能古島を歩く

 先日、町内の人達と博多湾に浮かぶ能古島を歩いた。姪浜から渡船で10分で行ける、都会の喧騒から離れた自然豊かな島である。
 時間に制約されるわけでもなく、木漏れ日が射す山道を、世間話をしながらのんびり歩くのもいいものだ。 道端にはツワブキがいっぱいあり、いろんな珍しい草花が咲いている。あれは何?これは何?の連続だから、否応なしにのんびり歩くことになる。

一人が「ワー、イチゴがある!」と声を上げる。
振り返ると、草イチゴが真っ赤に熟している。
懐かしい! 子供の頃よく食べたことを思い出す。
しばらく歩いていると、ここにも、あそこにも、草イチゴの赤い実が見える。
もう、みんな童心にかえり夢中でイチゴの実を獲る。
そして、その独特な香りと甘酸っぱい味を楽しむ。
人も車もめったに通らない山道だから、イチゴの実の色も鮮やかできれいだ。
思いがけない自然との触れ合いを楽しんだ一時である。

b0008825_11124469.jpg b0008825_13243341.jpg
蛇の怖さも忘れて童心にかえる

 枇杷畑では、遠くから見ると白い花が咲いているような、袋かけが終っていた。みかん畑には、甘夏が色ずく傍ら白い花が咲いている。 そして山肌に桐の花も咲いていた。b0008825_11264795.jpgb0008825_1127518.jpg

 標高195mの展望台からの、博多湾を取り巻く360度の展望はすばらしい。 福岡市、海ノ中道相の島、志賀島、玄海島、西浦、・・・、遠くは背振山、宝満山、立花山、・・・が。
b0008825_11141612.jpg
360°のパノラマの一こま

b0008825_11163159.jpg
楽しい弁当の一時


 午後4時発の帰りの船の中で、島の小学校から対岸の福岡市内の自宅に帰る子供達に出会った。これが朝であったら、何も不思議に感じなかっただろう。 島の子供達が福岡市内の小学校に通う、ごくありふれた光景だと思うから。

 その小学生の元気のいいこと、船内は賑やかで活気がみなぎる。子供達は言葉もはきはきしていて、礼儀正しい。こちらの話に素直に応えるし、「有難うございました」とお大きい声で挨拶も出来る。 こんな清々しい素直な子供達に出合ったのは、絶えて久しい。
 
 最近、子供らしい素直な子供達に出会うのが少なくなっていたので、後日、能古島小学校に尋ねたところ、通称海っ子、山っ子スクールと言う制度があって、福岡市内では能古島小学校を含め4校が対象になっているそうだ。
 こういう学校でのびのび育った子供達は、将来きっと心の広い立派な大人に成長するだろう。 久々に島の自然を思いっきり楽しめた帰り道、子供達に「有難う」と言いたくなるような爽やかな気持になれた一日であった。

[PR]
by matutaka31 | 2008-05-27 11:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/8667707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2008-05-29 22:42
イチゴが赤いのは何も不思議ではないのだが、それにしても鮮やかな真っ赤ですね!今まで食したのはこんなに真っ赤だったかな・・・もっとくすんだ赤だったように思うのですが、能古島の新種だったりして・・・
ご近所さんとのコミニケーションもいいものですね。
Commented by matutaka at 2008-05-30 21:30 x
tetsu807-2さん 自然にに実ったのは、こんな鮮やかな色ですよ。!
都会に長く住んでいると、自然の色と縁が遠ざかるのでしょうかね。
時には、タイムスリップして、童心に帰るのもいいものですよ。(^。^)


<< 旬の味 駕与丁公園の薔薇 >>