家庭菜園は心が和むオアシス [2007-09-14]

 私の家庭菜園は、およそ80坪。
何故およそなのか、それは借地で、何も厳密に面積を意識する必要がないからだ。
私は、暇さえあれば1時間でも2時間でも、時には半日、自転車でその菜園に出かける。

 その菜園は、日にもよるが、菜園仲間のおじさん達、通りすがりの知人、面識のない行きずりの人、そして隣接の住人等々、私にとって大切なお客さん達と世間話に花が咲く、椅子もテーブルもお茶もない、にわか社交場なのだ。

 話しかけてくるお客さんの挨拶にも色々ある。
“お~今日は何事ね”、と隣の菜園仲間。
“どげなふうですな?”(どんな具合ですか)と、菜園愛好家のおばあちゃん。
“やーこんにちは”と、通りかかった知人。
“これは何ですか?”“今何をしているんですか?”と、通りすがりの人。 
大体、このようなパターンで会話が始まる。

 このような、くだけた挨拶から始まる時は、大体話が長くなる。
作業に油が乗っているときなど、今一寸作業をしいんだけれどねー、と言いたくなるときもあるが、大切なお客さんのことだから、“やーこんにちは”と挨拶を返している瞬間、もうすっかり対話ムードにシフトしてしまう。
 菜園の仕事は何時でも出来ることだし、それより、この人との今の出会いは2度とないのだから、そう思うと作業はどうでもよくなってしまう。

 話に弾みがつくと、ところかまわず腰を下ろし、2~30分位あっという間に過ぎてしまうこともある。
時には、入れ替わり立ち代りお客さんがおいでになり、畑仕事にきたのか、世間話をしにきたのか分からなくなることもある。
でも、心が通い合う会話は、心が和み、時間の経つのを忘れさせる。

 時には意外な情報を耳にすることもある。
いろんな経験をした人たちだから、夫々に説得力もあり、興味もわく。

 このようにいろんな人と屈託のない会話が弾む我が菜園は、私にとって、心が和むオアシスである。

「松ちゃんの菜園記」をご笑覧いただければ幸いです。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-14 21:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7443127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminasmikawa at 2007-09-15 16:25 x
こんにちわ、taminasmikawaです。
80坪の家庭菜園は広いですね。
結構、いろんな種類の野菜が作れるし、
自給自足できますね。
うらやましい限りです。

拙宅は猫の額です。
Commented by matutaka31 at 2007-09-15 22:27 x
taminasmikawa さん 今晩は
今までは鍬とスコップで頑張ってきましたが、限界になりましたので、ミニ耕運機の力を借りることにしました。
 お陰様で、端境期以外は、ほとんど自給自足してなお余ますので、隣近所におすそ分けしています。
Commented by 高橋名人 at 2008-02-05 19:45 x
アセンブラ読本 for Game ゼロからはじめるゲーム改造 加速器でゲームを加速するダウンロ-ド :http://www.lineagecojp.com/movie/mov0023.zip


<< 一女性の些細と思える提案である... 今年の菊は機嫌が悪い [ 2... >>