文旦(ザボン)と枝垂れ梅の剪定・整枝

 延びのびになっていた文旦(ザボン)の夏秋梢(夏から秋にかけて伸びた新梢)の切り取りのついでに、思い切って込み合った枝を切り落とす荒治療を施した。

b0008825_18042461.jpg
思い切って5本の枝を切り落とした
専門家から見ると、無茶だ!と言われそうだが、私にはそれなりの訳があってのこと。

 元々このザボンの木は、赤ちゃんの頭ほどの大きさのボンタンが庭先にぶら下がる光景が見たくて柚子に接ぎ木したもの。実がたくさん生らないで私の望みに応えられないのであれば、ザボンの枝をそっくり切り取って、元の柚子だけにしてしまいたくなる。
 だから来年あたりに結果が出ないと、バッサリ切り落とされてしまう運命にある。結果がどうなるか、来年春のお楽しみ!

 今年は、私の期待に反しわずか8個しか生らなかったが、その8個のザボンも、台風21号の暴風に4個は吹きちぎられて、残っているのは4個だけ。

b0008825_18053978.jpg
こんなザボンが20個位鈴なりに生るのをイメージしているのだが(後ろに見えるのは八朔)

 枝垂れ梅は、開花時に花の少ない徒長枝が目立つと美しくないので、夏に徒長枝の除去の後伸びた徒長枝や込み合った枝、上向きの枝などを除去して開花時に枝が垂れ下がるよう形をイメージしながら整えた。

b0008825_21254779.jpg
狭い庭だから、これ以上大きくならないよう、整枝に気を配っている

 この枝垂れ梅は今や、我が家の春の訪れを告げるシンボルツリーになっているので、殊の外大切にして管理しているつもりだが、・・・

もうそろそろ花芽が膨らみ始め、1月中旬を過ぎると蕾は濃いピンク色をおび、日に日に膨らみが大きくなり、立春を過ぎるころには見ごろになるだろう。そして、訪れる人や道行く人の心を癒してくれることだろう。
 こんなに寒い日が続くと、この枝垂れ梅の咲くのが待ち遠しくなる。

==============================


[PR]
by matutaka31 | 2017-12-14 21:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/27858736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-12-15 07:32 x
剪定特に生り物は 大事なようです
柿 杏 梅完了 大きくならないよう姿を想像
しながら
しだれ梅教えていただいたように実施ようやく見られるようになりました
しだれ桜も楽しみにしてますがはたして
Commented by matutaka31 at 2017-12-15 11:22
hibochanさんへ
果樹の剪定の難しさは、徒長枝と結果枝の見分けでしょうね。
庭の果樹の剪定を植木屋さんに頼んだら、いつまでも実が生らない
という話をよく聞きます。
枝垂れ桜の剪定は経験がありませんが、難しそうですね。
Commented by dojyou38 at 2017-12-15 16:41
樹木の剪定、さっぱり分りません。
ユズ・ブドウ・キュウイがありますが収穫が悪いです。
ソヨゴなども木の勢いがだんだん弱っていくように思います。
何か病気か害虫が付いているのではと思っています。
Commented by taminamikawa1 at 2017-12-15 21:44
剪定は難しいですね、基本があるんでしょうが、つい我流でやってしまいます。
木が大きく、高くなり過ぎないように気をつけてはいますが・・・。
Commented by matutaka31 at 2017-12-15 22:39
dojyou38さんへ
果樹の剪定は、基本を間違えるとさっぱり実が生りません。
特にブドウとキウイは剪定を怠ると、蔓が伸び放題になり
収穫はどんどん少なくなるでしょう。
私は定年後、園芸教室に通い、剪定の基本を教わりました。
Commented by matutaka31 at 2017-12-15 22:43
taminamikawa1さんへ
何事も同じですが、剪定も基本を間違えると、実が生りません。
でお基本どうりに選定すると、正直に反応しますよ。
結果に表れると、面白さが倍増します。
Commented by tenpai8 at 2017-12-18 16:30
お説の通り、晩白柚が14-5個成ったものが、去年、一昨年はゼロ、私もバッサリ強選定しました。新芽が伸びて今年は特大果が3個結果しました。来年は新芽が結果枝に生長するので、楽しみです。
枝垂れ梅も蕾の具合で、剪定することにしましょう。アリガトウございました。
Commented by matutaka31 at 2017-12-18 22:47
tenpai8 さんへ
果樹は、剪定のセオリーに背くと見事に裏切られますね。
なかなか思うように出来ないので、興味が深まるのでしょう。
ブログには書きませんでしたが、金柑の木の強剪定を考えています。



<< ワード(Word)で年賀状宛名... 身長は年をとると縮むか >>