<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

友 遠方より来る

  3月23日の昼下がり、博多駅新幹線ホームで、千葉に住むかっての職場の同僚とおよそ15年ぶりの再会を果たした。夫人と連れ立って列車を降り立った彼の笑顔を見たとき、それまでの私の杞憂は消え去り、懐かしさがこみ上げ、抱擁こそしなかったが力強く握手を交わし再会を喜び合った。

 彼は、8年前趣味の弓道の練習中軽い脳梗塞を患ったと聞いていたので、その後遺症で精神的に落ち込んでいるのではないかと密かに心配していたが、やや歩行が不自由なこと以外は至極元気で、持ち前の明るい性格は以前とちっとも変わっていなかった。 一緒に出迎えたのは、大宰府に住む、やはりかっての職場の仲間O氏。

 その彼と15年ぶりの再会を喜び合いながら握手を交わしたとき、彼の心の強さと生き様を目の当たりにして、私は“人間逆境にあってもかくあるべし”と教えられたようで心から嬉しくなった。 
 本人の希望にそって、その日は0氏の案内で大宰府天満宮・都府楼跡・観世音寺等を案内、翌日は私の案内で福岡市大濠公園・福岡タワー、志賀島・筥崎宮を巡り、福岡の歴史を語りながら古き昔に思いを寄せ、福岡の良さを満喫して貰った。

 気の置けない者ばかりだから、積もる話の連続で、この二日間話が途切れることはなかった。国内であれば、どこだって数時間で行けるようになった咋今だから、その気になればいつでも会えるはずなのだが、現実には何かきっかけがないとなかなか実現しないものだ。 
 それだけに、旧い友人との再会は、懐かしさと嬉しさにあふれ、これ以上の表現はないほどの喜びにつつまれる。

 23日の夜、ホテルの居酒屋で友人のご夫人も同席いただいて、久しぶりの再会を記念して乾杯をする。友人は脳梗塞の後遺症でほんのチョッピリビールを飲むだけだが、洪水のごとくあふれ出る話題は、同じ苦労をした人間だけに通じ合う心がはじけるようなもので、尽きることなく延々と続く。思い出深い空白を一気に埋めるように、往時を懐かしみ、むさぼるように旧交を温める。
 気がつけば、時計の針は10時を回っていた。
通常であれば、彼はもうとっくに床について、夢の世界にいる時刻である。

 2日間の、再会はアツと云う間に過ぎてしまった。
それ程に密度の濃い2日間であった。
彼の来福を祝福するように、それまでの雨もやみ、翌日は快晴になったが残念ながら春霞に煙り、眺望がやや遮られたが志賀島展望台の360度の雄大な展望はいい思い出になったようだ。

 友人夫妻は福岡でのの思い出を一杯胸にしまって、次の訪問地佐世保へと旅立っていった。
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-26 21:39 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

エシャレットで晩酌

 このところ、我が家では晩酌の肴にエシャレットが加わる。
私の菜園で採れるエシャレットが、今正に旬を迎えているから。
採れたてのエシャレットを独自の調理味噌を付けて生のまま食べると、エシャレットのシャッキツとした歯ざわりとピリッくる舌触りが調理味噌とうまく調和して、なんとも言えない味覚が口の中に広がり、晩酌の味を引き立ててくれる。
b0008825_1154968.jpg

 エシャレットは、一般的にはモロミを付けて食べるようだが、我が家独自の調理味噌との組み合わせて食べる方がはるかに美味しい。
 その独自の調理味噌とは何もの?と疑問を抱かれると思うが、この調理味噌は、私の先輩が長年工夫に工夫を重ねて作り上げた、栄養満点・味満点の全国何処の店を探しても同じようなものは手に入らない一品である。
 その先輩から秘蔵のレシピを伝授していただいて、忠実に我が家で作っている代物なので、その内容は公開できない。(^。^)

 エシャレットとは、ラッキョウを軟化栽培したものだと云われるが、根の部分はやや扁平でしゃくれていて、丸茂をおびたラッキョウとは形が少し違うので、ラッキョウの軟化栽培に適した品種ではないかと思われる。勿論よく似た名前のエシャロットとは似て非なるものである。

 私は毎年エシャレットを家庭菜園で栽培している。 
栽培方法はいたって簡単である。
昨年までの反省で、今年は何時もより深植えにして、その後成長に合わせて2度土寄せをして軟化栽培に努めた結果、白い部分が大分長くなった。b0008825_11551755.jpgb0008825_115539100.jpg

 このエシャレットは、どちらかといえば酒の肴として料理屋で使われてきたようだが、最近では家庭料理にも普及してきた。 毎年自分の家だけで食べきらないので、近くの親しい方におすそ分けしているが、中には“こんなに美味しいものを今まで知らなかった”とおっしゃる方もあり、別の意味での野菜作りの醍醐味を味わっている。

 よくエシャロットと間違えられるようであるが、エシャレットは勿論エシャロットとは全く違うものである。その違いは、「Wikipedia」の解説が判りやすい。

日本のエシャレットについての「Wikipedia」の解説
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-23 10:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

ミニ花菖蒲園の愉しみ

 我が家では、5月末から6月上旬にかけて、それまで影も形もなかったミニ花菖蒲園が、突如として我が家の玄関や軒先に出現する。

 私は、玄関や居間の窓を開けるとそこに花菖蒲が咲き乱れている光景をイメージしながら、今年も花菖蒲の鉢植えをすすめている。 今年は25株程鉢植えするので、一株2~3本の花芽が伸びるとして、最盛期には5~60本の花菖蒲が咲き乱れることだろう。
b0008825_1118124.jpg
昨年の様子(一鉢4株植え)

 多くの方は、花菖蒲といえば広い菖蒲園を想像されるので、住宅地の狭い庭にどうしてそんな沢山の花菖蒲を咲かせることが出来るのか、不思議に思われるだろう。
 ご他聞にもれず我が家の狭い庭は、他の花や植木で足の置き場もないくらい混雑しているから、残念ながらそんな余裕はない。 だから鉢植えをする以外に方法はないのだが、2~3鉢ならいざ知らず、大量の鉢を花が咲かない11ヶ月間も狭い庭を占領させることは出来ない相談である。

 そこで、大宰府に住む友人に教わった方法なのだが、花が終るとすぐ株分けをして、ポットで育てる方法をとっている。 ポットであれば、鉢ほどのスペースをとらないし、パットに入れて置くと、空いている場所に自由に移動させることが出来る利点がある。 つまり、狭い庭を占有する期間を短くし、花の時期だけ場所を確保して、ミニ花菖蒲園を演出をするという算段である。
この方法であれば、軒先やベランダでも、簡単に出来る。
しかも花菖蒲は病虫害に強いので、素人でも栽培できる。
b0008825_1185879.jpg

 私はそのポット苗を、日当たりのいい家庭菜園で、新芽が出る直前まで育てる。 そのため、1年の大半は、鉢を置く場所の心配もない。
 約8ヶ月間窮屈なポットの中で育った株は、太陽を十分に浴び、はちきれんばかりぎっしり根が張っている。 ポットよりやや広い鉢に植替えられた苗は、長い間の抑圧から開放され、一気に栄養と水分を十分吸収して立派な花芽が成長する。
b0008825_118377.jpgb0008825_1133312.jpg

 使う鉢は、特別のものではなく、そこいらに放置されている空鉢やプランターなど種々雑多だ。鉢植えでなくても、そのままポットで咲かせる方法もある。

 もう新芽が伸び始めているので、今年もあの艶やかな花を、居ながらにして楽しむことが出来そうだ。

           マイホームページ
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-19 11:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

土筆の卵とじ

 先週、隣まち前原市郊外に、家内と土筆採りに行った。
毎年良く行く静かな山間の田圃の土手で、側の小川では澄んだ水が音もなく流れ、空には雲雀がピーチク~パーチク天まで届けとばかり賑やかにさえずっていた。

 先客が居たようで、土手のあちこちに足跡がある。それでも1時間ばかりの間に、まずまずの収穫があった。
家に帰り、早速二人でたわいない世間話をしながら、ハカマをとる。
親指と人差し指の先が真っ黒になる。
このハカマとりは、忍耐がいる。
私は、その後の卵とじの味と子供や孫達が喜ぶ姿を思い浮かべながら、ひたすら指先を動かす。

 ハカマをとり終わった土筆を3等分して、その1/3を我が家に残し、2/3は東京と西ノ宮に住む子供達に、夫々春の便りとして送り届けた。

 その夜、採れたての土筆の卵とじが食卓に並んだ。
私は、この卵とじが大好きだ。ほろ苦い味が、なんとも言えない春の味覚を感じさせるから。
お陰で晩酌のお湯割り焼酎が何時もより1杯増えてしまった。(^。^)

 後日、子供や孫達から、“美味しかった、有難う”の嬉しい便りが届いた。
b0008825_9334334.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-03-18 09:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

我が家にウグイスが来た

 今朝、何時もより早く起きて着替えをしていると、ホーホケキョ♪と聞こえたような気がした。
???空耳かな?
誰かが、鶯の口笛でも吹いているのかな~・・・・
するとまた、ホーホケキョ♪ ホーホケキョ♪と聞こえる。
まさか?瞬間、我が耳を疑った。
間違いなく本物の鶯の鳴き声だ。時にはホーホケキョ♪のホケキョがはっきりしないときがある。
じっと息を殺して次を待つ。
しばらくすると、ホーホケキョ♪のさえずりが、静まり帰った朝の空気に響き渡る。
思いがけない出来事に、心がときめく。

 ここに住んでもう10年になるが、我が家で鶯の鳴き声を聞いたのは始めてである。
凄い! 
嬉しい早朝の来訪者、大歓迎!
「いつも来ているんですよ。あなたが気がつかなかっただけですよ。」と言っているのかも。

 最近、スズメの大群やヒヨドリに混じってよくメジロが来るようになったが、今度は鶯が来てくれた。  いつもならシャッターを上げて窓を開けるところだが、そのままジーッと聞き耳を立てる。

 この目で確かめたくて、そっと玄関のドアーを開けて外を窺う。
すぐそばの山茶花の枝にいる。ときにチャッ、チャッと地鳴きを繰り返す。
気付かれないように、そっと外に出る。
逃げる様子はない。
別の柊木犀の木に、もう一羽いる。
こちらは、まだ子供なのか泣き声が澄み切っていない。ホーホゲホゲ♪ホーホゲと聞こえる。
心なし声も小さい。

b0008825_11425846.gif寒さも忘れて、じっと立ちつくす。
何かしら心が洗われるような、清々しい気持になる。
その時、近くの家の車のエンジンの音が響いた。
気がつくといつの間にか鶯の鳴き声も消えていた。
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-12 11:51 | 思いのまま | Trackback | Comments(9)

早春の八女路を歩く

 昨日、町内のボランティアグループメンバーで、JR九州のウオーキング 「雛の里 八女ぼんぼりまつりと喜多屋の酒蔵開き」に参加した。
 グループでウオーキングを計画するには事前のコース下見が必要になるが、コース管理が行き届いている、JRの大会に便乗すれば下見の必要がなくなるので助かる。
 昨日は、早朝の局地天気予報に反し、スタート地点、羽犬塚駅に到着した頃からポッポッ降り始め、歩くのに困るほどではないが、生憎、雨のウオーキングになってしまった。

 八女伝統工芸館では、仏壇つくりの匠の技に見とれてしまった。設計図はなく指先で細かな作業をするこの伝統工芸は、近年中国やベトナム製品に押され、今では後継者がいないため、やがて廃れてしまう危機に瀕していると言う。 惜しいことである。

 江戸時代の風情を残す町家横丁に長年保存されてきた雛飾りを観ながら、歩く。八女では江戸末期頃から雛人形作りが始まり、現在では九州一の生産地になっていると言う。この横丁では軒並みにお雛様が飾られているが、日頃お雛様に関心の薄い男性の目にも見応えのある、なかなかのものである。
 堺屋(旧木下家の屋敷)では、澄み切った水禽窟の音色に耳を傾け、往時の富豪の生活ぶりに思いを馳せる。

 そんなぶらぶら歩きをして、やっと蔵開きで賑わう喜多屋に到着。左党族にとっては、この時期この場所でしか味わえない独特の雰囲気を味わう楽しさがある。一歩中に入ると凄い人出だ。とてものんびり喜多屋の新種を味わうような雰囲気ではない。
 100円の利き酒用コップを手に入れ、ショボ降る雨もなんのその、押し合いへしあいしながら、何杯か搾りたての新種を味わった。次第に体が温まり、ウオーキング途上であることを忘れそうになる。
 でも幹事の立場上、もう一杯をこらえて、未練を残して喜多屋を後にした。

 途中、こんにゃくや饅頭を頬張り、八女茶をご馳走になりながら、笑いあり、おしゃべりあり、新たな出会いありの8km、約4時間の楽しい愉快なウオーキングだった。 スタート時は9名だったが、途中から意気投合した女性1名が加わり、いつの間にか10名になっていた。

b0008825_9504772.jpgb0008825_9431459.jpg

b0008825_9434565.jpgb0008825_944695.jpgb0008825_9443376.jpg

b0008825_9453469.jpgb0008825_946116.jpgb0008825_9464064.jpg
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-10 22:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

本格的なボランティア活動の季節になった

 毎週金曜日は、町内のひょうたん池花壇管理活動の日である。
1~2月の冬季は、必要最低限の活動に止めてきたが、植物の活動が活発になるこの季節になると、毎週1回の管理活動は欠かせなくなる。
 この地域の憩いの場所として、ひょうたん池を訪れる人々の心が和むよう、四季折々の花を咲かせるのが我々の活動の最大の目標だから、一時も管理の手を緩めるわけにはいかない。

 天気は上々、気温もそこそこに上がり、それ程の寒さを感じさせない。
久しぶりの野外活動で、会員の皆さんは元気そのもので表情も明るく、動きもなんとなく活気が感じられる。 

 クラブ会員は現在18名であるが、用事が重なった人を除いて、多くの方々が元気な姿でを見せてくれた。 発足して3年半になるが、もう義務的に参加している人はいない。 いま何をしなくてはならないか、みんな分かっているから、みんな明るく会話を交わしながら、手際よく作業をが進む。

 このクラブの活動は、町内の所帯数から見るとまだほんの一塊の集団に過ぎないが、地域住民が心を一つにしたボランテイア活動が着実に根付き始めていることの証だと思われ、これから先この種の活動の輪の広がりのきっかけになってくれればと願っている。

 毎度のことであるが、活動を終って、別れ際に“お疲れ様でした”と笑顔で挨拶し合うとき、言葉で言い表しようのない喜びと満足感に包まれる。

b0008825_21505488.jpgb0008825_21511686.jpg

私の小さなボランティア活動をご笑覧ください
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-07 22:10 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

なごり雪

 今朝窓を開けると、そこは雪景色だった。
どこかで読んだようなフレーズであるが、それは昨夜から降り積もっていたので、ある程度想像できた景色であった。と言うよりどれくらい積もっているか興味があった。新聞では「なごり雪」と報じていたが、正にそのとおりだろう。

 福岡市の西部 糸島方面で、3月に雪が降るのは珍しいと思われがちであるが、 この時期のなごり雪はそう珍しいことではない。私のメモ帳によると平成17年(2005)3月6日、昨日と同じように積雪5cmのなごり雪の記録がある。 その前の2004年の3月6・7日、小雪とある。
 この地に居を構えて10年になるが、どうやら3月上旬(6日前後)は、この地域のなごり雪の季節らしい。

 先の“春一番”、春雷に続いてこの“なごり雪”が、最後の春の使者であろう。
いよいよ春本番到来!と思うと、年甲斐もなくワクワクして心が弾む。
家庭菜園では春野菜の準備が始まり、山歩き、芝刈り(ゴルフ)等々、一気に忙しくなりそうだ。
b0008825_1033398.jpgb0008825_10332372.jpgb0008825_10334623.jpg
b0008825_1034146.jpgb0008825_10344347.jpgb0008825_1035535.jpg

平成17年3月7日朝 我が家の風景
b0008825_10443225.jpgb0008825_10445399.jpgb0008825_10452486.jpg
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-05 10:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

春の足音が聞こえる

 今日は久しぶりにのんびり出来たので、午後早めに散歩に出かけた。
家を出て15分も歩くと、そこには田圃や畑が広がる、糸島ののどかな田園風景がある。
天気は晴れで、時折そよ風が吹く絶好の散歩日和だ。

もうあたり一面、春の雰囲気だ。
空にはひばりが、威勢よくさえずっている。
小川には鴨がのんびり泳いでいる。
時折、勢いよく羽ばたきをして、ぼんやり歩いている私を驚かせる。

南向きの田圃の土手には、早くも土筆が顔を出している。
そして、畦のクローバーも緑が濃くなった。
川の土手にはからし菜の可憐な花が咲き誇っている。
畑では菜の花が真っ盛り。
b0008825_1803727.jpgb0008825_181618.jpg
b0008825_181457.jpgb0008825_1831392.jpg







ビニールハウスの中を覗いてみた。
そこには、収穫間近の美味しそうなイチゴが、みずみずしい姿を横たえていた。
あ~もう春だな~。b0008825_184884.jpgb0008825_1843458.jpg

このような自然に恵まれた糸島の環境も、残念ながら早くも黄砂の来襲で太陽がぼんやりかすんでしまって、だいなしである。。
[PR]
by matutaka31 | 2008-03-02 18:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)