<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

呼子界隈を歩く

 まだ産毛が一杯の「イッペー歩こう会」、9名のメンバーによる一泊二日の小旅行で門出を祝った。

<初日のコース>
福岡市西区・・・→佐賀県玄海町「浜野浦棚田」・・・→玄海エネルギーパーク(原発に隣接)・・・→名護屋城跡・・・→呼子(泊 イカ料理三昧)

<二日めのコース>
呼子朝市・・・→呼子大橋~田島神社・・・→風の見える公園・・・→相知町見返りの滝・・・→鏡山・・・→福岡市西区

 気心が知れた仲間9人による、何の気兼ねもなく気楽なウオーキングというよりドライブを楽しむ、呼子のイカ料理三昧と朝市をメインとする一泊の旅であった。終始和やかな雰囲気で、雨で洗われた自然の景観を楽しみながら過ごした雰囲気を記憶にとどめるため、訪れた先々の一こまを記しておくことにしよう。

浜野浦棚田(HPへ)
b0008825_21594495.jpgb0008825_2201553.jpg
日本の原風景ともいえる棚田。 切り立った畦にへばりつくように農夫が草を刈り取っていた。このような陰の苦労で日本の米が確保されていることを思うと、頭が下がる。
b0008825_13421391.jpg

玄海エネルギーパーク
b0008825_2235384.jpgb0008825_2242015.jpg
九州の総電力の約30%を供給している玄海原発。安全・低コストを熱心にPR

b0008825_2291425.jpgb0008825_2293751.jpg
観賞用温室にて

名護屋城跡
b0008825_2210471.jpg
太閤が 睨みし海の 霞かな   青木月斗の句碑
名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮半島への出兵の拠点として、松浦党波多氏の居城をわずか5ヶ月足らずで大改築した、大阪城に次ぐ大規模な城であったという。
呼子漁港
b0008825_22173476.jpgb0008825_2218727.jpgb0008825_22191026.jpg
イカ釣り船は出漁を見合わせて、港一杯に停泊中

呼子朝市
b0008825_22312193.jpg
朝市も人出が少なく、心なし静かであった。

田島神社
b0008825_22343983.jpgb0008825_223562.jpg
                               蒙古軍船の碇石

風の見える丘公園
b0008825_22395967.jpg
b0008825_22403051.jpgb0008825_22405691.jpg
風が強く、帽子を吹き飛ばされる一幕も。果たして風の色は何色に見えたか?

見返りの滝
b0008825_2242812.jpg
b0008825_22423495.jpgb0008825_2243098.jpg
滔々と流れる滝を背景に、雨に濡れた紫陽花が殊の外綺麗だ!

鏡山(HPへ)
b0008825_2334339.jpgb0008825_2341498.jpg
その昔、この地に住む松浦佐用姫(まつらさよひめ)が恋人との別れを惜しみ、鏡山の頂上から領布(ひれ)を振り、遠ざかる恋人が乗った船を見送たという伝説の山
[PR]
by matutaka31 | 2008-06-29 23:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

皇帝ダリアの芯止め

 庭に植えた皇帝ダリアが今年も順調に成長している。
このまま自然に伸びるがままにしておくと、背丈が高くなり始末が悪くなるので、私は必ずこの時期に摘心をすることにしている。

 芯を止めると、背丈をある程度低く抑えることが出来るうえに、側枝の数が増えて花の数も増えるので、一石二鳥の効果がある。
 1回目の摘心で3~4本の側枝が伸び、その伸びた枝先をもう一度摘心すると、そこから更に2~3本の枝が伸びるので、1本の茎から6~8本の枝が伸び、将に名前のとおり豪華な皇帝ダリアに成長していくのである。

 私は、摘心する位置は細いところ(先端部分)を選び、雨の日は避けてなるべく晴れた日にするようにしている。先端の細い場所だと切断した部分の乾燥が速いが、茎が大きくなった部分を摘心すると、茎の空洞部分に雨水が溜まり、腐敗して枯れる場合があるからだ。

 背丈をある程度低く抑えると言っても、それでも3m以上伸びるので、勿論頑丈な支柱は必要である。
b0008825_226080.jpg
昨年の古い株から出た今年の新芽で、勢いが良い。 1回目の摘心で、既に5本の側枝が伸びている。
b0008825_2263189.jpg
今年育てた新しい苗。1回目の摘心で、4本の側枝が覗いている。
[PR]
by matutaka31 | 2008-06-27 22:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

庭の花菖蒲

 庭先に植えた鉢植えの花菖蒲の花が、今年も咲いた。何時もより1週間位遅かったように思う。ポットで育てていたものを3月に鉢やプランター^に寄せ植えをしたものだ。
 他の花で埋め尽くされた猫の額みたいな庭の隙間に、とびとびと無造作に置くしかない有様だから、庭のあちこちに花菖蒲が咲いている状態になってしまった。
b0008825_21303791.jpg
b0008825_2132542.jpg

b0008825_21341248.jpgb0008825_21345451.jpg

b0008825_21361945.jpgb0008825_21353547.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-06-26 21:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(1)

二人合わせて199歳の祝賀ゴルフ会

 平成20年6月11日、福岡市早良区 セブンミリオンCCで「井手干樹様上寿、神武半十郎様白寿 祝賀ゴルフ会」が開催された。
 私はゴルフ場から参加のお誘いを受け、元気なお二人の記念すべきコンペのお祝いしたい気持は勿論のこと、お二人の元気ぶりを自分の目にしっかり焼付け、叶うことなら自分もそうありたいものだと密かな願いを込めて喜んで参加した。

当日は生憎の雨。それでもお二人の熱意に触発され、みんな雨をものともせず元気一杯プレーされた熱い一日であった。
二人合わせて199歳 お達者ゴルフ
b0008825_2194726.jpgb0008825_21124948.jpg
    
[PR]
by matutaka31 | 2008-06-20 21:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

太極拳の効果を教わる

  先日、日本健康太極拳協会福岡県支部の研修会で、講師の九州大学病院リハビリテーション部 高杉紳一郎先生の講演を聴くことが出来た。
 日頃の練習で、教室の木下師範から色々教わっていることを、医者の立場から実証例を基に科学的に分かりやすく話をしていただいたので、これから練習を重ねる上で大変参考になることばかりであった。

 その中で、とりわけ私の太極拳に対する思いを一層強くした言葉がある。
「病気でもないのに寝たっきりになるのを防ぐ」 の一言、普通に考えるとごく当り前のことであるが、寝たっきり状態の「要介護」対象になっている人の中に、転倒・骨折が原因で寝たっきりになってしまう人が意外と多いことである。 私の亡父もそうであった。92歳の時つまずいて大腿骨骨折、手術後の経過が思わしくなく、96歳でこの世を去るまで寝たっきりになってしまった。
 転倒さえしなかったら、そして骨折さえしなかったら寝たっきりになることはなかったのに! 後になってそう考えるのは本人だけでなく、身内の人もまた同じである。 特に年を重ねるに従って転倒・大腿骨骨折の危険が増えるのだから、高齢者にとって転倒予防策が如何に大切なことであるかを改めて考えさせられる。

 転倒・骨折の主な原因は、多い順に「つまずいた」 「滑った」 「足がもつれた」 「ぶっつかった」 「自転車」 「段差の踏みはずし」の順になっているという。
 転倒しないような体力を維持するには、特に「筋力アップ」 「バランスの向上」 「骨粗鬆症の予防」 「柔軟性の向上」等が大切だという。このような体力を維持する運動では、太極拳が最も効果的であることが科学的に実証されていると先生はおっしゃる。

 太極拳の効果には、転倒骨折防止に役立つ運動要素が全て含まれていて、加えて「メタボ対策」の要素もあるから、他の運動では得ることが出来ない効果が期待できるそうだ。しかも太極拳は、年齢に関係なく、いつでも、何処ででも、一人ででも出来る運動であるから、これ以上効果的な運動はないと思うと、“太極拳をやってて良かった” “これからもずっと続けよう”そういう思いを強くした研修会であった。
[PR]
by matutaka31 | 2008-06-12 17:22 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

旬の味

 家庭菜園の醍醐味の一つに、その時にしか味わうことが出来ない旬の味覚がある。スーパーなどで売られている野菜の多くは、今やハウス栽培が主で、見かけは綺麗であるが露地栽培特有の自然の味とは程遠い、個性を感じさせないものばかりである。

 私は家庭菜園を営んでいるが、当然のことながら100%露地栽培だから、そこで採れる野菜は、雨風にさらされながら太陽の光を一杯受けて育つから、その野菜が元々持っている味そのものの、個性のある野菜である。  だから四季折々の旬の味覚を味わうことが出来る

 我が菜園で、今、収穫の時期を迎えているものに、空豆、玉ねぎ、じゃが芋がある。 空豆は、莢が下向きになってから指先で実の硬さを探りながら、早からず遅からず収穫適期を見極めて収穫する。 取れたての空豆のとろけるような味は、スーパーなどで買いも求めた空豆では決して味わうことが出来ない旬の味そのものである。
b0008825_18232176.jpg


 昨日は、じゃが芋(男爵)の試し堀りをした。
丸のまま皮も剥かず茹でて食べてみたが、それまで店から買っていた新じゃが芋とは比べ物にならないほどの美味しいさであった。 これも今ならではの旬の味である。
b0008825_18225783.jpg


 1年を通じてその時々の旬の味を味わうことが出来るのは、正に家庭菜園を営む者の特権である。そしてこのような機会に恵まれた環境と自然の恵みに感謝!感謝!の日々である。
[PR]
by matutaka31 | 2008-06-02 18:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)