<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

流水不腐(ワード・エクセル講座に思う)

 1月に始まったSNFのワード&エクセルの講座(全10回)は、早いものでもう9回を数え,残すところあと1回になってしまった。最初、10回は長いな~と思ったが、程よい緊張と楽しい雰囲気のうちに、アッと言う間に過ぎてしまった感がある。

 私語でもしようものなら、アッという間に置いていかれそうになる。否応無しに集中する。そして一区切りしてホッとした頃には宿題が出る。この年になって、宿題をおおせつかるとは・・・とサボろうと思っていると、そうはさせじと乗せられてしまう。この緊張感が、程よい疲れとなんともいえない満足感につながるから不思議だ。

 これまで何度かSNFの講座に参加したが、こんな雰囲気で終始したのは始めてである。何故だろう?
 思うに、講師スタッフの、小気味よいテンポで受講者の気を逸らさない、巧みな教え方に秘訣があるようだ。それと受講者のレベルがある程度揃っていたことも、一つの要因であったように思われる。
言わずもがなであるが今回の講座では、受講者のレベルがある程度揃っていること、そして受講者と講師の息が合うことの、大切さを教えているように思う。
b0008825_12243315.jpg
 それにしても、よくもま~忘れるものだ~と自分のことながらあきれてしまう。使わなければ忘れてしまうもので、正に廃用萎縮である。
忘却になってしまうことのないように、脳に刺激を与えつづけ、そして出来ることなら新しいことを吸収しなければと尻を叩かれた講座でもあった。
お陰様で、忘れていることも思い出させていただいたし、新しいことをたくさん学ぶことが出来たので、これからのクラブ活動の資料・チラシ等の作成に活かしたいと思っている。
「流水不腐」を座右の銘にして。

素晴らしい講座を取り仕切っていただいた講師スタッフの皆さんに心から感謝!

そしてご一緒いただいた受講者の皆さんにも感謝しながら、・・・。
b0008825_11304636.gif
マイホームページ
[PR]
by matutaka31 | 2006-03-14 11:42 | Trackback | Comments(1)

旬の味

土筆とセリ
  私は、この季節になると、旬の味にこだわりを覚える。とりわけ、土筆・セリ・フキ・ツワブキ・タラの芽・筍など等である。
 土筆の卵とじ、セリの白和え、フキの煮込み、タラの芽のてんぷら、筍の味噌煮など等数え上げるときりがない。夫々が持つ独特な風味は、この時期でしか味わえない、正に春の旬の味に他ならないからである。
  今日、春の陽気に誘われて、糸島の瑞梅寺ダムの下流域に出かけた。一面に広がる水田地帯の畦道や小川のほとりで、土筆とセリを摘んで帰った。自然豊かな糸島では、至る所で太陽の光りをいっぱいに浴び、季節の味がぎっしり詰まった山菜取りが楽しめるところである。
b0008825_21104681.jpg
イヌフグリの間から顔を出した土筆

  一方、海では潮干狩りのシーズン到来である。山の幸に海の幸が加わり、晩酌が一層楽しくなる季節である。
[PR]
by matutaka31 | 2006-03-08 21:39 | Trackback(14) | Comments(0)