<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

薯煮会

 昨日、地元で活動中のクラブ仲間で、薯煮会をした。
午前中の薄曇がお昼ごろにはすっきり晴れ上がり、無風状態で絶好の薯煮会日和になった。どうやら、今日に限って、雨男・雨女はいないようだった。(^。^)

 材料の野菜はできるだけ我が菜園の取れたてを使うことにし、里芋・さつま芋・大根・ネギは間に合ったが、人参はまだ小さかったので別のメンバーの菜園で採れたものを提供いただいた。
 日頃気心が知れた仲間だから、事前の細かい打合せの必要もなく、あうんの呼吸で夫々前日に準備を済ませた。男性は野菜の掘り出し、会場の確保、食器や飲み物などの準備を分担し、女性は肉その他の材料の手配と調理の段取りとおう具合に。
 場所は我が菜園のど真ん中にしようと思ったが、やや狭いうえに畝のデコボコがあるので座り心地が悪そうだったので、隣のAさん菜園の葡萄棚の下の平らな場所を借りることにした。そこにダンボールを下敷きにしてシートを広げ、真中にテーブルを持ち込み、立派な青天井の会場が出来上がった。

 調理は、近くに水道がないのでメンバーTさん宅の台所をお借りして料理の下ごしらえをさせていただくことにして、女性軍の手際よい段取りで、メインの薯煮作りが着々と進行した。
一方、会場ではコンロを使って手羽先や野菜のから揚げが始まり、また、バーベキーセットに炭火をおこして焼き芋が始まった。

 薯煮が出来上がる頃には、各自手作りの一品料理も持ち込まれ、ビール・焼酎・ワイン・ウーロン茶等飲み物も並び、豪勢な薯煮会の準備が整った。
b0008825_2250174.jpg

 そして、“野菜が収穫出来たこととお互い健康であることに感謝して乾杯”
楽しい収穫祭=薯煮会の幕開きである。
そのあとは、言わずもがなの楽しい時が流れていく。
 隣近所のお付き合いが薄れていくこのご時勢にあって、過去の一切、年齢・性別を越えて、今を共に楽しく過ごすことが出来る仲間がいることは、何事にも代えがたい幸せなことである。

 しばらくすると隣の菜園のAさんが飛び入りで加わり、更にもう一人の菜園仲間Tさんも加わり、お酒のb勢いも借りて世間話に花が咲き、和気藹々の雰囲気が盛り上がっていく。気がつくと3時半を過ぎていた。11時頃から準備を始めて4時間半があっという間に過ぎ去っていた。
b0008825_22512649.jpg

 久しぶりに足元がふらつくほどに酔いがまわり、まさに陶酔の境地に浸ってしまった。
 このような機会に恵まれたことに感謝!そしてすばらしい仲間との触れ合いに感謝!感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-31 22:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

健康教室

 今日、福岡市原爆被爆者の会西区支部の行事、福岡市早良区「福岡記念病院」における「健康教室の受講と見学」に参加した。

 最近病院の患者受け入れ拒否や医療ミス等が社会問題になっていることもあるためか、病院側の救急患者受け入れ体制や高度医療機器の説明がなされ、院長自ら健康講和(メタボリック、循環器、高血圧)を受け持つなど、病院の対応も患者の目線に立って大きく進化しているように思えた。
 高度医療機器の進歩は目を見張るものがあり、自分がこれから先否応なしに直面するであろう諸精密検査や治療に対し安心感を与えるものであった。更に、栄養・カロリーバランスの取れた病院の一般食をご馳走になり、日頃の食事との比較を体験させていただき、これからの食事の目安が出来たのも大きな収穫であった。
b0008825_21215341.jpg

 今日の資料の中にあった、「高齢者の転倒→大腿骨頸部骨折→寝たっきりになるのが心配・・・だから転ばないための体づくり」の一部を引用しよう。
高齢者が転倒しやすくなるのは身体の運動・感覚機能が衰えてくるからです。日頃から「転ばない体作り」のために、しっかり歩く、足の感覚を磨く、よく水を飲む、ことに心がけましょう。
①しっかり歩く
 歩幅は広めで、前を見て軽快に歩きましょう
②足の感覚を磨く
 家の中では時々素足になったり、外出時には鼻緒のある草履やビーチサンダルも履いてみましょう
③よく水を飲む
 脱水は血液の流れを悪くして体調を崩し、転倒の原因にもなるので、日頃から水を飲むことが大切です(朝起きてコップ一杯、寝る前にもまた一杯)

[PR]
by matutaka31 | 2008-10-28 21:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

地域の「まつり」見学

 今日は私が住む福岡市西区にある小戸公園に、地元ボランテイア仲間4人で出かけた。
たくさんの「福岡市西区の宝」に触れて、地域の魅力を再発見しよう!と、西区まるごと博物館推進会が主催したイベント「西区まるごと博物館in小戸」の見学であった。 

イベントの見学とは?
実は私達がボランテイア活動をしている「ひょうたん池」も西区の宝に指定されているいるのだが、そこで来春予定している「第3回ひょうたん池まつり」の企画の参考にしたいと思ったからである。

 朝から生憎の小雨模様で人出がやや少ないようであったが、イベントは関係者の方々の創意工夫に満ちた企画がなされていた。協賛者の出店も多く,
会場の雰囲気を盛り上げていた。
 私達はお昼に引き上げたが、午後は天候も回復したので、多分大勢の来場者で賑わったことだろう。
b0008825_21174910.jpg
b0008825_2117195.jpg
会場でパネルの説明をされる清田さん

 今回の見学で、来春予定している「ひょうたん池まつり」の実行に当って、参考になった事柄は次の通りである。
①主催関係者は、一目でわかるように制服(ジャンバー)で統一されていたこと。
②会場を示す「横断幕はカラフルでよく目立つよう工夫されている。
③横断幕より、どちらかと言へば、旗のほうが目立ち、来場者の誘導に役立っていること。
④母子連れが多く、子供の関心を呼ぶイベントに人気が集まっていること。
⑤協賛者の出店が、会場の雰囲気を盛り上げている。
b0008825_21183772.jpgb0008825_21502683.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-10-26 21:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

ブラックバスの捕獲作戦

 私が花壇管理のボランテイア活動をしている「ひょうたん池」では、いつの頃からか外来生物「ブラックバス」が増殖し続けて、在来生物が絶滅の危機に瀕しているため、福岡県にお願いして一斉捕獲作戦を展開してもらった。

 今回は福岡県のモデル事業として取り上げていただいたのでスムーズに事が運んだが、そこに至るまでにはかなりの月日を要し、決まった後にも地元住民への周知、池干し、等々、幾つもの問題をクリアーしなければならなかったが、いい経験であった。

 捕獲方法は、投網、さし網、タモ網を使って行われた。
捕獲効率を上げるため池の水を予め排水して池干しするのだが、完全に排水し切れないため、ブラックバスは必死で逃げ回る。
 当然の事ながら、池の中に人が入るので、泥水状態になり、魚が何処にいるのか全然見えないので、手探りの捕獲作業になる。

 私も投網を使わせてもらったが、この投網の技術は傍で見るより難しい。
網の一部を肩に背負って、片方の手で網をうまく手繰り寄せて投げるのだが、腰を使って投げないとバランスを崩してしまうので、前に飛んでくれない。また投げ方が悪いと、飛んだ後うまく開いてくれない。
10回くらいトライしたが、その内うまくいったのは1回だけ。(^。^)

 この日の成果は、大口バス43尾、その幼魚130尾、合わせて173尾であったが、そのバスの胃袋には、ザリガニ、ヤゴ(トンボの幼虫)、エビが入っていた。
 中には、ブラックバスの稚魚が入っていたので、餌がなくなって共食いを始めている模様が窺え、外来魚が在来魚を食いつぶす有様を目の当たりにした。
b0008825_114596.jpg

詳しい内容を知りたい方は、「ひょうたん池花クラブ」活動内容をご覧ください。
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-22 11:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

可愛い? バッタちゃん

 ある日、農業に全く無縁のご婦人が吾が菜園を訪れた。
野菜の葉っぱをピョンピョン飛び回るオンブバッタを見て、
    “あら可愛い~” (*^。^*)
b0008825_22425559.jpg

その後の会話は「・・・・」にしておこう。
   
親子愛? 女(ヒト)を惑わす オンブバッタ

[PR]
by matutaka31 | 2008-10-19 22:51 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

プルメリアが咲いた

 日本では温室でしか咲かないと言われる「プルメリア」が、我が家の居間で咲いた。もう数年前だったと思うが、娘がハワイマラソンに一般参加したとき、土産にこの花の枝を持ち帰ったものである。
 枝を挿し木した翌年夏一度咲いたきりで、枝は伸びるけど、その後花はどうしても咲かなかった。その後、もうかれこれ4・5年になるが、今年思いがけなく、3本の枝のうち1本に蕾が出て、10月初めから一輪また一輪と咲いている。花はやや小さめだが、純白の花びらはプルメリアの特質そのままで芳香を放っている。
b0008825_14431689.jpg

 樹勢は年々大きくなってきたが、熱帯原産の花だから常温で咲くのは無理だと思っていた。でも、娘のハワイマラソンの思い出の花だから大事に育ててきた甲斐があったと言うものだ。
b0008825_14495368.jpgb0008825_14504641.jpg

プルメリア 
学名:Plumeria(キョウチクトウ科プルメリア属の総称)  花期:夏
 茎は多肉質で折れやすく,白色の乳液を分泌する。花に芳香があり,ハワイやタヒチではレイに使われる。  熱帯では四季咲きであるが,日本では温室で栽培され夏に花をつける。
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-16 14:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

皇帝ダリアが開花直前

 夏の間じっと暑さに耐えていた皇帝ダリアが、彼岸を過ぎた辺りから、生気を取り戻したように活き活きと伸び始め、背丈が高いものは2.5mを越え、低いものでも2.m位になってきた。
 短日性だから、もう間もなく蕾が出来る頃である。11月上旬から咲き始め、12月中旬まで咲き続けるので、花が少なくなるこの時期、我が家の庭の主人公になる。

b0008825_1214081.jpg



 左側の2本は今年の苗。右側の太い茎とやや細めの2本は、2年前の株から芽を出したものである。
 両方に太目の杭を打ち、横に1本通して、支柱の支えにしている。支柱は、適当な竹がなかったので、「カクレミノ」の切り落とした枝を廃物利用した。





b0008825_2230346.jpg
支柱は、強風に備え、園芸用の細めの支柱を継ぎ足した。

b0008825_2217578.jpg
この頂上から間もなく蕾が顔を出すだろう。その後次々に下の節から順次蕾を付けていく。

b0008825_22202578.jpgb0008825_22205137.jpg
根元から出てくる新芽は切り取る。また、枯れてきた葉っぱは取り除く(簡単に取れる)
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-13 12:08 | 思いのまま | Trackback(1) | Comments(3)

「高精度計算サイト」で自分の生活を省みる

 10月11日の朝日新聞で「高度計算サイト」が紹介されていた。高度な専門的な計算から、日常生活のお金や健康に関する計算まで、かなり幅広い利用が出来て結構楽しめる。
http://keisan.casio.jp/has10/Menu.cgi

 早速そのサイトを開いてみた。
まず、何はともあれ、日頃否応なしに気にせざるをえない健康診断をしてみた。

BMIと適正体重
  BMI指数:24.84・・・ギリギリ滑り込みセーフ
  適正体重:7.5kgオーバー・・・これはきつい
  肥満度: 普通・・・厳しく判定すれば、肥満予備軍か?

消費カロリー
 日頃実行している速歩き(95~100m/分)、ゴルフ、太極拳、山登り、畑仕事について、 夫々費やしている時間に相当する消費カロリーを計算してみた。その結果、想像以上に消費カロリーが大きいのが、太極拳、山登り、畑仕事で、意外に少ないのが速歩き(95~100m/分)、ゴルフであった。特に身近に行える太極拳と畑仕事が効果的であることを改めて認識させられた。

 ついでに、あつかましく長寿のお祝い年計算をしてみた。
これは」「獲らぬ狸」計算になるかもしれないのだが、・・・。
これから先、私に残されている長寿祝いは、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、百寿とまだ6つも残っている(^。^)なんて喜ぶのは早い。まずは喜寿を越えなければ話にならない。その後何処まで行けるか?とりあえず望みは大きくしておこう。(*^。^*)

利用後の感想
 一般的な簡易計算だと思われるので、日頃、疑問に思ったことあるいは参考にしたいと思ったときの参考指標程度に利用すると、暮らしに役立つサイトになるだろう。

     ホームページ:あれこれ 気ままに
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-12 10:23 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

「フォト五七五」に初挑戦

 ある朝、私が庭の片付けをしているとき、生垣の外で誰かが独り言を呟いている。
“一輪萎んだなー、通る人の心を和ませる花” と呟いて通り過ぎて行った。一瞬何事かと思ったが、私にはその意味がすぐ分かった。
 その人が立ち止まったところには、通称「琉球朝顔あるいは地中海朝顔」といわれる朝顔の花が、生垣からキンモクセイの木に覆いかぶさるように咲いているので、この花に見とれての独り言だったのだ。
 この花は日本の朝顔と違いヒルガオ科の一種で、一日中咲いているので人の目を引く花である。
b0008825_21324418.jpg

 実はこの花、繁殖力が旺盛で、放置しておくと野生化して始末に負えなくなるので、3年前から撤去することにして、毎年蔓を根元から切り取っいる。ところが想像以上に生命力が強くてなかなか根絶できず、毎年何処からか蔓が延び、いつの間にか花が咲くのである。その繰り返しで今年も花が咲いている。

 観る人にとっては美しい花に違いないが、どんどん伸びる蔓の後始末や生垣の管理のことを考え、今年も早めに切り取ってしまおうと思っている矢先、冒頭の「人の心を和ませる」の一言が、私の撤去しようという思いを鈍らせてしまった。
 そして今日も我が意をえたりと、自慢げに咲き誇っているのだが、覆いかぶさられた金木犀にとっては迷惑なことだろう。

 今朝のNHKテレビ「生活ホットモーニング」で、「フォト5・7・5」というのを放映していた。
内容は、用事があって見ることが出来なかったのでインターネットで検索したところ、写真と俳句を組み合わせる新感覚のアート「フォト五七五」であることが分かった。そこで、早速挑戦してみた。
b0008825_21332851.jpg

あ~やっぱり駄作!こんなのは私には似合わない。(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-08 21:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

金木犀

 我が家の庭には2本の金木犀が植わっている。
1本は門扉のすぐ横、もう1本は居間の近くにある。
昨日、門を出ようとするとき、金木犀の甘酸っぱい香りが漂ってきた。
もうそんな季節かと思いながら改めて木を見あげると、既に黄色の小さな花が開きかけていた。
b0008825_16445985.jpg

 そして今朝、居間のソフファーで新聞を読んでいると、庭の方から金木犀の香りが漂ってくる。あ~もうすっかり秋だな~、と本格的な秋の訪れを実感する瞬間で、心が和む一時でもある。

 視覚や味覚で秋を感じ取れるものは数多いが、「臭覚」で秋を実感させるものは金木犀くらいだろう。 それだけに秋の訪れを知らせるこの「金木犀」は、その香りと共に、人夫々に色々な思い出を蘇らせることだろう。
 私はこの金木犀の香りが好きである。この時期街角を歩いていて、何処からともなく漂ってくるこの香りに出会いうと、しばし歩を緩めてその香りに酔いしれる。そして心が癒されることを実感する。

金木犀の花言葉
「謙遜」 「真実」 「陶酔」 「初恋」 [真実の愛」 「変わらぬ魅力」
[PR]
by matutaka31 | 2008-10-05 16:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)