<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

某県知事選挙に思う [2007-01-24]

強剪定と接木
  今年は統一地方選挙と参議院選挙の年で、年が明けて、世間はにわかに騒がしくなってきた。
 かわって園芸の世界では剪定・接木などこの時期にしか出来ない大切な作業の時を迎えている。選挙と園芸、全く関係ないこの二つの現象が、私には一脈通じるものがあるように思えてならない。
  園芸を生業としている人には、この強剪定と接木と言う二つの言葉は、自分の生活基盤をこれから先をどうするかを決める重要な意味を持つものである。
  伸びるがままにしていると、ある時期まで樹勢は勢いを増すが、管理を怠ると次第に勢いがなくなり、成る実も次第に小さくなるだけでなく肝心の味まで落ちてしまう。
それを防ぎ且つ健全に育てるため、園芸農家は余分な枝を剪定するなど日常の管理を欠かさないのであるが、時には思いっきり古い枝を切り落とし、新しい芽を伸ばして樹勢の回復を図る、いわゆる強制的な剪定(強剪定)を行うことがある。そのことによる一時的な減収も敢えて辞さない思い切った若返り策である。
  ところが、この強剪定による若返りは、あくまでも今までのDNAを受け継いだものであり、その木が本来持つっている品種特性は変らないのである。
そのため、その品種が消費者ニーズに合わなくなってしまえば、いくら作っても売れなくなり、厳しい販売競争から取り残されてしまうのである。
  一方、新しい知識や情報を吸収し消費者のーズを的確に把握した人は、新たな品種の枝を仕入れて、今まで育ててきた木の枝に接木をする。つまり同じ木に異なるDNAを植え込み、今までに育てた木を利用して新しい品種の果実を手に入れる方法を選ぶのである。
  今回行われた某県知事選挙は、この強剪定による若返りをねらった人と、異なるDNA持つ枝の接木をして新しい品種を手に入れようとした人との違いを見るようでならない。
[PR]
by matutaka31 | 2007-01-24 22:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

初登り [2007-01-23]

十坊山へ!
  1月18日、山頂からの360度のパノラマを見たくて、背振山系の西の端にある十坊山へ登った。
 この日は局地天気予報でも晴れとなっていたので、チャンス到来とばかり心を弾ませて出かけたが、予想に反してうす曇で山頂からの眺望にやや不安が残る天候であったが、時折薄日がさす、まずまずの天気に恵まれた。

 周りの景色や道端の草木のことなどを話題にしながら、普通の登山であれば1時間30分弱程度の道のりを、約2時間かけてゆっくり登った。ウイークデイだったせいか途中出会う人影もなく、頂上で1組の夫婦に出会っただけであった。
 お陰で貸しきり状態の山頂でのんびりすること約1時間、爽やかな空気を胸いっぱい吸い込み、360度のパノラマを心行くまで満喫し、そしてこの上ない美味しい弁当に舌鼓を打ち、登りと同じ道を下ってきた。
b0008825_10412884.jpg
頂上の大石に立つ

 帰りに登山口の直ぐ側にある「まむし温泉」にゆったり浸かって疲れを癒し、爽やかな気分で岐路につくことが出来た。

 標高535mの山でありながら、頂上からの360度のパノラマは絶景である。しかも登り道も緩やかで気軽に登れるので、のんびり山歩きをしたい人にはお勧めの山である。マイホームページ「十坊山」をご笑覧ください
[PR]
by matutaka31 | 2007-01-23 11:04 | Trackback(9) | Comments(0)

日野原先生に元気をいただきました [2007-01-04 ]

75歳からようやく老人!
  「75歳からようやく老人、60歳からそれまでは助走期間である。それから大ジャンプしよう!」 とおっしやるのは聖路加国際病院院長の日野原重明院長(今年96歳になる明治44年生まれ)である。
 今朝のNHK「生活ホットモーニング」でお話になっていた日野原先生は、とても96歳とは思えない若さが体中から滲み出る感じの風貌であった。先生の目から見ると、60台は、鼻垂れ小僧みたいなものだろう。
 定年になったら後は悠々自適なんていう発想はなく、むしろ60歳からが自分の夢を実現する準備期間であるともおっしゃる。
 その夢とは、ベンチャーであり、ビジョンであり、ビクトリーである。それが描けたら、それに向かって実行すればいいとおっしゃる。

先生はこうもおっしゃる。
「幻と勇気ある行動を!」。
75歳までに準備した幻(即ち三つのV、ビジョン、ベンチャー、ビクトリー)に向かって行動する勇気を持てと。
そして、じっとしていては何も始まらない。勇気をもって行動すればいいと。但し自分一人で出来るものではない、周りのみんなの協力あってはじめて出来ることだから、感謝の気持ちを忘れずに、とも。

先生の話はまだ続く。
先生のその力はどこから生まれるのか、との問いに、曰く、「使える時間が私の寿命」だと。
 集中する習慣を身に付け、自分の時間を有効に使うことが大切である、その時間が長ければ長いほど長生きしたのと同じである。ただ漫然と生きているようでは長生きしたとはいえない、という意味のことを強調されていた。

 実に耳の痛い話である。
長いものには巻かれ、流れに逆らわず事なきをよしとする人生は、生きている意味がない、何をボヤーとしているか・・・、残された時間はないのだぞ~と、後頭部をハンマーでが~んと殴られたような気持であった。
 が同時に、新年早々心が洗われるような話を聞くことが出来、新たな元気をいただいた瞬間でもあった。

 私の身近なところにも、似たような気持ちで人生を送っていらっしゃる明治43年生まれの元気な大先輩が居られる。その大先輩から、私はいつも元気をいただいている。
これからも、その感謝の気持ちを忘れないで、元気で過ごしたいものである。 
[PR]
by matutaka31 | 2007-01-04 19:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

認知症の始まり? [2007-01-02]

またやってしまった!
  年の瀬も押し迫った12月31日の午後、ぽかぽかの小春日和に誘われ、孫達と一緒に近くの今津運動公園に出かけたときのことである。
 子供達の精力的な動きについてゆけない私は、何か適当な被写体はないものかと、カメラをぶら下げ、ぼんやり辺りを散策していた。

 突然「〇〇さんですよね?」と声をかけられ、私はハッとした。
見れば品のいいご夫婦で散歩を楽しまれている様子であった。
声をかけられたのは、笑顔が素敵なご婦人の方だった。
私を知っている人に違いないのに、その瞬間、誰だったか思い出せない。
声をかけられ、相手を思い出せないほど失礼なことはない、と思えば思うほどあせって思い出せない。
 「あの~(どなたでしたかねー)」と恐る恐る言いかけた私の戸惑いを察していただいて、「SNFのパソコン教室でご一緒でした・・・」そこまで言われて、ハッと思い出した。
続けて「あのときの☆☆ですよ」、といわれて全てを察した。
 
 思い出すのが遅すぎる。
また、私の悪い一面が出てしまった。
何かうまくその場を繕う作法が身についていればいいのだが、・・・。
 パソコン教室ではご婦人の洒落たメガネが印象的だったので、このたびはメガネをはずされていたのと、思いがけないところで声をかけられたのが重なって、私の萎えた脳細胞が働かなくなってしまったのであろう。
その間、1分足らずだったと思うが、恐縮のあまり、冷や汗がどっと流れる思いをした。

 実は、こんな失礼をしたことは初めてはない。
お会いしたことのある方のお顔と名前を覚えられないのが、私の最大の欠点である。
こんなことが度重なると、「あ~、ついに認知症が始まったか」と言われても仕方がないことであるが、それはそれとして、それ以前に相手に失礼をしないで済む方策を身につけるのが先決である。
何かいい方策はないものだろうか。
b0008825_1532218.jpg
公園から見る毘沙門山
[PR]
by matutaka31 | 2007-01-02 15:53 | 思いのまま | Trackback(3) | Comments(0)