小さい秋見つけた [ 2007-10-05]

 昨日、セブンミリオンccのアウトコース茶屋の側にあるナツメが色付いていた。
5番ホールから6番ホールに通じる細い道の側にあるので、5番ホールの出来がよくなかったり、あるいはお茶屋が気になっている人には多分眼に入らないだろう。

 ナツメは、青い実が次第に茶色に変わり、やがて黒く熟していく。
先週見たときは、まだ黒く熟したのは見当たらなかったが、昨日は枝のあちこちに黒いナツメを見つけた。

 枝を折らないように、そっと枝を曲げて、一粒口にした。
ほのかに甘い、でもどこか渋みが残る懐かしい味だ。
子供の頃、おばあちゃんの家のナツメが色付くのを楽しみにしていた、懐かしい思い出が蘇ってきた。 一喜一憂するプレイの合間に、ホッとする瞬間であった。

 日中はまだ、真夏日が続く今日この頃であるが、山では確実に秋が訪れていた。

ナツメ
[PR]
by matutaka31 | 2007-10-05 11:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7534861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< パソコン勉強会という名のサロン カラスは嫌いだ [2007... >>