<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カタカナ語

 久しぶりに共感できる朝日新聞「天声人語」に出合った。
書き出しはこうだ。
「鬼籍に入る」と言う言葉がある。その意味を女子大生にたずねたら、「長男の嫁になること」と応える者が多かったそうだ。
 やはり若い女性には、姑=鬼婆のイメージにつながるのだろうかと考えると可笑しくなるが、では舅はどう映るのだろうかと考えると複雑な気持になる。
 それは兎も角として、確かに最近では??と首を傾げたくなる言葉や、全然意味の判らない会話を耳にすることがある。ところが一方では、日本にわずか2~3年しか住んでいない外国人が、日本人より綺麗な日本語を流暢に話すのを聞く機会も増えてきた。その度に、本当の日本語は今後どうなるのだろうかと気になる。
 「日本の全ての人がそうなっているわけではないので、気にすることはない」、という意見もあるだろうが、誤った日本語が当り前になったとき正しい日本語は何処へ行っててしまうのだろうか、そのような時になってから正しい日本語を取り戻せるのだろうか。

天声人語ではこうも指摘している。
・・気になるのはカタカナ語である。多いと感じる人が8割を越す。開化期の文化人たちは、なだれ込む外国語と格闘し、・・・片っ端から新しい日本語の服を着せた。いまは裸のまま、ネットに雑誌にカタカナが躍る
 今から10年余前になるが私がパソコンを始めた時、このカタカナ語に閉口した。パソコンの本を開けば、いきなりカタカナ語のオンパレードで、文章は読めるけど意味が全く読み取れない、だから読む気力も失せてしまう惨めな思いをしたことを忘れない。
 そして10余年経ったいま、多少カタカナ語に慣れてきたとは言え、残念ながらパソコン用語辞典は片時もはずせない。書店では初心者向けのパソコン教材が並ぶが、特に高齢者がこれからパソコンを始めようと思ってこの種の本を買ったとしても、果たしてどれだけの人が内容を理解できるだろうか、それよりこの種の本を読みながら格闘しなければならない人のことを思うと気の毒になってしまう。
[PR]
by matutaka31 | 2008-07-28 22:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

九重“夢”大吊橋

 大吊橋に興味があったわけではないが、町おこし事業として約20億円もの経費をつぎ込んだ事業とはどんなものか、そして開通以来予想を大幅に上回る観光客を集めている“夢”大橋とはどんなものか、一度この目で見ておきたかった。

 確かに高さ173m・長さ390mの吊り橋の上からの景観は壮大である。
でも、開通後もう2年になろうとしている今でも、橋を渡ろうとする人が一杯で、立ち止まるのも気がひけるような混雑のうえに、吊橋特有のゆれで高所恐怖症の人ならずとものんびり周りの景色を楽しむような雰囲気ではなかった。

 それなのに、これほどまでに人を集めるのは何故だろうか。
多分「日本一の大吊り橋」のキャッチフレーズが、多くの人の心を引き付けているのだと思う。確かに吊橋の規模といい、天空から見下ろすような壮大な景観は日本一の大吊り橋ならではのものに違いないし、山登りと違って車でその場に行けることがうけているものと思われるが、そればかりではないように思われた。
 と言うのは、観光客の中に大勢の外国人(アジア系の人達)が目立つことや、お年寄りの団体が多いこと考えると、どうやら旅行業者の企画が効を奏している面もあるように思えてならない。

 この“夢”大橋の本当の良さを実感するには、もう少し時を経て、天気の良い日にゆっくり天空を散歩するような気持になれるときに訪れるのがいいように感じられた。

 それとは別の視点であるが、私も現職の頃大型プロジェクトを企画立案したことがあるので、九重町という1自治体で、この事業の企画がどのようになされたのか、そしてどうゆう経過を経て実行に移されたのか、あまり表に出ていない事情を機会があれば聞くことが出来たらいいなーと密かな興味が湧いてきた。
b0008825_1844271.jpg
b0008825_18445360.jpgb0008825_18451413.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-07-25 23:23 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

高千穂

 先日、神話と伝説の里、高千穂を訪ねた。
若い頃、延岡市から福岡へ車で帰る途中この高千穂を通ったことがあるが、ゆっくりする間がなかったので一度ゆっくり訪ねてみたいと思っていた。

 その高千穂へ行くチャンスはひょっこり訪れた。
東京在住の娘が、連休を利用して帰って来るので高千穂へ行ってみたいと言う。
私達夫婦にとっては、願ってもないチャンスである。
二つ返事で揃って出かけることにした。
ホテルの手配や行ってみたいポイント選びは、娘が全てインターネットで手配してくれたので、私はただ車の運転だけを引き受ければいいことになった。

 途中渋滞もなく、予定どうりの時刻に到着することが出来た。
行ってみてまず感じたことは、美しい自然と神話、そしてそれにまつわる伝説がうまく融けあって、文字どうり神話と伝説の里が出来上がっているということである。
神話そのものは普段あまり馴染めない物語であるためおおよその筋書きは知っているつもりでも、一旦この地に足を踏み入れ、詳かい内容を改めて聞いているうちにどんどん神話の世界にに引き込まれ、ここに伝わる神話が現実味をおびてくるような錯覚を覚えるから不思議である。

 また、その伝説を基にした夜神楽等の伝統を守る続けている地元の人たちの努力もたいしたものである。高千穂神社では1時間に集約した夜神楽を観ることが出来たので、夜神楽の一端を覗くことが出来てよかった。

 地元の人たちの親切な対応とやさしい心遣いは、訪れる人々の心を和ませてくれるから、新興の観光地と違った伝統と奥ゆかしい雰囲気に包まれている。
 この高千穂は、私にとって「もう一度行ってみたいところ」の一つになったようだ。
b0008825_2222271.jpg
b0008825_22231824.jpgb0008825_22281010.jpg

b0008825_2242120.jpg
b0008825_22422610.jpgb0008825_2242502.jpg
この社の裏側に「天の岩戸」がある    天岩戸を押し開けた「手力男神」

天安河原
岩戸に隠れてしまった天照大神にどうしたら元のように外に出てもらえるかを、八百万神の神々が集まって相談した場所
b0008825_22431856.jpg

高千穂峡
b0008825_2245094.jpg
b0008825_22452128.jpg

国見が丘
b0008825_22455546.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-07-23 17:46 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

劇的な逆転勝ち

 昨夜は久しぶりに溜飲が下がった。
プロ野球、ソフトバンク対西部ライオンズ戦の結末である。
私は夕食後、テレビでソフトバンクの試合をよく観る。熱狂的なファンではないにしても、地元福岡の球団だから、パ・リーグではソフトバンクを応援している。
でも、最近のソフトバンクは嫌な負け方をする試合がが多い。観客を失望させるような試合が多いのだ。

 昨夜も8回まで観ていたが、何時ものような嫌なムードが漂っていた。そんな嫌な負け方をするソフトバンクの試合は見たくない!とばかりスイッチを切って書斎で本を読んでいた。
11時近くなって、ニュースを見ようかと思ってテレビに目をやると、負けたとばかり思っていたソフトバンクがなんとまだ試合中ではないか。一瞬目を疑った。
紛れもなく12回の延長戦の最中、しかもさよなら勝ちのチャンスではないか。
そしてプロ2年目の新人高谷が劇的なさよならヒットで、5時間を越す12回の激戦の幕を下ろした。
痛快!!
興奮のあまり眠気が覚めてしまった。
そして、9回の同点まで追いついた場面を見逃してしまったことを悔いた。

 今日のような勝負への執念があればこそ、勝ち負けを越してファンの心を引き付けるものなのだ。 そのことをソフトバンクの選手一人ひとり、そして監督・コーチ陣がしっかり心に焼き付けてくれればいいのだが。
[PR]
by matutaka31 | 2008-07-17 09:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

映画鑑賞

 先日「日本の青空」を観た。
この映画は、
大日本帝国憲法に変わる新憲法(日本国憲法)を作るために、憲法学者鈴木安蔵を中心に民間人で結成された憲法研究会が作成した憲法草案要綱作成までの歩み、彼らの草案をもとにして作られたGHQ案と日本政府とのやりとりとが描かれており、日本国憲法誕生の真相を明らかにするものである。
 私は、この映画を観るまで、何の疑いもなく「日本の憲法は終戦当時のGHQによって作られ、押し付けられたもの」だと思い込んでいた。多くの日本人も私と同じように、そう思い込んでいるのはなかろうか。
ところが事実はそうではなかったのである。

 当時GHQは日本政府に大日本帝国憲法にかわる憲法の草案を求めたのに対し、日本政府が作成した憲法草案は大日本帝国憲法と基本的には代わり映えしないものであったため、GHQ側一蹴されたのである。これに対し、「鈴木安蔵ら憲法研究会」がGHQに提出した草案は、真に民主的なものであると高く評価され、GHQ案に積極的に採りれられたとのである。
このような背景を知るにつけ、今の日本国憲法はGHQによって一方的に押し付けられた憲法ではなく、日本人の手によって草案されたものが基本になっていることを、改めて知らされたのである。

 この映画を観るまで、今の日本国憲法が日本人の手によって草案されたことを、正直私は知らなかった。GHQによって押し付けられた憲法だと思い込んでいたことが恥ずかしいと思うと同時に、憲法改正問題については、改めて草案当時の考え方を検証しながら、今の日本に何が必要であるかを真剣に考えなければならない、との思いを強くした。
[PR]
by matutaka31 | 2008-07-13 11:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

蚊に好かれるタイプ?

 梅雨明けと同時に、庭の鉢物への水遣りが忙しくなってきた。
その水遣り時、私の最大の敵は蚊である。
ジョロを持つや否や、猛然と蚊の大群に襲われる。
「蚊が発生しないように駆除すればいいじゃないか」と言われそうだが、“言うは安し”でそう簡単なことではない。

 何故、これほどまでに蚊に刺されるのか、ネットで色々調べてみた。
すると、蚊に刺される理由(原因)については、確定的なことは無いにしても、あるわあるわ諸説紛々である。
その中で、蚊に好かれるタイプを幾つか拾い上げ、自分に当てはめてみた。

その1 血液型
     蚊に刺されやすいのはO>B>AB>Aの順だと言う。
その2 酒を飲む人
     酒を飲んだとき、あるいは酒をよく飲む人
その3 運動で汗をかく人
     汗をかいたとき、あるいは汗をかきやすい人
     (体の新陳代謝が活発なとき、誘引物質が発散されると言う)
その4 太っている人
     体表面積が大きいほど誘引されやすいと言う
その5 性別
     男>女

なんと、みんな当てはまる。
上にあげた5つの理由は、私のためにあるようなものだ。(^。^)
ついでながら私の家内は、私が蚊に襲われているのを横目で見ながら、平然としている。
それもそのはず、全て当てはまらないタイプだ。
[PR]
by matutaka31 | 2008-07-11 15:04 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

梅雨時期を知らせる花 タチアオイ

 季節を計る花の一つに、梅雨の時期の目安となるタチアオイがある。
 タチアオイの花は、梅雨が始まると下から順に咲き、先端まで咲き揃う頃には梅雨が明けるというので、「梅雨葵」の別名があるほどで、梅雨の始まりと終わりの目安となる花として古くから親しまれてきたようである。
 福岡市の梅雨明けは、例年7月16~7日だから、梅雨明けはおよそ2週間先と思っていたら、私が管理を手伝っているひょうたん池のタチアオイは、4日現在、もう最上段まで咲き揃ってしまった。 先人の言い伝えによると、この咲き揃い具合では約2週間早い梅雨明けを予知していることになる。

 来週の梅雨明けを思わせる天気予報を見ると、このタチアオイは、将に先人の言い伝えを証明しているかのようである。

最上段まで咲き揃ったタチアオイ
b0008825_2210497.jpg

6月8日のタチアオイ
b0008825_221136.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-07-05 22:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)