被爆72周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列

 平成29年8月9日11時2分、「長崎の鐘」が鳴り響く「被爆72周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」会場の遺族席に、私は今年もいた。
 テレビで実況が放映されることだし、この暑い中わざわざ長崎まで出かけるまでもないのでは?、との思いがかすめるが、多くの被爆者や若い人たちと平和を願う思いが共有できる感動が忘れられなくて、行かずにはいられない気持になり、自ずと足が向いて連続12回目の参列になった。

b0008825_21094745.jpg
メイン会場で合唱する児童

b0008825_06323691.jpg


 長崎に原爆が投下された時刻11時2分、会場を埋め尽くした参列者は1分間の黙とうを捧げた。その1分間に私は、72年前爆心地から3.5キロの地点で体験したあの悲惨な出来事を、つい昨日のように思い出してしまった。
左の写真は 原爆資料館に展示された時計
  私の原爆体験 核廃絶・平和活動




 



b0008825_06381607.jpg

 被爆者の平均年齢も81歳を越え、毎年被爆者の数は減っていく。会場の参列者も、被爆者らしい年齢の人の割合が年々少なくなり、代わって若者の数が多くなった。 平和活動の主体が、すでに被爆者から時代を継ぐ若者にバトンタッチされていく姿が見てとれ、運動中心的役割を若者が担っていくのを予感し、心強く感じた。
 




 私自身も、日ごろ何かとせわしない日を送っていると、つい原爆のことを忘れてしまうことがある。この無関心になることそして忘れていくことを、恐れなくてはならないと自分に言い聞かせている。自分自身の思いを風化させないためにも、長崎まで足を運び式典に参列しているのだと思っている。

 田上長崎市長は今年の長崎平和宣言で、日本政府に対し「核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません」と鋭く指摘し、私たち被爆者の思いを率直に代弁してくれた。

 88歳の被爆者 深堀好敏さんの「平和への誓い」にも心を打たれた。 また被爆者の合唱「もう二度と」、児童合唱「子らのみ魂よ」、「千羽鶴」も感動的で、参加者が追悼と平和を希求する思いを共有する瞬間でもあった。
b0008825_21001444.jpg 
 


 この感動は、その場にいなければ実感出来ない。だから私は体力と気力を失わない限り、きっと来年もこの地に立つことだろう。いや是非そうしたいものだ。
      会場の至る所に飾られた折鶴⇒

=======================


[PR]
by matutaka31 | 2017-08-09 20:55 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/27040288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2017-08-10 11:17
猛暑真っ只中、お疲れ様でした。この日は多分出席される
だろうと思っていました。本来ならば、まだまだ多くの人が
参加すべき日だと思います。私もその一人です。
田上長崎市長の平和宣言で、鋭く指摘されたことを私たちは
支持したいと思います。
Commented by matutaka31 at 2017-08-10 11:45
tetsu807-2さんへ
暑い最中でしたが、参列者の心のこもったエネルギーを貰って、
元気になりました。
現地に行くと、テレビと対面しているのと違った感激があります。
アメリカと北朝鮮が不穏な情勢にあり、平和の大切さを一層
強く感じます。
Commented by dojyou38 at 2017-08-10 15:34
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典参加お疲れ様でした。
平和運動の中心的役割を若者が引き継いでくれていることは心強いです。

それに引き換え、阿部首相・日本政府の核兵器禁止条約に
対する取り組みはなんと情けない態度でしょう。
本来、日本が推進役を担わなければならない条約の交渉会議にすら
参加しなかったと聞いたときは落胆と怒りを覚えました。

それはアメリカ以外の国際社会の信用をも失うのではないでしょうか。
条約に賛成できないのであれば一歩譲って、
せめて棄権とか欠席とかの選択肢はなかったものだどうか。
本当にアメリカのポチになり下がって、主体性の無い政府を嘆かわしく思います。
Commented by matutaka31 at 2017-08-10 15:58
dojyou38 さんへ
若者の参加が多くなっている雰囲気は、テレビ等の情報では
実感できませんが、現地に入るとその力強さを実感できて心強く思います。
政府が建前で言っていることと、実際の行動には大きな隔たりがあり、
日本人のみならず、国際社会でも理解されないでしょう。
両極の橋渡しを務める覚悟なら、会議に棄権することなく、積極的に
日本の立場を鮮明に打ち出すべきだと思います。
Commented by yyyanoy at 2017-08-10 22:50
あらためて「私の原爆体験」をよませていただきました。
戦争のおろかさはどこにあるのか考えました。
Commented by hibochan at 2017-08-11 07:42 x
暑い中ご苦労様でした
私も甲子園へ 若者の躍動感じました
ナイスプレイそして敗者にも素晴らしい拍手
まだまだ日本人の心は 捨てたものでは ないと確信
しました
Commented by matutaka31 at 2017-08-11 10:34
yyyanoy さんへ
読んでいただき、ありがとうございました。
子供の頃の思い出で最も強烈に残っているのが、この被爆体験です。
運よく生き延びたこの人生、ものすごく貴重なものです。
思いっきり楽しみながら、一方で平和の大切さを、後世に
伝えたいと思っています。
Commented by matutaka31 at 2017-08-11 11:54
hibochanさんへ
現場に身を置くと、テレビでは伝わらない躍動感に感動しますね。
若者のはつらつとした行動に、日本の将来を託す夢が
膨らみます。
いろんな場面で、若者が自分の考えを堂々と述べる姿を見るにつけ、
関心させられます。

Commented by tenpai8 at 2017-08-11 14:25
人類平和安寧のため熱心に祈り、行動する人々と、一方では、私利我欲に目が眩み、世界全体が破滅に向かって、加速する今日、何とか正道への舵取りの方策が欲しいですね。
Commented by matutaka31 at 2017-08-11 15:00
tenpai8 さんへ
核が人類を滅ぼす日が、現実味を帯びてきました。
科学の進歩とは裏腹に、人間はちっとも進化していないようです。
被爆の実相が風化していくことが、最も怖いことです。


<< 菜園の草刈り 猛暑日の中、涼を求めて >>