藤棚の散髪

 今頃の藤棚は,新しい蔓が縦横無尽に伸び放題になり、そのまま放置しているとザンバラ髪のように荒れ放題になり、見苦しくなってしまうる。

 私たちがボランティアで管理しているひょうたん池の蔓棚も御多分に漏れずこの時期、管理を放置したのではないかと思われるほど若い蔓が威勢よく伸びてきた。

b0008825_14131040.jpg
 このまま放置していると、花芽がつく短い枝は威勢よく伸びた蔓と葉っぱに覆われ、陽当たりが悪くなり、7~8月にかけて分化する花芽の成長を妨げてしまう恐れがある。

 そのため、今年伸びた徒長蔓(この新しい蔓には花芽はつかない)をこの時期に切り取り、花芽の形成を助けると同時に、見かけを良くするための剪定をすることにした。
 この時期の剪定はあくまでも花芽の分化を促すためのもので、本格的な剪定は、葉が落ちた冬の間に花芽を確認しながら、不要な部分を切り取ったり、棚にまんべんなく広がるように蔓を棚に固定するなどの整枝剪定を行うことにしている。


 藤の剪定作業は、脚立上で体のバランスを取りながら棚の下から上向きに作業をするので、首の運動を越えるきつい作業になるので、たわいもない会話をして気を紛らしながら作業を進める。

b0008825_14500332.jpg


 藤はマメ科だから豆がつく。
 「このままにしておくと、種に栄養が持っていかれるので、早い時期に摘み取ってしまうのだが、この豆、食べられないかしら?」
 「試しに食べてみては!102.png

 「藤蔓は左巻き?それとも右巻き?」
 「そう言えば子供の頃、左巻きとかなんとか言ってたことがあったよね(^◇^)」
 ちなみに野田フジは右巻きで、ヤマフジが左巻き。

 ところが、蔓の右巻きか左巻きかについて最近、正反対の見方があるという。
例えば朝顔は「左巻き」と言う今までの常識に対し「右巻き」という異論が出て、蔓の巻き方についての考えが混乱しているらしい。
 そのあたりの事情については後日、改めてご紹介することにしよう。

b0008825_14305830.jpg


 作業をしていたとき、茂った蔓の中から鳩がびっくりして飛び去った。
見るとそこには鳩ノ巣が・・・。
ここは安全とばかり子育てをしていたのに、突然の外敵襲来?にさぞ驚いたことだろう。
人に目につかないところで自然の営みが行われているのを偶然見かけてしまったが、鳩の子育てを妨げてしまった。
無事戻ってきて、新しい命を育ててほしいものだと、巣の周りはそっとしてあげた。


かくして1時間半ほどの藤の剪定は無事終わり。
ザンバラ髪みたいな風貌もスッキリ!イケメンならぬイケフジに変身101.png

b0008825_14320448.jpg
きっと来年春には、見事な藤の花が咲くに違いない。

================================


[PR]
by matutaka31 | 2017-07-07 14:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26974015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2017-07-07 16:16
見事にイケメンいや、イケフジに変身しましたね。
脚立を使って上向きの作業は骨が折れたことでしょう。
藤の豆、食べられるor食べられないいろんな説が
あるようですね。
Commented by matutaka31 at 2017-07-07 17:52
tetsu807-2さんへ
最近、高所作業が怖くなりました。
つかまるものがないと、ふらふらして危険を感じます。
そろそろ脚立も卒業の時期が近いようです。
この豆を食べると若返るのであれば、喜んで食べてみる気に
なりますが、それもなさそうですし・・・(^◇^)

Commented by hibochan at 2017-07-08 07:45 x
剪定が大事なことわかってますが難しい
枝垂れ梅 桜は マスター
近々アジサイ予定
私も畑の草刈り中キジの巣発見周りを草で偽装しましたが果たして
Commented by matutaka31 at 2017-07-08 09:26
hibochanさんへ
樹を植えるときは剪定のことなど考えませんが、
大きくなるとそのことから逃れることはできませんね。
樹が大きくなるにつれ、その作業もしんどくなります。
ご近所さんも、庭木の剪定に金がかかって困ると、嘆いています。
Commented by taminamikawa1 at 2017-07-08 15:44
高齢になると体のしなやかさ、バランス力や復元力が鈍ってくるので、脚立に乗っての作業は要注意ですね。
Commented by matutaka31 at 2017-07-08 22:21
taminamikawa1さんへ
脚立は思いの他、バランスが求められますね。
高齢者の高所作業は、要注意です。
庭木を持つ高齢者の、悩みの一つかも知れません。
Commented by dojyou38 at 2017-07-10 21:35
藤棚の選定ご苦労様です。
高いところで不自然な対生での作業お疲れ様でした。
このような苦労があって、ご近所の方の楽しい憩いの場になっているのでしょう。
我が家にも藤棚がありましたが、昨年撤去して今いました。
藤棚が嫌いなのではなく、もともと余り日当たりの良い庭でなかったので、
日当たりを優先しました。 ちょっと淋しくなりました。
Commented by matutaka31 at 2017-07-10 23:12
dojyou38 さんへ
ありがとうございます。
藤棚は、思いの外場所をとりますね。
しかも手入れが大変ですから、家庭の庭園向きではないかもしれません。


<< 核禁止条約が国連で採択、でも日... 日本一周歩こうかい、津軽海峡を... >>