ニガウリの佃煮作りに挑戦 [2007-09-05]

 太極拳練習後のランチタイムの折、メンバーのご婦人からニガウリ佃煮の作り方を教わった。と言うより簡単に出来るから作ってみては?と奨められたのだ。
材料のニガウリは、我が菜園にたくさんぶら下がっているので、材料にはことかかない。
酒の肴にいいと言われて挑戦してみる気になった。
レシピをお願いしたら、早速FAXで届けていただいた。

 今朝は、またカンカン照りで暑そうだったので、日中の菜園の仕事は止めて、自前のニガウリで早速佃煮作ってみることにした。
およそ40分余りで、我が家初のニガウリ佃煮が出来上がった。

箸でつまんで味を確かめてみる。
初めての佃煮作りにしては、出来上がりは上々。

ほろ苦味と甘酸っぱさが程よくバランスが取れていて、ちょっと癖になりそうな味で、自己採点でまずはまずまずの合格。
早速、今夜の晩酌の友に加えることにしよう。



私が教わったニガウリ佃煮の作り方
<材料>
 ニガウリ :500g
 三温糖  :150g
 濃口醤油 :大匙3杯
 薄口醤油 :大匙2杯
 酢     :100cc
 みりん   :適量
 かつお節 : 10g
 いりゴマ :大匙3杯

<作り方>
 ①ニガウリを縦半分割りにして、種とわたを取り除き、5mmくらいの巾にスライスする。 その後、湯通しして、固く絞る。

②鍋に砂糖、醤油、酢、みりんを入れ、ニガウリを加えて煮汁がなくなるまで煮詰める。

③火を止めた後、かつお節ををいれて残りの水分を吸収させ、最後にいりゴマを加える。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-05 11:38 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7398862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 私の血管年齢 [2007-... 「数回」とは何回のこと? [... >>