パソコンのトラブルで感じたこと

 私のパソコンが、あるソフトexeのインストール中に、突然インターネットに繋がらなくなってしまった。「Runtime Error」の表示、案内に従って再起動するも効果がない。
 知る限りの方法でリカバリーを試みるが、全てうまくいかず、インターネット接続に関するトラブルと判断してプロバイダい問い合わせをした。
 電話で指示を受けながら復旧を試みるが解決しなかったので、翌日技術者の派遣をお願いすることにした。

 翌日来宅したプロバイダの技術者に点検してもらった結果、モデムや接続関連に問題はなく、パソコンメーカーかソフトメーカーに委ねるべき問題だということが判った。
それでも、プロバイダの技術者のお陰で、とりあえずインターネットは繋がったが何故そうなったかが分からないままであった。

 インターネットが繋がったので、再度件のソフトのインストールを開始した途端、また同じようなエラーが出てしまった。やはり、プロバイダの技術者が思ったとおりの結果になってしまったのだ。

 自分で解決できないので外部に修復を依頼しなければならないが、メーカー(販売店含む)に頼むと日数と経費が嵩むことは明らかで、できるだけ短期間にしかも経費がかからない方法を採りたかった。

 そこで、まずソフトメーカーに問い合わせた結果、古いバージョンをアンインストールした時にそのソフトの一部(断片)残っていて、それが邪魔している可能性があるということだった。
 早速その技術者に電話で指導をしてもらいながら、その残っているファイルの断片を確認し、それを完全に削除してしまったところ、IEが繋がり、その後全て順調にDL&インストールが完了できた。

 初めからソフトメーカーに問い合わせていれば、2日間の空白を作らなくて済んだだけでなく、プロバイダにも手数をかけずに済んだことであった。結果的にプロバイダの皆さんに迷惑をかけてしまった。

 パソコンは何時なんどき、突然動かなくなってしまうか分からない。
そうした局面に遭遇すると、なんとか自力で直すことは出来ないかとあれこれ手を尽くすのだが、下手に素人判断であれこれ弄繰り回していると、かえって傷を深くしてしまう危険がある。

 自分の知識・経験ではどうにもならないと考えられたときは、今現在起きている現象を正確に掴んで、何処から解決の糸口を見出すべきか(つまり何処に相談するべきか)を判断することができれば、解決の早道になる。
 つまり、技術的な解決策は専門家にお任せすればいいことであり、その前に何処の技術者に持ちかけたらいいのかを判断することが解決の早道であることを、改めて思い知らされた一件であった。

 また、今回のわずかに2日間のトラブルあったが、通常は何気なくパソコンを使っているけど、いざ利用できなくなってみると自分の生活に根付いてしまっていることに、改めて知らされたことである。
 何かと言えば、 まず日課にしているメール更新が出来なくなるのが一番気がかりであった。
  返事をしなければならないメールが来ているのではないか。
  ホームページにコメントが入っていないか。
等々である。
 それだけでなく、この2日間、天候が悪くてアウトドア活動ができなかったせいもあるが、いつもならパソコンで余暇を楽しむことが出来るのだが、それが全く出来なくて退屈してしまったことである。
[PR]
by matutaka31 | 2008-01-31 10:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/7999937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 梅の花が真っ盛り 晩白柚を収穫 >>