被爆稲 [2006-10-04]

いよいよ収穫期を迎えた被爆稲

黄金色に輝くなんの変哲もなく稔った稲。
何事もなかったように静かに頭をたれている稲。

 しかし、61年前の悲惨な出来事の貴重な生き証人である。
その後、平和を願う人達によって61年間営々として植え継がれてきた。
縁あって今年私の手元で元気に育ち、そして見事に稔った。

 来年もそしてその次も、永遠に植え継ぎたいものである。
        平和を願う使者として!

b0008825_22284763.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2006-10-04 22:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/5808498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 秋の訪れ [2006-10... 原爆に被爆した稲を作り続ける ... >>