春の足音が聞こえる

 今日は久しぶりにのんびり出来たので、午後早めに散歩に出かけた。
家を出て15分も歩くと、そこには田圃や畑が広がる、糸島ののどかな田園風景がある。
天気は晴れで、時折そよ風が吹く絶好の散歩日和だ。

もうあたり一面、春の雰囲気だ。
空にはひばりが、威勢よくさえずっている。
小川には鴨がのんびり泳いでいる。
時折、勢いよく羽ばたきをして、ぼんやり歩いている私を驚かせる。

南向きの田圃の土手には、早くも土筆が顔を出している。
そして、畦のクローバーも緑が濃くなった。
川の土手にはからし菜の可憐な花が咲き誇っている。
畑では菜の花が真っ盛り。
b0008825_1803727.jpgb0008825_181618.jpg
b0008825_181457.jpgb0008825_1831392.jpg







ビニールハウスの中を覗いてみた。
そこには、収穫間近の美味しそうなイチゴが、みずみずしい姿を横たえていた。
あ~もう春だな~。b0008825_184884.jpgb0008825_1843458.jpg

このような自然に恵まれた糸島の環境も、残念ながら早くも黄砂の来襲で太陽がぼんやりかすんでしまって、だいなしである。。
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-02 18:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/8115800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2008-03-02 23:43 x
その黄砂、明日は関東地方に 猛来襲するとか..
長与町紀行も興味深く拝見しました。
Commented by matutaka at 2008-03-03 14:18 x
今日の黄砂は凄いですよ。
雨上がりの今、全てが泥水をかぶった後のような、無残な姿に変わり果てていますよ。
 金砂でも混じっているなら大歓迎だけれど、農薬の残留物まで飛んできているんじゃないかと思うと、恐ろしくなります。
 はるばる大陸から飛んできた、とんでもない公害ですね。


<< なごり雪 第2の故郷を訪ねる >>