<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

再びあの涼しい音色が [2007-09-30]

 今朝もリーン♪ リーン♪と涼しげな音色が家中に響き渡る。
中秋の名月とともに消えてしまったこの音色、今年はもう終ったと思っていたのだが、昨日パソコン勉強会会場に、私のブログを観た友人が鈴虫の雄を持ってきてくれた。 

急に静かになってさびしいだろうから、との心遣い。
持つべきはよき友。感謝!感謝!

 早速、雌ばかりになった飼育箱に新参の雄を入れてやった。
そして我が家で獲れたキュウリとナスのご馳走も入れ、乾燥気味の床を少し湿らせてやった。

 丸々太った雌は、われ関せずとばかり悠然?と動き回り、時折ご馳走を食べている。
新参の雄はといえば、心なしか遠慮気味に動き回るだけで、なかなか雌の側にもご馳走にも近付かない。

 でも、しばらくすると雰囲気に慣れてきたのか、少しずつ動きが活発になり、雌の側に近付いたり、ご馳走を食べ始めた。
そして気の早い奴は、羽を広げて、涼しげな音色を奏で始めた。
これで安心だ。

 一寸気になるのは、♀・♂の比率が1:1から1:1.5になったことだ。
雄同士の競争が激しくなるのでは?
弱肉強食が演じられるのだろうか?

 もう一つ、気になることが。
一度交尾を終えた雌は、再度雄を受け入れるのだろうか?

この年になって、小学生の理科の勉強をすることになろうとは、考えてもみなかった。
でも、考えるだけで楽しい、そして生活に潤いが蘇るようだ。

 ま、分からないことはそのうち調べることにして、なにはともあれ遅い秋の訪れとともに、再び鈴虫の音色が帰ってきたのだから。それだけで十分、大事に飼育しよう。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-30 09:46 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

深夜の珍客 [2007-09-28]

 玄関も窓も締め切った我が家に、何処から侵入するのか、音も無く飛び込んでくる珍客がいる。
一度ならず2度3度と!

 最初はかみさんが驚いて悲鳴に似た声を上げた。
しかし度重なるにつれ、“また来た”“お父さんどうにかして~”
あとは私の出番で、応対も慣れてきた。(^。^)

 珍客は蝙蝠
きまって夜遅くお出でになる。
蝙蝠が入り込む家、さぞかし過疎地の古びた家、を想像されるかもしれない。
そうではない。
某大手住宅建設による築9年の我が家、窓には網戸がついている、しかも電気がついている居間に、何処から入ってくるのか最初は狐に包まれたみたいだった。
明るい部屋の中をぐるぐる飛び回る。
窓を開けて追い出そうとするが、なかなか出て行かない。
そんなにここが居心地がいいのか?と言いたくなる。

 調べていくうちに、2階の部屋のシャッターケースの中とエアコンがどうも怪しいとにらんだ。
建設業者に診断してもらった。
シャッターケースの両端にある小さな隙間から出入りするという。
その隙間を塞ぐことと、シャッターを夜間は常に下ろして置くことで進入を防げることがわかった。
でも、シャッターケースは窓の外。

 外と通じるのはエアコンしかない、とにらんでいたので念のため調べてもらった。
やはり居た!2階の室内機の中に。
何処から入るのだろうか?

 室内機と室外機を結ぶパイプのカバーのつなぎ目が少し開いている。
そこから入っているに違いない、そう考えた業者はそのつなぎ目をきちっと塞いだ。
これで完璧だ、といわぬばかりに満足げに業者は帰っていった。
私も、これで招かざる客が来なくてすむ、と思ったのだが、・・・。

 そんなことがあって、はっきり覚えていないが2年近く過ぎただろうか。
また同じエアコンから、夜が更けるとガサガサ音がする。
信じられないことだけれど、間違いなくその室内機の中である。

 再度建設業者に調査を依頼した。
今度はエアコンメーカーの人が来てくれた。
20年訪問サービスをしているけど、エアコンの中に蝙蝠が居たなんて、一度も経験してないし、考えられないことだとおっしゃる。

 カバーを空けてびっくり、黒い糞がバサーッと落ちてきた。
“本当だ”と驚きの声。
そして中を良く見ると、1匹の蝙蝠が居るではないか。
エアコンメーカーの人はびっくり仰天。

 その技術者はパイプと壁の隙間を塞いでくれたが、果たしてそれで十分なのか、本人も疑問の様子。
私も、どうしてそこまで蝙蝠がたどり着くのか、謎が解けない。

 改めて建築業者が点検してくれるという。
コンピュータを駆使した最近の建築技術も、蝙蝠の知恵には及ばないのだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-28 23:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

消えた鈴虫の鳴き声 [2007-09-27]

 中秋の名月の日を境に、我が家の鈴虫の鳴き声がプッツリ消えた。
さては満月の夜にお迎えの使者がきたのかな?
何時も一日中響き渡っていた音色が、急に聞こえなくなると気になるものだ。

 今日、ゴルフ場で一緒だった、育ての親に聞いてみた。
多分、恋が成就したのではないかな~、とさりげない返事。
“雄が生きているかどうか確かめて見ると分かるよ” とにっこり。
咄嗟にその意味が読めた。
カマキリを連想した。

 帰って早速飼育箱を覗いてみた。
4匹いた雄の姿が見えない、影も形もない。
雌の4匹は静かにのんびりと動き回っているのに。
う~ん、やっぱりそうか!

 泥縄式いや一夜付けとはこのことだろう、インターネットで鈴虫の生態を色々検索してみた。
あるある、正にインターネットは知識の宝庫だ。
やはり、育ての親が言ったとおりだった。

 雄は雌の気を引くために、ときには雄同士の勢力争いのために、懸命にあの鳴き声(音)を出す。
そして雌に受け入れられた頃には精根尽き果てて、体力が著しく弱ってしまうそうである。
いわゆる無抵抗の状態になった雄は、(悲しいかな?)雌に餌と思われ食われてしまうのだそうだ。
これも、雄の本懐だろうか?

 でも、すんなりそうだとは言い切れないふしがある。
中には運のいい雄もいて、雌の餌にならなくて別の相手を探す元気印の雄もいるというから。
どうやら我が家で飼育している雄の中には、そんな元気者はいなかったようだ。
何処からか別の血統の雄を仕入れて、雑種強勢を試みてみようかな。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-27 22:04 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

中秋の名月 [2007-09-26]

 昨夜は中秋の名月、今夜は十六夜、そして明日は立待ち月で満月。
こんな書き出しだと、さぞかし風流な詩でも読みそうな印象を与えるかも知れないが、何を隠そう、私は全くの風流音痴で、詩どころか川柳の一つも読めない無骨者。
満月を観て感慨にふけるような風流は、先天的に持ち合わせていない。

 でも、満月はやはりいい。
b0008825_21523513.jpg今年は、今年は中秋の名月を観賞してみよう、今年始めて飼育しているスズムシの音色が趣をそえてくれるだろから、と殊勝なことを考えていたが、晩酌でいい気持になってしまい、いつの間にか名月は頭から蒸発してしまっていた。


b0008825_21432942.jpg
 中秋の名月だというから、満月だと思いがちだけれど、今年は中秋の名月と満月は2日ずれている。
何故?
私にはどうでもいいことだけれど、ある程度の常識は身につけていないと恥をかくので、少し勉強してみた。
でも、本気で分かろうとしていないから、分かったようでも、他の人にうまく説明できるかというと自信がない。知ったかぶりはしないことにしよう。

 でも、中秋の名月くらい説明しておこう。
旧暦では、秋は7月、8月、9月の3ヶ月で、その3ヶ月の最初の月が「初」次が「中」最後が「晩」の月となる。
旧暦8月15日は、秋の中の月、つまり中秋となるのである。
では8月15日の月が、何故名月なのか?
いろんな説があるようだけれど、秋は収穫の喜びに満ちた気持で、澄み切った空に皓皓と輝く月を見ると、正に名月であったのだろう。

 ついでにもう一つ、
中秋の名月を「芋名月」とも言う。
この芋は、最近の若い人は「さつま芋」と思っている人が多いということを聞いたことがある。
でも、どう考えても、名月とさつま芋は結びつかない。
そうではなく、「里芋」であることは言うまでもない。
とれたての(洗い上げた)白くて丸い里芋は、お月様に供えるのに相応しいものであったのだろう。

 明日は、正真正銘の満月、晩酌を控えめにして満月を観賞してみようかな。(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-26 22:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

たまにはこんなことも [2007-09-24]

 太極拳の練習の後のランチタイム、いつものとおり行きつけの店へ。
ところが、・・・行きつけの店はクローズ。
そうだ、今日は秋分の日の代替休日。
サンデー毎日の私達にとって、そんなことはどうでもいいことで、休日=閉店なんてことは頭に無かった。

 仕方なく、海岸沿いにある海鮮料理店へ。
何時もそんなに混雑する店ではないので、何時ものとおりすんなり入れるものと思い込んで。
ところが、思い込みとは恐ろしいもので、ここでも予想しなかったことが、・・・。

 行ってみると、そこは行楽のお客さんであふれている。
駐車場は押すな押すなの混雑。駐車スペースを探して目の色を変えている。
でも、やっとのことで車を止めていざ座席へ。
普段愛想を振りまく従業員も、今日ばかりはそんな余裕は微塵も見受けられない。
“いらっしゃいッ!!”の声も聞こえない。

 大分待たされた後、やっとのことで夫々が注文した料理が並ぶ。
海鮮料理の店だけあって、なかなか豪華、でもお値段もそれなり以上。
ランチは半額との触れ込みであったが、今日は通常どおりの料金で、品によってはいつもの店のランチ料金の2~3倍。

そのころ隣の座席に座ったおばさん一行、私達のどんぶりを見て、
 “それ何?”
 “〇〇どんぶり”
 “美味しそうね”とニコニコしながら、
 “これにしようか、 これいくら(値段は)?”
 “1500円”
 “ワー高か~”(高すぎる!)
それっきり笑顔が消え、メニューとにらめっこが始まった。

やはり家計を預かるおばさんたちは逞しい。
確かに安くはない。
それをはっきり口にする、あけっぴろげがいい。

 窓辺から海を眺めると、ウインドサーフインを楽しむ若者達が、そして遠くには水上スクーターが弧を描いて走り去る、のどかな海がワイドに広がる。
私にとっては、どんぶりの中身や値段よりも、海を眺めながら気のおけない仲間達と談笑しながら飲む生ビールの味が最高!

一汗かいたあとのビールは、なにものにも代えがたい美味しさがある。
今はゴルフの後の一杯が出来なくなったので、なおさらのこと。

 何時も車に乗せてもらうので、運転される仲間に申し訳ないと思いつつ、感謝・感謝である。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-24 23:00 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

家庭菜園に定温保管庫が必要になる?[ 2007-09-24]

 今年の異常な猛暑、音を上げたのは人間ばかりではないようだ。
花木や野菜は言うに及ばず、乳牛の泌乳量が激減する等動植物全てに思わぬ影響がでているらしい。

 その一つ、我が家の保存玉ねぎが異常なほど腐ってしまった。
今年は、市の園芸講習会で教わったとおり、保存用品種を選んで、栽培及び保存方法当を忠実に守ったつもりである。
とりわけ保存に当たっては、期保存に耐えられるよう、良く乾燥させ、土が付着しないよう根をきれいに切り落として薄皮をはいで日陰に吊るしておいたので、願わくば来春まで持たせたいものだと思っていた。
二人く暮らしの我が家にとって、十分な収穫があったから。

 ところが、8月に入ると、その玉ねぎが早くも腐り始めた。
玉ねぎが腐ると、悪臭が漂のですぐわかる。悪臭が出始めると吊るした部分が軟弱になるので、ポトリまたポトリと落ちていく。
その量が今年は例年になく多い。
吊るしていた玉ねぎがどんどん減ってしまい、まだ9月末だというのに、もう数えるほどしか残っていない。
年内どころか10月まで持たなかった。

 我が家だけの現象であれば、栽培上の欠陥があったということになる。
栽培方法には自信があったが、いろんな人に聞いてみた。
すると異口同音に、どんどん腐ってどうしようもない、という返事。
近くの農協(JA)に聞いてみた。
やはりこの暑さの影響だろう、皆さん困っているとの返事であった。

 家庭菜園といえども、長期保存する作物には、定温倉庫が必要な時代になるのだろうか。
そんな情けないことは考えたくもない。
もう一度原点にかえって、栽培と保存の方法を見直してみよう。
何か猛暑に耐えうる方策が見つかるかもしれない。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-24 18:55 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

97歳の現役 [2007-09-21]

 この世には凄い人がいるものだ。
あまりの暑さに尻込みして半月ばかりゴルフを休んでいたが、先日、久しぶりにゴルフに行った。
メンバーは97歳を筆頭に80歳代、70歳代、60歳代、4人の平均年齢はなんと80歳。
ま~こんな組み合わせのパーティーはあまりないことだろう。
しかも35℃の炎天下で、周りの人達に迷惑をかけることもなく1ラウンドプレイするのだから、この97歳の化け物のような人のことを知らない人は、ウッソ~と言うに違いない。

 驚くのはまだ早い。
なんとこの方、奥様の体調が悪いので、奥様に代わり食材の買い物から炊事まで一手に引き受けているという。
そして料理の本で勉強しながら、メニューを増やし続ける料理の達人?でもある。
まだある。プロも羨む東洋ラン愛好家で、その数は200鉢近くあるという。

 そんな凄い人とは、私のホームページに登場するこの人である

氏の健康の秘密は何だろうか。
遺伝体質だろうか。否!
私なりに分析してみよう。

◆ 学生時代相撲部に席を置いたというだけに立派な体格。加えて、軍隊時代を通じて粗衣粗食に耐え体を鍛えてきた。

◆ 向上心が旺盛で研究熱心。 今でもゴルフのレッスンを怠らない、また料理のメニューを増やし続ける等、何事にも向上心が旺盛である。

◆ 今でも自分の歯を25本保っている。だから胃腸も丈夫で、食欲も人並み以上。

◆ 気配りが行き届くうえ、ネアカな性格で誰にでも親しみを持って接される。

 自分もそうありたいと思うが、所詮夢物語。
今頃気がついても、もう遅すぎる。そう、時計の針は戻せないから、・・・残念。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-21 21:39 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

「こつまなんきん」が「サラダカボチャ」に [2007-09-19]

 関西方面に関わりのある方でないと、「こつまなんきん」と聞いたとき思い浮かべるのは「今東光和尚」の小説、小柄で味のある河内女の物語ではなかろうか。

 ここで話題にするのは、勝間(こつま)南京(カボチャ)、つまり「こつまなんきん」である。
聞くところによると、このカボチャは現在の大阪市西成区玉出町付近(旧勝間村)が原産地であったことから、この呼び名が生まれたのだという。

 私は、関西から移り住んだ近所の方からこのカボチャをいただいたのがきっかけで、2年前からこの「こつまなんきん」を菜園で栽培している。

 蔓はあまり延びず葉も小さく、病虫害にも強そうで、狭いところでも作りやすいカボチャである。
実は600g~900gほどの大きさで、甘味が少なく、ホクホク感がないので喉をすんなり通る、食べ易さとサッパリした味が特徴である。
正に小粒ながら味のいいカボチャである。
b0008825_1838359.jpg

 このカボチャ、私の知り合いの間で、「サラダカボチャ」の異名で話題になり始めている。
今年春苗が余ったので、ボランテイアグループの近所の菜園愛好家に苗を差し上げたところ、このカボチャがたくさん採れたため知人におすそ分けしたそうである。
ところが、味噌汁の具にしたり、サラダで食べると美味しいと評判になり、「こつまなんきん」ならぬ「サラダカボチャ」の異名で囁かれていると言う。

 大阪の産地ではけしからんと言うかもしれないが、食感と実用の面から生まれたネーミング、ひょっとすると甘いカボチャに飽きたグルメにとって、面白い話になるかも?
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-19 18:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)

Windows Vista(ビスタ)

 今日はWindows Vistaの講習会に参加した。
私自身さし当り買い換えるつもりはないけれど、私が所属しているパソコンクラブでWindows Vista(ビスタ)搭載パソコンを1台買ったので、その概念を掴んでおきたかったからだった。

 私はWindows98から2000そしてXPへと移って来た。
98から2000へはすんなりと移行でき、2000からXPへは多少の戸惑いはあったものの、さほど問題はなかった。
ところが今日見聞したVistaは、私の想像をはるかに超える内容で、今までのOSのイメージを劇的に変えてしまうような印象を受けた。

 その内容を具体的に示すほどの知識はないが、今までのXPを手作りに例えるならば、Vistaはオートメーションに乗せて一気に魅惑の別次元に誘導する、そうゆう印象を与えてしまう代物のようだ。

業務用だけでなく家庭用のパソコンにおいても、処理速度を早める工夫や利便性・セキュリティ対策等、ユーザーのニーズに応える改善・工夫が随所になされている。

 今や書店のパソコンコーナはVista一色、我が家の本棚にあるXPや2000の参考書は早晩ゴミ箱行きになる運命のようである。

 私は更新サービスが続く限りXP利用を継続しようと思っていたが、どうやらその切り替え時期を早めなければならなくなったような気がしてきた。
また、新たな挑戦目標ができた。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-17 22:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

一女性の些細と思える提案であるが・・・[2007-09-16]

 私が所属しているボランティア・グループの例会の折、先の暑気払いの幹事から会計報告があった。
「会員有志からいただいたご芳志のお礼と、収支に若干穴が開いたが幹事と世話役の責任で処理することにして帯を結んだ」旨の報告であった。

すると女性会員から、
“その時の雰囲気によっては、会費内で収まらないこともある。幹事に負担をかけるのは気の毒だから、追加徴収していただきたい”と温かいお気遣いが。

 男性社会では、幹事が一旦引き受けた以上その額でやりくりするのは当然とばかり、よほどのことがない限り追加徴収することはない。
だから、男性会員は当たり前といわぬばかりで、何も反応がない。
少々予算をオーバーしたからといってあまり意に介しない、そうゆうやり方に慣れきっているためだろう。

 一方女性は、一定の収入の中で毎日家計をやりくりしているのだから、しかも家計簿をつける習慣があるので、現金収支には細かい気配りがあるのは当然だろう。

 今回の申し出は、単に金銭の問題だけではなく、みんなで傷みを分かち合おう、という心温まる提案であり、このような細かい気配りがあればこそ会員の心が一つにまとまり、固い結束につながっていくのだと思うと心から感謝せずにはいられない。

 定年後の男性が現職の頃の地位や慣習を引きずるため、なかなか地域社会に溶け込めないケースはよくあることだ。

 この一件は些細なことだけれど、定年後の男性が地域社会で触れ合いの輪を広げていくためにも、このような女性の感性を理解しなくてはいけないのではなかろうか。

結局追加徴収しないことで落ち着いたが、我々のこれからの活動に対して一石を投じたことに違いない。
[PR]
by matutaka31 | 2007-09-16 15:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)