被爆稲は何もなかったかのように元気

 作り繋いで今年3年目となる被爆稲、63年前何事もなかったかのように、我が家の庭で元気に育っている。 
 誰が見ても、そこいらの田圃の稲と変わらないように見えるだろう。誰かがこの稲の由来を言わなければ、何も気付くことのなく見過ごされてしまうだろう。

 去年はスズメの被害で危うく途絶えるのではないかと思ったが、防鳥網のお陰で、なんとか種籾を確保した。
 今年はスズメ対策のことも考え、昨年より減らして2ポットにした。今のところ順調に育っているので、来年へ作り繋ぐことが出来そうである。
b0008825_1074786.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-08-20 10:16 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9329409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オリンピックをテレビで観て、独り言 長崎原爆犠牲者慰霊平和記念式典... >>