暑気払い [2007-07-18]

いよいよ夏本番!
7月17日、今年の暑気払いの先陣をきった、パソコンクラブの暑気払いに参加した。
場所は幹事の計らいで福岡市の能古島(のこのしま)の渡船場に程近い老舗旅館「乃古屋」。

博多湾に浮かぶ能古島は、西区姪浜の渡船場からフェリーでわずか10分の、福岡市の目と鼻の先にある。
この“能古島で魚を食べよう”の企画であったが、魚は全てこの島で獲れたもの、野菜は自家菜園で有機栽培したものと、、この島ならではの海の幸・山の幸に舌鼓を打ちながら、時の経つのを忘れてしまう楽しい暑気払いであった。
お陰で、オーバーフロー気味の酒量になってしまい、翌日のゴルフは見事に3桁のスコアーに。
これも、気力に追いつかない体力の衰えを思い知らされるシニアならではの所以だろう。
b0008825_9313550.jpg
我々を迎える能古島
b0008825_932518.jpg
歓談の一こま
b0008825_9324596.jpg
楽しい余韻覚めやらぬ能古島を後に

 シニアになると、お付き合いの範囲がだんだん狭まっていくので、学生やサラリーマン時代の夏休みと違って、暑気払いに参加できることの喜びは若い時代のそれと違った感慨がある。
 今年も、なんだかんだと言い訳をつける暑気払いが続くと思うが、呼びかけてくれる仲間がいることと、自らすすんで参加できる気力・体力があることに感謝している。
幸い健康上の大きな障害はなさそうだから、小遣いと日程が許す限り参加したいと思っている。

 次は別のクラブの暑気払い、多分、糸島半島の魚料理三昧になりそうだ。 楽しみである。
[PR]
by matutaka31 | 2007-07-18 22:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7139764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 被爆62周年長崎原爆犠牲者慰霊... 小指湿布 [2007-0... >>