黄砂・スモッグ無用につき [2007-05-27]

黄塵禍 絶えて久しい 五月晴れ
 5月26日朝、前日の雨がうそのように晴れ上がり、東京新橋のホテル34階の窓から見える景色、澄み切った青空、その下に林立する高層ビル群、そしてその中に点在する緑、自然と造形が作り出すコントラストがが美しい。
 東京在住の娘と、久しぶりに朝食を済ませた後浜離宮を散策した。
東京都心にいることを忘れさせるほどの静けさが漂う公園内を、森林浴を楽しみながら歩く。
新緑の間からのぞく青空がまぶしい。
このところ福岡ではこんなすばらしい青空を見たことがないので、殊の外美しく思えてならない。そして東京の空はきれいだなーと不思議な感覚にになってしまう瞬間であった。

 全ての用件を済まして、15時30分の飛行機に乗る。離陸して間もなく遠くに富士山が見えてくる。
 機長の何時ものように流暢なアナウンスが流れる。
「ご搭乗の皆様こんにちは・・・、今日は今の時期には珍しい強い偏西風が吹いているので、・・・・、最新の情報によると福岡の天候は晴れ・・・」
快適な空の旅である。しばらく読書を楽しむ。
1時間くらいを過ぎた頃だろうか、窓の外を見ると、次第に視界がボヤけてくる。
飛行機が高度を下げるにしたがってその濃さがひどくなる。
着陸態勢に入って、飛行機のカメラが陸地を写すが、ボヤーっとしてほとんど見えない。
いつもなら、まだ日没まで1時間はあるので、玄界灘と博多湾の美しい景観が映し出されるはずなのに。
 やっと飛行機のカメラに映った地上の様子は志賀島上空辺りからで、その先に見えてきたのは赤く点灯した滑走路の誘導灯であった。
 家に帰り着いて見た夕刊には「黄金にかすむ街」として黄砂でかすむ福岡タワーの写真が載っていた。

 明けて27日、今朝も黄砂で重たい空気が充満している。近くの雷山山系の山並みが今日もうっすらかすんで見える。もう何日もこんな日が続く。
  
いつもの福岡の美しい空に戻して欲しい!!

[PR]
by matutaka31 | 2007-05-27 11:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/6905314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 鳥達の巣立ち [2007-... 空気と水の美味しさ [2... >>