歩けるから運動にもなるので重宝している。

 
 プレゼントされた靴を私は、お出かけ用、ウオーキング用、畑仕事用と3通りの使いまわしで、なるべく無駄にしないように使い切ってしまう。
 初めは主に外出用に履く。電車や車で出かけるのは週3回くらいだから、あまり傷まない。
 次はウォーキング専用に。ほぼ毎日履くので傷みも激しくなる。でもまだ使える。
 最期のお役目は、土まみれになる家庭菜園用。少々形が崩れていても畑仕事には十分役立つ。
こうして2~3年めいっぱい働いてくれた靴は、さすがにもうボロボロ。

「なんでそこまで・・・」の声が聞えそうだが、終戦前後の品不足時代に育った私は、このように「使えるだけ使う」という習慣が身に沁みついていて、今更「使い捨て」の文化にはなかなか馴染めない習性になってしまっている。
 この靴も私の手に渡ったのが縁で100%役立つことが出来て、プレゼントしてくれた娘同様満足してくれていると思う。101.png

============================


[PR]
by matutaka31 | 2017-06-19 06:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26934588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yyyanoy at 2017-06-19 14:03
「ここまで履いてくれる・・・」と娘さんはうれしいと思っておられると思います。

サラリーマン時代はネクタイ、革靴それに暑くても背広それがあたりまえのこと、いまはかんがえられませんね。

☂降りませんね、沖縄あたりから北上すればと。
Commented by matutaka31 at 2017-06-19 14:50
yyyanoy さんへ
今考えると、現役時代はよく耐えたものだと、我ながら感心しています。(^◇^)
柔らかい靴で、お陰様で軽やかに歩いています。
野菜の水遣りに、もう疲れてしまいます。
Commented by tenpai8 at 2017-06-19 18:24
靴への想い出には、頭が下がります。高校時代に農家にとっては高価な布シューズを買ってもらっても、少し使うと、折り曲げ部分の布が切れて・・・・。
貧乏農家の貴重な金で買った、あの靴。
今の様な丈夫な靴が有ったならば!!!
と、両親への感謝で一杯!!!
暖かい心根の娘さんがあり、シアワセですね!
Commented by dojyou38 at 2017-06-19 18:43
プレゼントされた靴を100%使い切る。
プレゼントしたお嬢さんも靴自体も満足して喜んでいること間違いなしです。
また、そのような使い方私も全く同感です。
現役の頃は外出のステージに合わせて何種類も靴を揃えていましたが、
今は多くを履き潰しウォーキングシューズだけが主役を務めています。
Commented by matutaka31 at 2017-06-19 20:58
tenpai8 さんへ
布靴の親指や小指の所に、穴が開いたことを思い出します。
笑われるかもしれませんが、究極の品不足を経験しなければ、
物の有難さは分からないのかもしれません。
子供の頃の経験は、いつまでも生き続けますね。
Commented by matutaka31 at 2017-06-19 21:04
dojyou38さんへ
やはりウォーキングシューズが主役ですか。
今では、革靴を履くと疲れます。
最近、靴のかかとの摩耗の具合で、自分の歩き方の悪い癖を
発見しています。
実用・実利優先で靴を選ぶと、ウォーキングも楽しくなります。
Commented by よこはまT at 2017-06-19 23:57 x
素敵な靴ですね。
心からありがとうと思っている相手からは、同様に「ありがとう」と思われている。
心理学の法則だそうです。
matutaka31さんの、お嬢さんに対して&靴に対して 確かにそうですね。
元気に歩く姿の”お話”ありがとうございます!
Commented by matutaka31 at 2017-06-20 06:26
よこはまTさんへ
私の行動と常に一緒の靴に、どれだけ助けられていることか、
感謝です。
これがないと、一歩も外へ出られないのですから・・・。
日々の暮らしも同じように、自分一人では何もできないことを
思い知らされています。感謝!感謝!です。
Commented by hibochan at 2017-06-20 08:01 x
母の日に比べ影が薄いようですがよかったですね
私も作業用など三足使い分けしてます
今年も子供たちが集まってくれました
孫たちも一緒それが楽しみ 部活など全員は そろわなくなりました
Commented by matutaka31 at 2017-06-20 17:30
hibochanさんへ
子供たちが集まって祝ってくれるなんて、最高のオモテナシですね。
孫が中学生になると、部活だとか友人との付き合いなどで、
遊びに来る機会が年々減っていきます。
それも子供や孫が元気で活動している証拠だと思います。
Commented by taminamikawa1 at 2017-06-20 18:12
革靴は年に数回、履くぐらいで、普通はウォーキング用のカジュアルな軟らかい靴が履きやすいですね。
Commented by matutaka31 at 2017-06-20 21:31
taminamikawa1 さんへ
シニアにはシニアのスタイルがあってもいいと思います。
私には軽くて柔らかい靴が体に優しいと思っていますので、
革靴は靴箱に眠っています。


<< 空梅雨に恵みの雨が 梅雨入りは名のみの旱(ひでり)... >>