送信者名・件名のないメール

 このところ、送信者名も件名も無いメールが飛び込むようになった。
b0008825_2253162.jpg
 最初は、“誰かが慌てて送信ボタンを押したのだろう”くらいに軽くみていたが、2度3度と相次いで受信すると、どうやら何者かの悪戯か意図的なものに違いないと気がついたので、当該メールをメッセージルールの「送信者を禁止する」に登録しようと試みた。
ところが、「すべての[送信者を、禁止されたユーザーの一覧に追加できませんでした」の表示で、この設定機能は利用出来ないことがわかった。

 仕方なく、都度削除することにして完全無視を決め込んたが、受信トレイに入ってくると否応なしに目につき、無言電話と同じで、なんだか気になって仕方がなくなり、いい方策はないものかとインターネットで検索してみた。
 その中に、不埒な輩がいろんなメールアドレスを作って送信し、送信拒否にならなければ、そのアドレスが実在することを確認して、後でスパムメールを送りつける手段にしているのではないかとの見方ががあった。もしそうであれば正に迷惑メールそのものである。

 それより、送信者名も件名も宛先もないメールが、何故プロバイダーのチェックを潜り抜けてくるかが問題だと考え、契約プロバイダーに問い合わせた。その結果、この種のメールは、プロバイダーのチェックには引っかからないで、通常メールと同じ扱いになる仕組みを編み出しているのではないか、そして残念ながらその仕組みを防ぐ方法は現在まだ確立されていない、と言う主旨の回答であった。
 もう少し詳しく説明すると、対象メールを「プロパティ」→「詳細」でReturn-Path: を見ると、明らかに送信者のメールアドレス「××@〇〇.com」が入っていて、しかもメール毎にアドレスが異なるため、プロバイダを通過する段階では迷惑メールと決め付けることは出来ないのだそうである。

 したがって、現段階ではメッセージルールの機能を活用して、メッセージを受信してから「送信者に”@”を含まない場合」、「削除済みアイテム」に移動する方法しかなさそうである。
[PR]
by matutaka31 | 2008-11-06 18:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9824006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 皇帝ダリアが開花 動画を貼り付ける >>