月曜午後の菜園

 太極拳メンバーのNさんが、練習の後、私の家庭菜園の手伝いをしてくれた。
Nさんは元々アウトドアータイプの人だけど、太極拳の練習後、天気がいい日は時々菜園の手伝いに来てくれるので、私も大助かりだ。
今日は快晴無風で、のんびり世間話をしながらの作業で、お陰で私も作業の手がはかどる。

 今日は、スコップと鍬を使った天地返しをしてそこに畝を作ってもらった。
最初の頃は慣れない手つきであったが、最近では大分うまく畝を作れるようになったきた。b0008825_102476.jpg
先日はミニ耕運機に挑戦してもらった。初めてにしては上手い。

 しばらくすると、TさんとKさんがやってきた。やはり太極拳のメンバーだ。
昼食の時、“野菜を採りにおいでよ”と声をかけておいたのだ。
いつもは隣畑ののおじさん達と世間話をしながらの作業であるが、今日はメンバーが入れ替わり4人揃って、ひときわ賑やかな楽しい雰囲気になった。

 ひとしきり会話でにぎわった後、二人には白菜、大根、蕪等を持ち帰ってもらった。
丹精込めて作った野菜を、喜んで笑顔で持ち帰ってもらうのが嬉しくてたまらない。
喜んでもらうと、また来年もっといいのを作ろうと、意欲が湧いてくる。
自分で食べるだけでなく、周りの人達に喜んでもらえるのが、私の菜園の楽しみ方だから。

 昨日、近くのNKさんから、“醗酵済み堆肥を沢山もらったので、良かったらどうぞ”と声をかけてもらっていたので、一輪車を持ってNさんとNKさん宅を訪ねた。
そして、立派な完熟牛糞堆肥を大袋4袋分分けてもらった。
美味しい野菜作りには、堆肥が不可欠だから、有難いプレゼントだった。

 Nさんにも新鮮な野菜を持ち帰ってもらった後、今度は隣の畑のAさんが“蕪を頂戴!、うちのはまだ小さいのでな”と声をかけてくる。
どうぞと、立派に大きくなった蕪を差し上げた。
 今日は賑やかな、気持のいい一日だった。
b0008825_116277.jpg
玉ねぎの作付け状況

[PR]
by matutaka31 | 2007-12-17 22:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7835495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 孫達の天下 数え年 >>