青空に映える皇帝ダリア

 高い所からやさしく見下ろすかのように下向きに咲く花。
 青空に映える花。
 何時観ても心を和ませてくれる花、皇帝ダリア。

学名 : Dahlia imperialis
  Dahlia : ダリア属
  imperialis : 皇帝の、威厳のある
原産地: メキシコ地方
背 丈: 3~ 4mと高い
花 期: 11月上旬からピンク色の花が咲き始める

 比較的花が少なくなるこの時期、我が家の庭の皇帝として君臨する。
b0008825_11402643.jpg

b0008825_1185123.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-16 11:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/9879786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2008-11-16 23:03 x
この花の原名がimperialisとは、花の見事さで、日本人が皇帝と名付けたのではないかと思っていましたが、本名であったとは!驚きでした。
我家でも、道の石垣の上で、4m以上も高く咲く花を、道行く人が立ち止まり、賞賛して通り、笑顔を残して通ります。 幸せの花ですね。
Commented by matutaka31 at 2008-11-17 09:18 x
tenpai8さん 、ネーミングがいいですね。何時見ても青空に映える素敵な花ですね。2年間、ひょうたん池の活動を通じてこの苗を買っていただいたお陰で、町内のあちらこちらでこの花が咲いていて、道行く人の心を和ませてくれます。
Commented by よこはまT at 2008-11-17 16:10 x
皇帝ダリア、咲いたのですね!
仕立てる時点のブログ以来、開花のUPを楽しみにしていました。

比較的花が少なくなるこの時期―というのがいいですね。皇帝のありがたみと言いましょうか、笑顔のように下向きというのがいいです。
↑のコメントにも記されていますように、笑顔は笑顔を呼ぶ。
自分自身も「花を咲かせて」笑顔に囲まれたいものですね。
Commented by matutaka31 at 2008-11-17 20:30
昨日からの雨と寒さに、庭の皇帝もじっと耐えているようです。やはり小春日和と青空が似合う花です。
街角で見かける花、そして我が家に帰ったとき見る庭の花、何れも私の心を和ませてくれる女神みたいな存在です。
何時までも心に微笑みを!忘れたくないですね。


<< 玉ねぎの定植 雷山 千如寺の紅葉 >>