五百羅漢 [2006-11-23]

あまのじゃく?
 先日、深耶馬溪の紅葉を見に行ったついでに、羅漢寺と青の洞門におよそ30年ぶりに行ってみた。
    五百羅漢で、ふと気になったのがこの説明書
b0008825_13394111.jpg

説明では、「釈迦の第一の高弟であったビンツルがあまりにも明晰で、釈迦の考えていることが全てわかるため、釈迦から敬遠され、外に出されたから」とある。
 そのとおり、確かにビンツルの石像は外にさびしく座っている。
b0008825_13263579.jpg

今流に言えば、“いじめ”か“村八分”みたいなものだろう。

  お釈迦様と言えば、仏教の開祖で全てに悟りを開いた高僧、その高僧がまさか、との疑問がわいた。
自分の考えが全て分かる弟子を、何故外に出さなければならなかったのか? 本当は心の狭い方だったのか?  それとも私が説明書を曲解しているのだろうか?
しばらく考えたが、大勢の観光客の中で、静かに考えるられるほど精神修養は出来ていない。

 番台みたいなところに座っている坊さんらしき人に尋ねようと思ったが、お札代の勘定に忙しそうで、こんなつまらない話には耳を傾けてくれそうな雰囲気がなかったので、聞くのを諦めた。
 こんなつまらないことを考えるのは、やはり天の邪鬼か、それとも行き先短い者の戯言だろうか。
b0008825_143173.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2006-11-23 14:04 | 思いのまま | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/6084721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 美穂 at 2006-11-23 14:04
タイトル : あの時の後悔
なんであんな事言っちゃったんだろう・・・... more


<< 私の菊作り [2006-11... 楽しいゴルフ [2006-1... >>