芥屋での懇親会

 今日は太極拳の練習の後、その教室の懇親会に参加した。
会場は、糸島海岸の芥屋。

 会場へ行く途中、田んぼの稲は既に取入れが終わり、そこに働く農家の人影は見当たらない。取入れが終って、ホッと一休みだろうか、それとも汗を流しに温泉旅行だろうか、勝手な想像をしながらのんびりした田園風景をぼんやり眺めていた。

 会場は、芥屋漁港の側のとある料理屋。
漁港の防波堤では、秋晴れの下、釣り人がのんびり釣り糸を垂れている。
釣っているのは、アオリイかだろうかそれともアジだろうか。

 漁港の向うには芥屋海水浴場が、その向うには立石山が迫っている。

目を転じると、限りなく晴れ渡った空、そして青い海が一面に広がる。
珍しく穏やかな沖には貨物船や漁船が行き交う。
そんなのどかな風景を見ているだけで、心が洗われるようだ。

 そんな自然に包まれたすばらしい会場での懇親会。
新鮮な魚介類に野菜をふんだんに使った、食べきらないほどの料理に舌鼓を打ちながら、クラブの生い立ちや日頃の練習のこと等太極拳の話題、その他いろんな世間話に花が咲いていた。

 参加者14名中11名が女性で、しかもみんないい人ばかりだから、和やかな雰囲気の中でおしゃべりとカラオケを楽しんでいるうちに、アッという間に約2時間半の時が流れていた。

 日頃、練習場ではお互い顔を合わせているけど、みんな揃ってゆっくり話をする機会が少ないので、このような懇親会のお陰でお互いを知り合うことが出来、大変良かったと思っている。

 お世話くださった幹事の方々に感謝!
b0008825_22272335.jpg
立石山から見た芥屋

[PR]
by matutaka31 | 2007-10-22 22:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7611395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 本土最西端に立つ 車内で席を譲られて >>