一女性の些細と思える提案であるが・・・[2007-09-16]

 私が所属しているボランティア・グループの例会の折、先の暑気払いの幹事から会計報告があった。
「会員有志からいただいたご芳志のお礼と、収支に若干穴が開いたが幹事と世話役の責任で処理することにして帯を結んだ」旨の報告であった。

すると女性会員から、
“その時の雰囲気によっては、会費内で収まらないこともある。幹事に負担をかけるのは気の毒だから、追加徴収していただきたい”と温かいお気遣いが。

 男性社会では、幹事が一旦引き受けた以上その額でやりくりするのは当然とばかり、よほどのことがない限り追加徴収することはない。
だから、男性会員は当たり前といわぬばかりで、何も反応がない。
少々予算をオーバーしたからといってあまり意に介しない、そうゆうやり方に慣れきっているためだろう。

 一方女性は、一定の収入の中で毎日家計をやりくりしているのだから、しかも家計簿をつける習慣があるので、現金収支には細かい気配りがあるのは当然だろう。

 今回の申し出は、単に金銭の問題だけではなく、みんなで傷みを分かち合おう、という心温まる提案であり、このような細かい気配りがあればこそ会員の心が一つにまとまり、固い結束につながっていくのだと思うと心から感謝せずにはいられない。

 定年後の男性が現職の頃の地位や慣習を引きずるため、なかなか地域社会に溶け込めないケースはよくあることだ。

 この一件は些細なことだけれど、定年後の男性が地域社会で触れ合いの輪を広げていくためにも、このような女性の感性を理解しなくてはいけないのではなかろうか。

結局追加徴収しないことで落ち着いたが、我々のこれからの活動に対して一石を投じたことに違いない。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-16 15:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7450257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはま T (早速きました) at 2007-09-16 22:25 x
女性の感性で、秀でているものは「全体を瞬時に把握する能力」だと思います。男性はこの能力に対し、女性に協力を求めると物事の判断力が増すのでは?..時に男の隠し事を見破る天才ですから!^^
Commented by matutaka31 at 2007-09-17 09:18 x
女性の直感とでも言うものですかね。
怖いな~と密かに思うときがありますね。(^。^)
男にない女の感性、最近ハッとさせられることがありますよ。
Commented by taminamikawa at 2007-09-17 21:28
やはり、収支が一番、気になるし、
気を使いますね。
そこが幹事の腕の見せ所でもあります。


<< Windows Vista(ビスタ) 家庭菜園は心が和むオアシス ... >>