<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私に投与された妙薬 [2006-12-21]

私の血管年齢
  私はここ数年来、年末に総合的な健康診断をうけることにしている。血圧、血液検査、内臓エコー、胸部レントゲン、胃の透視、大腸検査等々である。その検査の過程で、今年初めて「動脈硬化検査」というものを受けた。
 最近血圧が少し高めに出ることがあるが、測定時間帯による変化が大きいこともあるので、余り気にしていなかったので(やや自信過剰?)、この動脈硬化検査検査結果を楽観していた。
 ところが、「あなたの血管年齢は87歳に相当します」という実年齢より16歳も上回る結果で、びっくりしてしまった。
 
渡された説明書「動脈硬化検査」結果の見方によると、動脈硬化には,血管のつまり(AbI)と血管の硬さ(pwv)の二通りがある。 動脈硬化の原因は、高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症・通風、喫煙・アルコール過剰摂取、肥満、運動不足、ストレス・悩みが挙げられている。
 
 私の場合、血管のつまり(AbI)は正常範囲であるが、血管の硬さ(pwv)が標準以上であることが指摘されたのである。原因と思われる8大要素の中で、少々気になることは、血圧とアルコールの量、それに若干の肥満だけである。
 血液検査の結果もほとんど異常はないことが分かったので、この検査結果に納得がいかない私は、病院に再検査をお願いしたところ“半年先に検査しましょう”と断られてしまった。
 
 患者が納得するように応じるのが病院の使命ではないのかと一瞬不満がよぎった。でも、これまでの自分の生活習慣を思い起こせば当然の結果であり、検査結果に不満を持つのが、身の程を知らずと笑われても仕方ないことであろう。
 たかがと自分勝手に思っている若干の高血圧・アルコール・肥満の3要素が、考えるまでもなく実は大敵で、じわじわと血管年齢を押し上げる要素として十分だったのかも知れない。
健康に対する自信過剰こそが、意外な落とし穴にはまる危険をはらんでいると反省しなければならないのかも知れない。
 そう考えると、この「血管年齢87歳」は、私にタイムリーに投与された妙薬に違いない、と思えるようになった。
 これから先、この妙薬を飲み忘れないように心がけ、適正体重の維持、過度の飲酒をしない、定期的に運動する、間食をしない等々生活習慣の改善に努めるようにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2006-12-21 11:49 | 思いのまま | Trackback(12) | Comments(0)

映画鑑賞 [2006-12-02]

「椿山課長の7日間」を観て
  朝日新聞に連載されていることは知っていたが、実は読んでいなかった。でも読んでいなかったことが、この映画を驚きと感動をもって観ることが出来たと思う。

 突然死した働き盛りの中年男が、初七日までの3日間だけ、「あの世」から「この世」によみがえることが許される。この世に戻ることが許されたのは、椿山課長の他にやくざの親分、やくざの金で育てたくないと思う親が施設に預けた子供の3人だけ。
 この世に戻ってみると、そこには思いもよらぬ事実が、・・・家族の秘密が、親子の愛情が、やくざ社会の仁義が、次々にコミカルに展開していく。
 とりわけ、施設に預けられた子供が両親と対面したとき、母親が実の子供を抱きしめる場面は、一言のせりふもなく母の愛情が見事に演出されていて、実に見ごたえがある。

 「これを観ると、きっと死ぬのが怖くなります」と予告編でいっているとおり、現代の深層を見せ付けられているようで複雑な気持ちになる一面もあるが、むしろ私には、死というものに対する恐怖感・不安感とは違った安楽の「あの世」を想像させてくれる映画であったように思う。
 観終わってみると、悲惨・悲壮感はなく、むしろ爽快感が残る楽しい映画であった。
[PR]
by matutaka31 | 2006-12-02 22:52 | 思いのまま | Trackback(1) | Comments(0)