<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

筍採りと筍盗り [2007-06-22 ]

「犬も歩けば棒に当たる」
 知人の山とは言え、初めて入った山で泥棒とばったり出会ったら、どんな展開になるだろうか。

 先日、あるクラブ仲間4人(Nさん、Kさん、Fさんと私)で、Nさんの親戚の裏山へ「筍採り」に出かけた。
生憎、お目当ての方は留守であった。農繁期だから多分近くの田畑に出かけていたのだろう。
留守だけど、電話で話しているから大丈夫ですよ、採りましょう!
Nさんの言葉に促されて、竹山に入った。
時折小雨がぱらつく天気で、鬱蒼と茂った竹山は辺りが薄暗く、ひんやりした感じで静まり返っていた。

 辺りで数本の筍を採ったところで、「kさん、この皮を剥きながらここで待ってて!」と言い残して後の3人はどんどん山奥へ入り込んだ。
時々、パシッと枯れ枝を折る音が静けさを破る。
一人残されたKさん、山に入る前に、まむしと猪がいるかも?と話をしていたこともあって、だんだん心細くなってきたらしい。日頃は闊達なKさんも、まむしと猪が脳裏をかすめ、だんだん心細くなってきたようだ。“早く誰か戻ってきてー”と心の中で叫んでいたらしい?ことは、みんなが帰ってきたときの表情で察しがついた。
そんなKさんの恐怖の報酬とは無関係とばかりに、“案外採れなかったねー”と、やや不満げな会話が続く。

 ところがその直後、「めくら蛇におじず」を地で行くようなドラマが待っていた。
思ったより少なかった収穫を少し挽回しようと思い、私は男気を出して、少し山を下りたところで道路沿いの別の竹山へ入った。
するとそこに人の気配が、・・・
竹や雑木をすかしてよく見ると、40mくらい先に作業服を着て手には大きな袋をぶら下げた、長靴姿の農家のおじさん風の人が動き回っている。
どう見ても筍を探している格好だ。
私は、「流石に農家の人は違うなー、まむしや害虫から身を守るために、長袖・長靴に帽子のいでたちが完璧だ」と感心しながら、きちんと挨拶をしなくては失礼になると思い、遠くから「こんにちは!」と声をかけた。
急に近づいて相手を驚かせてはいけないと思ったからだ。

・・・・・・、反応がない。
不気味な沈黙が漂う。
時折、カサカサと歩き回る音が返ってくるだけだ。
ひょっとすると耳が遠いのかも?と思ってもう一度大きな声で「こんにちは」と声を4かけるが、無視されてしまった。

このまま立ち去ってしまっては、失礼になるばかりか案内してくれたNさんに悪いと思い、「あのーNさんと一緒に筍をいただきに参りました」と、馬鹿丁寧と思われるほど、丁重に挨拶をした。
「筍トリね」と一言。
やっと反応があった。
挨拶が出来たよかったと思った。

でもその男は、こちらを見ようともしない。むしろ顔を背けるような格好である。
黙って山に入ったので、機嫌が悪いのではないかと思い、もうちょっと近づいてフェイスtoフェイスで挨拶をして、機嫌を直してもらおうと思いどんどん近づく。
すると、なんと私を避けるように、私が近づいた分相手は先へ行ってしまう。
何故だ??・・・・
お人よしの私は「ひょっとしてはにかみやさんかな?」と思ったりしながらも、一応挨拶したんだからいいだろうと思い、私は筍採りをはじめた。

 その頃、一足遅れてNサン達が近づいてきたので、「Nさ~ん、ここのご主人がいらっしゃいますよ」と大きな声で伝えた。
「あーそうですか。帰ってきたのかな?」とNさんの返事。
ことの成り行きをNさんに伝えることが出来て、一案心と思ったそのときである、
その男が急に山から道路のほうに下りて行った。
なんと、そこには車が止まっていた。
それを追うようにNさんがその男に近づく。
するとその男はNさんの方を振り返るどころか、あわてて車を走らせて逃げていってしまった。
そこで初めて気がついた。筍盗りだったのだ!

 もう少し私が近寄って、筍盗りと顔を合わせていたら、どんな出会いになっただろうか。
太刀ならぬ筍を振り回した立ち回りにになっただろうか?
幻のまむしや猪と違って、本物の恐怖の報酬になりかねない一こまであった。
 盗りを採りと、とんだとり違いをしたものだ。!
[PR]
by matutaka31 | 2007-06-22 12:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

鳥達の巣立ち [2007-06-12]

カラスの親子 
 我が家の周りには、このところ一日中カラスとスズメの鳴き声の大合唱が続く。
とりわけ、カラスの鳴き声はうるさいと言うほかない。
それもそのはず、この時期、カラスの巣立ちの時期だから。

ガーガー騒ぎ立てるカラスをよく見ると、ほとんど3羽が一緒にいる。
両親とその子供に違いない。
その鳴き声は、我々にはガーガーカーカーと耳障りであるが、“這えば立て、立てば歩けの親心”のカラスの親子の会話だと思えば、その耳障りも薄らいでくる。

「ここまでおいでよ」
「ちょっと待ってよ」、「飛ぶのが怖いよ」
「駄目よ、そんなことでは!」
「おなかがすいたよ」
「それならここまで飛んでおいでよ」
b0008825_16163397.jpg

枝から枝へ、電柱から電柱への小飛行を繰り返し、ヨチヨチ歩きでやっとのことで親のそばまでたどりついた子カラスは、親カラスの口の中に嘴を突きこんで、食べ物をいただく。

先日、近くのひょうたん池を歩いていた時、木陰にこカラスがちょんと立っているのを見かけた。私が近づいても怖がる気配がない。
私は、巣立ちに失敗して親に見捨てられたのではないかと思い、近くにあるポンプから水を汲み、紫陽花の葉をロート型にして、水を飲ませてあげた。
ところがその直後、それまでどこにいたのか姿が見えなかった2羽の親ガラスが、私の頭上で、けたたましい鳴き声をあげたのにびっくりした。
その鳴き声と同時に、今まで静かにしていた子カラスがギャーギャーと騒ぎたてる。

「おかーさん(お父さん)助けて!」
「大丈夫かい、今助けてあげるからね」
多分、そんな会話だろう。
b0008825_16192651.jpg

私に対しては、「その子に近づくな!」
そんな威嚇だろう。
2羽のカラスは羽をいからせ、今にも私に飛び掛りそうな剣幕で絶叫している。
怖くなって立ち去ろうとする私を、ガーガー叫びながら頭上すれすれに飛び回り、何時までも威嚇してくる。
その物凄い迫力に圧倒され、思わす急ぎ足でその場を離れる始末であった。

人間社会では、親殺し、子殺しのニュースが絶えない。
そして「赤ちゃんポスト」なる珍妙な現象がまかり通る世の中になってしまった。
情ない世の中になってしまったものだ。

[PR]
by matutaka31 | 2007-06-12 23:13 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)