<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

山で出会う人も様々

 久しぶりに友人を誘って、福岡市民の森 油山(597m)に登った。
油山は、福岡市民の森といわれるだけあって、今日も三々五々登山者が健脚を競っていた。
 多少過ぎた感じの紅葉もあちこち見ることが出来、秋深まる油山の風情を愉しむことができた。
b0008825_2224147.jpgb0008825_22242243.jpg

 同じ山に登っていても、そこに来る人は様々で、いろんな人との出会いがある。
行き交う度に、どちらからともなく“こんにちは”と声をかける。
おうむ返しに“こんにちは”と返ってくる。
それ以上の会話は無いけれど、「お互いに元気で幸せですね。頑張りましょう、・・・」とそんな爽やかな気持が通い合う。

 ところが、“こんにちは”と声をかけても、全く反応を示さず通り過ぎる人もいる。
返す言葉も出ないほど、へばっているようには思えないのに。
ふだんあまり挨拶をしない人だろうか? それとも何か考え事をしながら歩いているのだろうか?と、余計なことを想像してしまう。

 頂上で出合った男性から、“失礼ですがお幾つですか”と尋ねられた。
73歳だと応えると、“そうですか、じゃ~まだこれから大分のぼれるな~”と一人で合点している様子。なんとなくかみ合わない会話で判った事は、その人はは60過ぎで、山登りを始めたばかりだという。
 私の年齢を聞いたのは、“お元気ですね”の気持ではなく、これから先自分がどれくらい山登りができるかを推し量る物指しに、私の年齢を当てはめただけだったのだ。
 何故山登りをするのか、自分の気持を整理できない人にきつい思いをして山登りが続けられるわけが無い。そう思った途端、この人の山登りは長続きはしないだろうな~と内心思ったことである。

 ともあれ、久しぶりの山登り、いろんな人との心和む出会いもあり、秋が深まった紅葉見物を愉しみながら、爽やかな気分に浸ることが出来てよかった。
b0008825_22254333.jpgb0008825_22262935.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-25 22:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

叶うことなら、こうありたいと願う

 かっての職場の大先輩が、この夏97歳で他界された。
先日、その大先輩のご子息からご鄭重な77日忌のご挨拶を頂戴した。
その中に記されていた大先輩の最後は、出来ることなら自分もかくありたいものだと、心に刻まずにはおれないものであった。

 手紙には、次のように記されていた。

「父は老いてなお自活することの誇りを失わす、歩けなくなりましたのはつい2ヶ月前のこと、亡くなる数日前まで俳句を書き写し、また当日も午前には歌を口ずさみ、昼過ぎにふとこときれる大往生でございました、・・・・」

 他にも、自分の生命力の限界を見極めて見事に旅立った、偉大な先輩の大往生を知らされてきた。私には到底出来そうにも無い大往生を!

 人は、元気なうちは「PPK(ピンピンコロリ)で逝きたい」とよく口にする。
私もそうありたいと願う。
でも、元気な時には皆そう思っていても、そのとおりにならないのがこの世の常だ。

 何時のことだか知る由も無いが、早かれ遅かれ必ず訪れるエンディング。
その今際の時に、自分は果たしてきちっと立ち向かうことができるだろうか。
いつの日か、私にも、人生の最初で最後の大仕事が待っているのだ。
[PR]
by matutaka31 | 2008-11-24 21:53 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

皿倉山

 昨日、北九州市を眼下に見下ろす「皿倉山」に行った。
お目当ては西鉄のカレンダーにある「皿倉山の紅葉」見物で、見事な紅葉に包まれた山路の散策であった。
 事前にその場所を詳しく調べておけばよかったのだが、何時ものことながら“行けば簡単に見つかるだろう”と軽い気持で出かけた。

 周りの景色に気を配りながら山頂近くまで車で上がったが、それらしい紅葉は見当たらない。
案内書で訪ねたら、“皆さん、よく尋ねられるんですよ。でもあのカレンダーにある紅葉の場所はここですよ”と地図で教えていただいた。なんと山の反対側で、そこまで行くのはかなり不便であることが判ったので行くのを断念し、山頂の眺望と周辺の紅葉を愉しむことにた。

 山頂からの眺望は、北九州市街地を見下ろし、その向うに洞海湾、玄界灘に浮かぶ島々が見渡せ、一大パノラマが展開する。
でも、折からの寒波で、山頂は5℃と冷え込んで昨日の初雪の名残も残っていて、とても長居できる雰囲気ではなかった。
 よく整備された歩道を、点在する紅葉をのんびり眺めながら、件の紅葉見物は来年のお愉しみ?とすることにして帰路についた。
b0008825_11525462.jpg
山頂からの眺望

(紅葉の写真は、クリックすると拡大写真がご覧になれます)
b0008825_11392943.jpgb0008825_11395252.jpg
b0008825_11401840.jpgb0008825_11403736.jpg
b0008825_1141273.jpgb0008825_11412194.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-21 11:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

玉ねぎの定植

 自分で播種した玉ねぎの苗が順調に育っていたが、雨が少なく、なかなか定植のチャンスがなかったけれど、先週末久しぶりに恵みの雨が降ったので、やっと定植することが出来た。
 11月上旬まで比較的高温だったので、苗がやや伸び過ぎてしまって気をもんでいたが、あまり遅れることもなく、何とか定植することが出来てよかった。
 極早生種100本は、園芸店からの購入苗で、11日に定植していた。

      極早生白  約100本(来年3月~4月収穫)
      中生 赤  約200本(来年5月~6月収穫)
      晩生 白  約300本(来年5月~6月収穫)

“そんなにたくさん植えてどうするの?”
“商売でもするつもりなの?”
知り合いの人たちから、よくこんなことをきかれる。
そんな時、“そうなんです。実はある店と契約栽培をしているんで、その内、私のネーム入りの玉ねぎが店頭に並ぶかも”、(^。^) ・・・と冗談を飛ばしている。

 近くの方々に食べていただけるのが楽しみであり、遠くにいる子供達、知人に手作りの新鮮玉ねぎを届けのも楽しみである。

 玉ねぎは、家の軒先でも上手に保管すると半年以上保存することが出来るので、立派な自然の保存食となる。 訳のわからぬ所の輸入品ではなく、安心して食べることが出来る物を作る喜びは、家庭菜園の楽しさを増幅させてくれる。
  自然の恵みに感謝、そしてこの菜園を営むことが出来ることに感謝!
b0008825_18151070.jpg
b0008825_18132150.jpg

傍らでは菜花の花が咲き始めた。
b0008825_18171172.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-19 12:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)

青空に映える皇帝ダリア

 高い所からやさしく見下ろすかのように下向きに咲く花。
 青空に映える花。
 何時観ても心を和ませてくれる花、皇帝ダリア。

学名 : Dahlia imperialis
  Dahlia : ダリア属
  imperialis : 皇帝の、威厳のある
原産地: メキシコ地方
背 丈: 3~ 4mと高い
花 期: 11月上旬からピンク色の花が咲き始める

 比較的花が少なくなるこの時期、我が家の庭の皇帝として君臨する。
b0008825_11402643.jpg

b0008825_1185123.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-16 11:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

雷山 千如寺の紅葉

 今日はゴルフの予定だったので、何時もより早起きしてゴルフ場に出かけた。
東に向かって車を走らせると、真向うからにまぶしい程に朝日が運転席に差し込む。
“今日はすばらしいゴルフ日和だな~”と心に中で呟きながら、軽快に車を走らせた。

ところが、ゴルフ場では待てど暮らせど、パートナーが現れない。
どうしたのだろうと思っているところに、やっと1人が到着。
その後判った事だが、あとの二人は風邪と奥さんの介護でドタキャンという次第。
シニアにとっては、よくあること。 お大事に、そしてお疲れ様!
と言うような訳で、絶好のゴルフ日和なのに、潔くゴルフを中止して帰宅した。

 帰宅したものの、あまりの小春日和に誘われて、午後、雷山千如寺の紅葉見物に出かけた。到着したのが2時ごろ、陽が西に傾きかけ、やや逆光になっていたけれど美しい紅葉を見ることができた。
 更に足を伸ばし、林道を走り白糸の滝へ。
紅葉はもう過ぎていたが、ここからの玄界灘の眺望は何時になくすばらしかった。
秋の糸島山系満喫の一日だった。
b0008825_11311357.jpg

枚数は少ないが、アルバムにしてみた。
http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=1293270&un=25630
[PR]
by matutaka31 | 2008-11-13 22:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

防犯パトロール

 昨夜、町内会で組織した「防犯パトロール」に参加した。
 活動を開始して4回目の参加である。このパトロール活動は、私が住む町内で「自分達の町は自分達で守る」の考えで、この8月から始まった新たな試みである。

 私達が住む町は自然豊かな静かな街であったが、17年度から始まった九州大学の隣接地域への移転により周辺地域を含め宅地化が急速に進み、街の様相も生活環境も大きく変貌してきた。
 この変化は、今後この大学の移転が進むにつれ、否応なしに急速に変化していくに違いない。単に人が増えるだけでなく、住宅・教育文化・交通・治安等々全ての生活環境が。

 このような生活環境の急変に対応して、町内会に「防犯パトロール隊」の活動が、この8月から始まったのは当然の成り行きである。
 町内会としては初めての試みで、その方法も手探りの段階で、まず町内会役員が先頭に立ってパトロー隊を編成し、それに有志が加わる形でスタートした。とにかく実行しよう、そして色々経験を積み重ねながら、必要に応じて改善していけばいいのだから、・・・という考えで8月に第1歩を踏み出した。

 私も、日頃からその必要性を感じていたので、町内会長の呼びかけに応じて、発足当初から有志の一人として参加することにした。昨夜のパトロールは、3人一組の2組で町内巡回をしたが、不法駐車・放置自転車も見当たらず、いつもの静かな街であった。

“この静かで安全なな生活環境を、いつまでも維持出来ればいいなー”、これが昨夜の感想である。
b0008825_11133894.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-11 11:16 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

恵みの雨で菜園が活気づく

 約2週間ぶりに雨が降ったので、菜園の作業が忙しくなってきた。
2週間も雨が降らず、土壌はカラカラに乾いて、種蒔きも苗の移植も出来ずひたすら恵みの雨を待ち望んでいた。欲を言えばもう少し雨が降るまで待ちたいところだが、この後またいつ降るかわからないので、今日大急ぎで滞っていた種蒔きをした。
 今日種蒔きをしたのは、グリーンピース2品種、しゅんぎく、細ネギ、ベビーリーフの5品種。

 白菜が結球し始めた。
 今年は極早生種と晩生の2品種を栽培中であるが、結球し始めたのは、その極早生種。この白菜は、播種後60日で収穫可能な品種だから、標準どおりの生育であれば14日頃には収穫できるはずであるが、最近の雨不足でやや生育が遅れているようだ。でも、来週中には初収穫が出来そう。
 折りしも、一気に冷え込んで、鍋物のシーズン到来である。新鮮な白菜が一杯の熱い鍋を想像するだけでワクワクしてくる。次々に育まれる旬の味が楽しみである。
b0008825_22464521.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-09 22:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

さつま芋の花

 さつま芋の花が咲いた。
b0008825_2104249.jpg

 家庭菜園を始めて8年目、毎年さつま芋を植えるが、花が咲いたのは初めてある。花が咲いたのは5品種植えている中の紫芋だけ、しかも一株。
3畝(1畝長さ約15m)の中に一株だけポツンと咲いているのを見ると、なんだか神秘的な雰囲気である。

 めったに見られない花だからインターネットで検索してみたが、やはり、さつま芋の花はめったに咲かないようである。では、何故めったに咲かないのか?明快な答えは見当たらなかった。でも一つだけ心当たりが、・・・。

 今年は10月に入ってから雨が降らず、土壌がカラカラに乾燥していたので、“今のうちに子孫を残しておこう”という生理が働いたのだろう。
[PR]
by matutaka31 | 2008-11-07 21:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

皇帝ダリアが開花

 植物は季節の変化を紛うことなく捉える。
今年の秋は気温の高い日が続いたので、もしかしたら皇帝ダリアの開花が遅れるのではないかと気になっていたが、短日植物の特質そのまま、予測どおり今月5日開花した。一番上の蕾が2~3輪開花したばかりだが、既に上から4節目まで蕾が出来ているので、これから先12月中旬まで順々に咲き続け、我が家の庭に彩を添える。
b0008825_13362875.jpg

 側に背丈が1m位のランタナの花や菊の花などが満開であるが、この皇帝ダリアは3.5m位まで伸びた位置に咲くので、一段高いところから周りを見下ろすような形で君臨している。
 晴れた秋空に良く映える花、 正に名前の通り、我が庭の「皇帝」のお出ましである。
b0008825_13535672.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2008-11-07 14:03 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)