地域の「まつり」見学

 今日は私が住む福岡市西区にある小戸公園に、地元ボランテイア仲間4人で出かけた。
たくさんの「福岡市西区の宝」に触れて、地域の魅力を再発見しよう!と、西区まるごと博物館推進会が主催したイベント「西区まるごと博物館in小戸」の見学であった。 

イベントの見学とは?
実は私達がボランテイア活動をしている「ひょうたん池」も西区の宝に指定されているいるのだが、そこで来春予定している「第3回ひょうたん池まつり」の企画の参考にしたいと思ったからである。

 朝から生憎の小雨模様で人出がやや少ないようであったが、イベントは関係者の方々の創意工夫に満ちた企画がなされていた。協賛者の出店も多く,
会場の雰囲気を盛り上げていた。
 私達はお昼に引き上げたが、午後は天候も回復したので、多分大勢の来場者で賑わったことだろう。
b0008825_21174910.jpg
b0008825_2117195.jpg
会場でパネルの説明をされる清田さん

 今回の見学で、来春予定している「ひょうたん池まつり」の実行に当って、参考になった事柄は次の通りである。
①主催関係者は、一目でわかるように制服(ジャンバー)で統一されていたこと。
②会場を示す「横断幕はカラフルでよく目立つよう工夫されている。
③横断幕より、どちらかと言へば、旗のほうが目立ち、来場者の誘導に役立っていること。
④母子連れが多く、子供の関心を呼ぶイベントに人気が集まっていること。
⑤協賛者の出店が、会場の雰囲気を盛り上げている。
b0008825_21183772.jpgb0008825_21502683.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-10-26 21:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9760640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 健康教室 ブラックバスの捕獲作戦 >>