関門トンネル&シーサイド ウオーク

 近所の気の置けない10人で6月に立ちあげた「イッペー歩こう会」3回目の例会は、関門人道トンネルを歩いて下関に渡り、壇ノ浦から赤間神宮・日清講和条約記念館を経て唐戸市場に隣接の「カモンワーフ」へのコースを選んだ。
 前日の天気予報では生憎の弱い雨、う~ん、どうするかな~と考えたが、気の置けない仲間同士だから臨機応変の対応が出来るので雨を覚悟の上で出かけることにして、念のため連絡をしたところ、躊躇う人は一人もなく全員OKの返事。

 当日は予報に反し朝からかなり強い雨、やめるべきかと一瞬迷いが出たが、パソコンで下関の局地予報を確かめると「曇りのち雨」。 よし、大丈夫だ。こういう時、パソコンは便利だ。
集合駅に着くとみんな笑顔で挨拶を交わす。
お互いに「あんたが雨男いや雨女」と言わんばかりに!
道中は何時もと変わらぬ賑やかで明るい雰囲気、この雰囲気がたまらなく好きだ。

 門司港に着くと、傘なしでも歩ける程度の雨、みんな気をよくして関門海峡の眺めを楽しんだ後、いざ全長780m関門海底トンネルへ。
先ほど観た関門海峡の下を歩いているのかと思うと不思議な感じがする。

b0008825_1441312.jpg



b0008825_144466.jpg

 下関側では、壇ノ浦公園~赤間神宮~日清講和条約記念館見物して回ったが、ほとんど忘却の彼方に行ってしまっていた史実を絵巻物や展示品で思い出しながら散策するのも楽しい。

b0008825_1454099.jpgb0008825_1461522.jpg

 昼食は、予め下関名物「ふく料理」(下関では“ふぐ”を福にちなんで“ふく”という)を食べることにしていたので、ふく専門店「やぶれかぶれ」へ直行、一人当たり3,150円也のふく定食とヒレ酒を味わった。 ウオーキングにふく料理とヒレ酒とは、何事だ!と言われそうだが、そんなことは気にしない。
決して無理をしないで、身の丈にあった方法で思いっきり楽しむのが「イッペー歩こう会」なのだから!
b0008825_1465739.jpg

 帰りは、海峡を船で渡り予定どうり無事帰り着いたが、帰り着いてからの反省会の楽しかったこと、・・・次回が待ち遠しい。
[PR]
by matutaka31 | 2008-08-30 14:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9397588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tetsu807-2 at 2008-08-30 22:41
matutakaさん 関門トンネル&シーサイドウオーク
たいした雨でもなく成功しましたね。安堵されたことでしょう。ふぐ料理と帰ってからの反省会 楽しまれている様子が想像できます。予は満足じゃ!でしょう。
Commented by matutaka31 at 2008-08-31 10:37
tetsuさん そのとおり「予は満足じゃ」の気分ですね。
この一時この一日を、大切に楽しく 有意義に過ごせることの有難さをかみしめています。健康に感謝!家族に感謝!そして触れ合う皆さんに感謝!です。


<< 秋のムードが漂う我が家 オリンピックをテレビで観て、独り言 >>