12月の里山に雪が

例年にない記録的な寒さに見舞われ、我が家の2階から見える井原山・雷山山系が、12月としては珍しく一面の銀世界に。
18日、久しぶりに晴れたので、雪山を歩きたくなって井原山の中腹まででもと思い、昼過ぎ軽い気持で出かけたところ、道は思いのほか雪が深く、しかも凍結状態になっていた。
軽装だったため危険と思い、途中で引き返すことにした。

b0008825_22141394.jpg
前原市瑞梅時ダム上流の里山
b0008825_22194081.jpg
80才代と思われる人に尋ねたところ、”12月にこんな雪が降るのは珍しい”と驚きの様子であった。

b0008825_22144992.jpg
集落から井原山登山道側の棚田も雪に覆われたまま

b0008825_22152459.jpg
登山道側の杉林に木漏れ日が

b0008825_22155172.jpg
路肩も曖昧で、側は一面の雪

b0008825_22161429.jpg
綿帽子をかぶった杉林

[PR]
by matutaka31 | 2005-12-18 22:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/3921563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 100のご馳走 平和の稲 [2005-11-29] >>