気分が爽快になる太極拳 [2007-09-10]

 毎週月曜日(月3回)は定例の太極拳の練習日。
1回2時間の練習である。
2時間のうち、1時間は準備体操ともいえるストレッチと八段錦、後の1時間は二十四式健康太極拳の練習である。

 挨拶(ニイハオ)に始まり、立禅(リツゼン)、指先歩行、スワイショウ、呼吸の仕方等々幾種類ものストレッチ運動、そして太極拳のウオーミングアップとも言われる「八段錦」と続く。

 何れも普段使わない筋肉を、指先から頭の天辺まで、呼吸を止めないで丹念にほぐして行く運動が多いので、30分も過ぎる頃には汗びっしょりになる。
その頃になると、体の動きも軽やかになり、気分が爽快になっていくのがよく分かる。
腹式呼吸による有酸素運動が、全身の血流を良くし、脳を活性化させるためであろう。

 後の1時間が本格的な「健康二十四式太極拳」の練習である。
二十四式太極拳は、24の形に分けて組み立てられた技を、約13分前後の運動にまとめた連続技である。
傍目にはしなやかに踊っているように見えるが、実際やってみると、足指の先から目の動きに至るまで、あらゆる筋肉を休むことなく動かさなければならない、しかも腹式呼吸をしながらの動作なので、見た目以上にハードな運動である。

 腹式呼吸は、息をゆっくり思いっきり吸い込んで、その倍の時間をかけてゆっくり吐ききってしまうのが基本だと教わった。
口で言うのは簡単だが、体を動かしながらこの腹式呼吸をするのは難しい。
でもこの呼吸法をマスターするのが、今の私の課題だ。

 決して無理をしないのが健康太極拳の基本だから、自分の体力・体調に合わせて練習することに心がければ、正に心地よいリフレッシュ運動そのものである。
そんな気持で練習していると、あっと言う間に2時間が過ぎ去る。
そして、ここで体得した爽快感は、明日への鋭気につながる。

私の「太極拳との出会い」をご笑覧いただければ幸いです。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-10 22:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7425248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高橋名人 at 2008-02-06 06:13 x
アセンブラ読本 for Game ゼロからはじめるゲーム改造 加速器でゲームを加速するダウンロ-ド :http://www.lineagecojp.com/movie/mov0023.zip


<< 三瀬峠を越えると もう秋景色 ... 農家の知恵に学ぶ [200... >>