中秋の名月 [2007-09-26]

 昨夜は中秋の名月、今夜は十六夜、そして明日は立待ち月で満月。
こんな書き出しだと、さぞかし風流な詩でも読みそうな印象を与えるかも知れないが、何を隠そう、私は全くの風流音痴で、詩どころか川柳の一つも読めない無骨者。
満月を観て感慨にふけるような風流は、先天的に持ち合わせていない。

 でも、満月はやはりいい。
b0008825_21523513.jpg今年は、今年は中秋の名月を観賞してみよう、今年始めて飼育しているスズムシの音色が趣をそえてくれるだろから、と殊勝なことを考えていたが、晩酌でいい気持になってしまい、いつの間にか名月は頭から蒸発してしまっていた。


b0008825_21432942.jpg
 中秋の名月だというから、満月だと思いがちだけれど、今年は中秋の名月と満月は2日ずれている。
何故?
私にはどうでもいいことだけれど、ある程度の常識は身につけていないと恥をかくので、少し勉強してみた。
でも、本気で分かろうとしていないから、分かったようでも、他の人にうまく説明できるかというと自信がない。知ったかぶりはしないことにしよう。

 でも、中秋の名月くらい説明しておこう。
旧暦では、秋は7月、8月、9月の3ヶ月で、その3ヶ月の最初の月が「初」次が「中」最後が「晩」の月となる。
旧暦8月15日は、秋の中の月、つまり中秋となるのである。
では8月15日の月が、何故名月なのか?
いろんな説があるようだけれど、秋は収穫の喜びに満ちた気持で、澄み切った空に皓皓と輝く月を見ると、正に名月であったのだろう。

 ついでにもう一つ、
中秋の名月を「芋名月」とも言う。
この芋は、最近の若い人は「さつま芋」と思っている人が多いということを聞いたことがある。
でも、どう考えても、名月とさつま芋は結びつかない。
そうではなく、「里芋」であることは言うまでもない。
とれたての(洗い上げた)白くて丸い里芋は、お月様に供えるのに相応しいものであったのだろう。

 明日は、正真正銘の満月、晩酌を控えめにして満月を観賞してみようかな。(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-26 22:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7497873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはま T at 2007-09-27 01:21 x
母方のおばあちゃんの口癖は「お月さんとお母さんはいつ見てもよかねぇ」だったとか。私も月は大好き!瓦屋根に昇り「猫のようにして」よく眺めました。
おせっかい失礼‐「浩浩」ではなく「皓皓」では? 息子の字なので思い入れありなのです。
Commented by tobiume8 at 2007-09-27 11:00 x
窓を開ければ「天拝山」が見える。黄昏となると、頂上にはこの二日間
提灯が灯り「菅原道真」を偲んで 月見の宴が営まれている模様です。
涼しく通り抜ける夜風と 庭のコオロギを楽しみながら、満々の満月を寝床で楽しんでいます。 贅沢な身分に感謝感激を胸一杯にしつつ。
   綿雲に  盛られて静か 峯の月
晩酌の酔狂も寝床の上では「ヨッパライ運転」の心配も]無用ですね」? 
Commented by matutaka31 at 2007-09-27 21:05
よこはま Tさん
「お月さんとお母さんはいつ見てもよかねぇ」は、ジンときますね。
その実感が湧く頃に母はなし。
最近、変換に辞書が欠かせなくなりました。(^。^)
有難うございました。
Commented by matutaka31 at 2007-09-27 21:15
tobiume8 さん
菅原道真ゆかりの大宰府で、満月を寝床で楽しむ・・・優雅ですね。
「月々に 月見る月はおおけれど 月見る月は この月の月」
今夜の満月は殊の外すばらしいですね。



<< 消えた鈴虫の鳴き声 [20... たまにはこんなことも [... >>