たまにはこんなことも [2007-09-24]

 太極拳の練習の後のランチタイム、いつものとおり行きつけの店へ。
ところが、・・・行きつけの店はクローズ。
そうだ、今日は秋分の日の代替休日。
サンデー毎日の私達にとって、そんなことはどうでもいいことで、休日=閉店なんてことは頭に無かった。

 仕方なく、海岸沿いにある海鮮料理店へ。
何時もそんなに混雑する店ではないので、何時ものとおりすんなり入れるものと思い込んで。
ところが、思い込みとは恐ろしいもので、ここでも予想しなかったことが、・・・。

 行ってみると、そこは行楽のお客さんであふれている。
駐車場は押すな押すなの混雑。駐車スペースを探して目の色を変えている。
でも、やっとのことで車を止めていざ座席へ。
普段愛想を振りまく従業員も、今日ばかりはそんな余裕は微塵も見受けられない。
“いらっしゃいッ!!”の声も聞こえない。

 大分待たされた後、やっとのことで夫々が注文した料理が並ぶ。
海鮮料理の店だけあって、なかなか豪華、でもお値段もそれなり以上。
ランチは半額との触れ込みであったが、今日は通常どおりの料金で、品によってはいつもの店のランチ料金の2~3倍。

そのころ隣の座席に座ったおばさん一行、私達のどんぶりを見て、
 “それ何?”
 “〇〇どんぶり”
 “美味しそうね”とニコニコしながら、
 “これにしようか、 これいくら(値段は)?”
 “1500円”
 “ワー高か~”(高すぎる!)
それっきり笑顔が消え、メニューとにらめっこが始まった。

やはり家計を預かるおばさんたちは逞しい。
確かに安くはない。
それをはっきり口にする、あけっぴろげがいい。

 窓辺から海を眺めると、ウインドサーフインを楽しむ若者達が、そして遠くには水上スクーターが弧を描いて走り去る、のどかな海がワイドに広がる。
私にとっては、どんぶりの中身や値段よりも、海を眺めながら気のおけない仲間達と談笑しながら飲む生ビールの味が最高!

一汗かいたあとのビールは、なにものにも代えがたい美味しさがある。
今はゴルフの後の一杯が出来なくなったので、なおさらのこと。

 何時も車に乗せてもらうので、運転される仲間に申し訳ないと思いつつ、感謝・感謝である。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-24 23:00 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7488748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 中秋の名月 [2007-0... 家庭菜園に定温保管庫が必要にな... >>