されど「芋」・「芋」 

 たかが「芋」では済まされない。
 私にとって「芋」とりわけさつま芋は、今の食生活だけでなく自分史を語るうえでも、なくてはならない存在。

 さかのぼること72年前、終戦当時の食糧難の時には多くの人の命をつないだ貴重な食糧だったことを思い起こすと、「もしさつま芋がなかったら・・・多分、今の私はないだろう」とさえ思えてくる。

 そんな思いがこもる「お芋さん」だが、今では、買いたいと思っても重たいので敬遠されてしまいそうな「芋」。されど日本の家庭料理にはなくてはならない存在感があるのも事実。 

 そんな思いがこもる「芋」だから、私の菜園では毎年、じゃがいも、さつま芋、里芋、つくね芋そして芋という名はついていないがヤーコンを作っている。この中で今実際に畑で育っているのは、サツマイモを筆頭に、里芋、つくね芋そしてヤーコンの4種。(春ジャガイモはこの6月に収穫したばかり。そして9月には秋ジャガイモの栽培を始める)


 今、栽培しているこの4種の芋で、人気・栽培面積ともに第1位を占めるのは、なんといっても「さつま芋」。

b0008825_14441133.jpg
さつま芋:大きな畝が見えないほど蔓が伸びてきた。豊作の予感がする。

  今のさつま芋は本当に美味しい。 美味しいだけでなく、満腹感は抜群、おまけに胃腸の調子も通じも良くなる健康食品そのもの。
 焼き芋・蒸かし芋など簡単な手を加えるだけで、おやつ感覚で美味しく食べれるので、私は「お芋さん大好き人間」を自認している。

 作っているのは多い順に、「安納芋」、「紅東」、「鳴門金時」の3品種。9月になると試し堀から始めて、10月には本格的な収穫、そして来年2月ごろまで私の胃袋を満たしてくれる。

次は「里芋」

b0008825_14473965.jpg
最近の雨で私の背丈以上に一気に伸びてきた。これまた豊作の予感が。


 さつま芋ほどではないが、これもなくてはならない食材。
 特に寒くなると出番が多くなる「豚汁」には欠かせない存在。豚汁に焼酎のお湯割り、考えただけで楽しくなる。
 正式名称は知らないが作っている品種は、赤い芋と白い芋。それに加え今年初めて、ご近所の先輩から分けていただいた「石川早生」を作っている。この「石川早生」は、今まで作ってきた白い里芋に似ているが、食感が優れているので、期待の品種。


今年期待しているのが「つくね芋」

b0008825_14505375.jpg
里芋と同じように水を欲しがる。これからの降水量が気になる

 まだ作り方に自信を持てないが、今のところ順調に育っているので、今年は大きなつくね芋の収穫が期待できそう。楽しみがまた一つ増えた。すりおろしたときの粘りは抜群。

今一つ存在感が薄いのが「ヤーコン」

b0008825_14531976.jpg
人気の無さがそのまま手入れ不足に。草ぼうぼうでヤーコンに申し訳ない


 ヘルシーで機能性食品として扱われるが、何故か今一つ人気が出ない。
 ラクトオリゴ糖を大量に蓄積していて、味や歯ざわりはナシのようで、シャキシャキとした食感がありながら、なぜか我が家での人気はいまいち。もう10年以上も前から作っているが、周りの人たちに話を持ち掛けても、意外と関心がない。

 作るのを止めようかと思ったりするが、機能性食品としての存在感を考えると捨てがたくなり、何とはなしに毎年作り続けている。作られる側のヤーコンはそんな扱いに、大いに不満だろうと思う。
 これから先、簡単に料理できる方法を見つけて如何に美味しく食べるか、それともオヤツ感覚で食べる方法を見つけるのがヤーコンの名誉回復になるだろう。と言っても私にはそんなレシピ開発能力はゼロ!102.png

=============================


[PR]
by matutaka31 | 2017-07-21 14:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/27001507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-07-22 07:43 x
芋のオンパレードお見事
我が家では さつま芋紅東 じゃが芋きたあかり 里芋こちらでは 最近冷凍芋が人気いつも売り切れ
Commented by matutaka31 at 2017-07-22 09:21
hibochanさんへ
芋のお陰で生き延びた、芋大好き人間ですからこれからも
続きそうです。
冷凍芋人気とは、冷凍冷蔵庫の発達のお陰ですね。
Commented by tenpai8 at 2017-07-23 17:38
芋芋の健康食、デモよく沢山の種類を植えていますね。 サツマイモはこの2-3年、品質改良が過去の百年分以上ですね。我家もカーチャンはカライモ主食です。便通改善とオイシサの宝庫です。感謝!
Commented by matutaka31 at 2017-07-23 22:56
芋の中でもさつま芋の品種改良は、ずば抜けていますね。
毎年、甘い美味しいさつま芋の品種が出てくるようです。
とにかく美味しい!
さつま芋万歳\(^o^)/
Commented by dojyou38 at 2017-07-24 05:44
なんとも素晴らしい菜園、出来栄えです。
水不足の時期もあっただろうによくぞここまでと言う感想です。
これだけ芋を作り豊作であれば、海上封鎖されても生き延びれるでしょう。(笑)

ヤーコンは作ったことありません。
つくね芋の写真を見て、リフレッシュ農園を借りていた頃のこと懐かしく思い出しました。
Commented by matutaka31 at 2017-07-24 06:59
dojyou38 さんへ
根菜類は植えてしまえば手間がかからないだろうと軽い気持ちで
植えたのですが、畝つくりから土寄せ、草取りと意外に手間がかかることに
気付いています。
収穫するまで芋の姿は見えませんので、掘り起こすときは感激します。
Commented by taminamikawa1 at 2017-07-28 22:13
戦前生まれの者はさつまいもは米にの補完食品として、作付けしましたし、必需品として良く食しました。
芋だけでなく、つるも食材として食べました。
懐かしいし、今でもレンジでふかして食べています。
好きな食材の一つです。
Commented by matutaka31 at 2017-07-31 11:37
taminamikawa1 さんへ
当時は必需品でしたが、今では懐かしい思い出の食材です。
72年経った今でも、サツマイモを見ると、当時を思いさします。
それにしても、サツマイモは美味しくなりましたね。


<< 認知症のサインは? 蝉と空蝉 >>