長崎被爆60周年

8月9日11時02分。
60年前のその時と同じようにジリジリと照りつける陽射しの中、私は、「被爆60周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」会場にいました。

あの時もこんな暑い日だったな~、と当時を思い出しながら会場に近づくと、60年前にタイムスリップしたように、原爆が炸裂した当時の様子が生々しく思い出されました。

隣接する「原爆資料館」で、改めて被爆当時の状況を見てまわり、その後式典に参加しましたが、被爆者代表 坂本フミエさんの「平和ヘの誓い」を聞くにつれ、世界で唯一の被爆国の一国民として、原爆被爆体験を風化させてはならない、と改めて心に誓った次第です。

1時間の式典は型どおりに進行しましたが、何故か、私の心を揺さぶるような、核廃絶のうねりのような盛り上がりを感じることは出来ませんでした。

それは、寸分違わぬ進行を余儀なくさせられる儀式なるが故か、原爆の悲惨さを感じさせない緑に囲まれた会場のせいか、それとも自分自身の意識の問題なのか、いずれにせよ、60年の歳月を経た今、核廃絶運動のあり方について、一つの問題を投げかけているように思われました。

b0008825_1012421.jpg
式典会場の「平和記念像」
式典には6,000名が集い、犠牲者へ祈りと平和への誓いを新たにした

b0008825_10171581.jpg
原爆落下中心地の「慰霊塔」
多くの折鶴と生花に包まれた慰霊塔の前には、祈りをささげる人が絶えなかった

b0008825_10214852.jpg
無残に壊れた浦上天主堂の残骸

b0008825_2233190.jpg
原子雲
長崎に投下された原爆は「ファットマン」(太っちょ)と名付けられたプルトニウム爆弾(長さ3.25m、直径1.52m、重さ4.5t)であった。
爆発力はTNT2kt相当、地上500mで炸裂し、一瞬にして15万人余を死傷せしめた。

b0008825_1023438.jpg
現在の、爆心地松山町周辺

b0008825_1025202.jpg
平和公園、式典会場入り口にて

「私の原爆体験」はこちら
[PR]
by matutaka31 | 2005-08-10 10:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/3276943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みんなのプロフィール at 2005-08-10 17:05 x
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/regist.html?mode=edit&title=%93%FA%81X%90%A5%8DD%93%FA&address=http%3A%2F%2Fmatutaka%2Eexblog%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/mail.html

Commented by muromiriver at 2005-11-13 22:02
matutakaさん 英彦山縦走7時間は正直言ってちょっと歩き過ぎました。今になってなんだか少し足腰がおかしい・・・やっぱり70代ということを自覚しなければ・・ですね!


<< アイランド花どんたく やっと田植えが、・・・ >>