防犯パトロール

 昨夜、町内会で組織した「防犯パトロール」に参加した。
 活動を開始して4回目の参加である。このパトロール活動は、私が住む町内で「自分達の町は自分達で守る」の考えで、この8月から始まった新たな試みである。

 私達が住む町は自然豊かな静かな街であったが、17年度から始まった九州大学の隣接地域への移転により周辺地域を含め宅地化が急速に進み、街の様相も生活環境も大きく変貌してきた。
 この変化は、今後この大学の移転が進むにつれ、否応なしに急速に変化していくに違いない。単に人が増えるだけでなく、住宅・教育文化・交通・治安等々全ての生活環境が。

 このような生活環境の急変に対応して、町内会に「防犯パトロール隊」の活動が、この8月から始まったのは当然の成り行きである。
 町内会としては初めての試みで、その方法も手探りの段階で、まず町内会役員が先頭に立ってパトロー隊を編成し、それに有志が加わる形でスタートした。とにかく実行しよう、そして色々経験を積み重ねながら、必要に応じて改善していけばいいのだから、・・・という考えで8月に第1歩を踏み出した。

 私も、日頃からその必要性を感じていたので、町内会長の呼びかけに応じて、発足当初から有志の一人として参加することにした。昨夜のパトロールは、3人一組の2組で町内巡回をしたが、不法駐車・放置自転車も見当たらず、いつもの静かな街であった。

“この静かで安全なな生活環境を、いつまでも維持出来ればいいなー”、これが昨夜の感想である。
b0008825_11133894.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-11 11:16 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9851442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 雷山 千如寺の紅葉 恵みの雨で菜園が活気づく >>