<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

浅漬け瓜

 この春JA糸島の種子コーナーに行ったとき、私の目に留まったのが真っ青な『青はぐら瓜』であった。細かい説明書きは読まなかったが、美味しそうだから作ってみよう、と直感的に思ってその種子を買った。
種子袋には、「青はぐら瓜」(おいしい浅漬け用)とあった。b0008825_2058420.jpg
 

 種子は一袋買ったが、初めてのことだから、苗は5本育てて2本だけ畑に植えた。
 作り方は普通の瓜と同じで、孫つるに雌花が付くので、孫つるの雌花が付いたいたところから2~3枚葉を残して芯を止めることが基本である。
そのやりかたで、今のところ順調に、青瓜が次々に生っている。
b0008825_20404882.jpg

 昨日、初物を収穫して、早速浅漬けを作って食べてみた。
チョッピリ甘味と風味があり、さっぱりした歯ざわりで美味しい。
食感はキュウリに似ているが、より柔らかくて味もそん色ない。
b0008825_20482282.jpg

 我が家の、この夏の新しい食材になりそう。(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-27 21:15 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)

映画 「剣岳 点の記」を観る

 評判どおり、剣岳の雄大且つ厳しい景色と終始流れるBGMもすばらしかった。
 剣岳山頂に三等三角点の設置命令を受けた7人が、想像を絶する苦労の末山頂に立ったものの岩場の険しさから三等三角点の設置を断念し、標石のない四等三角点を設置する、ただそれだけのストーリーだが、そのことに命を賭けた男達の情熱と葛藤、そして用意周到な挑戦は観る者を魅了する。

 この映画の舞台裏は知らないが、聞くところによると、服装も装備も当時のままを再現し、雪崩のシーンは人口雪崩の実験施設で実際に雪崩ををおこして撮影する等、CGも一切使わなかったという。
それだけに全てのシーンは迫力十分である。

 この映画の見所は、画面に展開する剣岳の厳しさやそれを克服する登山シーンはさることながら、目的を共有した男達の執念と、夫々の知識と経験を尊重し、心を一つにして目的を成し遂げる姿だと思う。

お陰で、三角点に対する認識を新たにすることが出来た。
この映画の主題となった四等三角点とは (Wikipediaより引用)
設置間隔は約2km。
全国に約6万9千点。
柱石の一辺は12cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には盤石も埋設されている。
地籍調査又はこれに相当する調査の測量の基準点として、国土交通省土地・水資源局国土調査課の委任を受け、国土地理院が設置するもの。

[PR]
by matutaka31 | 2009-07-26 10:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

もう一花咲かせよう

 ???
 残念ながら、艶っぽい話じゃない。(^。^)
 金柑の花の話である。

 金柑は何故か2度咲く。ここ福岡では6月下旬~7月初め1回目が咲き、7月下旬2度目の花が咲く。
 我が家の庭先に植わっている金柑は、7月始め花が一杯咲き,びっくりする程ミツバチも寄ってきたので、今年は豊作と喜んでいたが意外に結実が悪い。
 何故だろう?自然現象は判らないことばかり。

 そして今、2度目の花が咲いている。花は1回目に比べると大きさは変わりないが、花の数は多少少ないようだし、香りもほとんど感じない。そのせいかミツバチもまばらである。
 普通、2度目の花で生る金柑は数も少ないうえに小粒といわれるので、あまり期待しないほうが良さそうである。
 それにしても、1回目にビッシリ花が咲いたのに、続けて2度咲くとはすごい活力だ。 
b0008825_225317.jpg
1度目の花 7月2日撮影

b0008825_2254067.jpgb0008825_226255.jpg
    
2度目の花 7月23日撮影    1回目の花で実が生っている

[PR]
by matutaka31 | 2009-07-23 22:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

郵便番号辞書の更新

 先週、私達の週1回のパソコン勉強会で、「郵便番号で住所変換すると古い住所が出るので、何とかならないか」という話題が出された。

 今、市町村合併が進んで住所表示がどんどん変わっているので、郵便番号辞書を更新していないと、エクセルで住所録を作る場合、郵便番号を変換して住所を表示させると、何時までも合併前の古い住所になる。
 パソコンの郵便番号辞書は都度自動更新されているものと思い込んでいたが、良く調べてみると、それはとんでもない認識違いであることが判った。

 IMEの郵便番号辞書を最新の情報に置き換えるためには、マイクロソフトが公開している郵便番号の更新プログラムをダウンロードしてインストールしなければならないのだが、その場合、使用パソコンのエクセルのバージョンに合った更新プログラムを選択しないといけないことがわかった。
 例えばオフィス2003の場合、2003に見合う更新プログラムをダウンロードしてインストールしなければならない、と言うわけだ。
Microsoft IME 2003 郵便番号辞書更新 2008 年 11 月版

パソコンは、この郵便番号辞書に限らず、常に新しい情報に更新しておかないといけないことを思い知らされた一事例である。
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-22 10:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

丹波の黒大豆

 正月といえば黒豆、黒豆といえば丹波の黒豆!
今年もその丹波の黒豆(黒大豆)作りを始めた。正月は半年先なのに。
一口に黒大豆つくりと言えど、これは意外に難しい。
たかが大豆じゃないかとなめてかかると、結果は無残にも収穫皆無になる。
 一昨年、約60本植えて莢がビッシリ付いたので、大豊作かと思いきや、いざ収穫してみると莢の中は空っぽで収穫ゼロという苦い経験がある。ウヒャ~、なんで~?

 そんな気難しい丹波の黒豆に取り付かれて、性懲りもなく今年もまた4年目の挑戦である。
 今年は、原点に戻って、栽培条件をを念入りにチェックして植えつけたので、余程の天変地変がない限り収穫を確信しているのだが、果たして・・・。(^。^)

 この辺では、丹波の黒豆の種は手に入らないので、昨年丹波出身の知人から分けてもらった本場の種で収穫した種を保存しておいたものを植えたので、DNAは正真正銘の丹波の黒大豆である。
b0008825_15533822.jpg
7/2ポット播種、7/13移植苗の今の状況

 黒大豆の効用を調べてみると、「畑の牛肉」といわれるほどの栄養価は言うまでもないが、アントシアニンという色素で活性酸素に対抗する抗酸化物質が豊富なことを考えると、極めてヘルシーな食品だと言えよう。

 それに意外に知られていないのが、この黒大豆の枝豆の美味しさである。普通の枝豆では味わうことが出来ない、まさに絶品である。
  あ~その時期が待ち遠し~い (^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-19 16:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

梅雨の晴れ間にゴルフを楽しむ

 梅雨の一休みとなった今日、セブンミリオンCCでは多少薄日が射す程度の絶好のゴルフ日和であった。
 8時1番スタートの予定を少し繰り上げて、7時45分ごろスタートさせてもらった。
 梅雨時のせいか、予約客も少なく、2ホールくらい後に別のパーティが見える程度で、周りに人影がない貸しきり状態。

 緑の木立に包まれたコースの芝の緑はすばらしく、グリーンの状態も最高のコンデシヨン。
 時折、ホトトギスが、ケッキョ♪ケッキョ♪(トウキョウ トッキョ キョカキョク♪♪)とかん高く囀る。
 タイサンボクの花が名残惜しそうに所々咲いている。
 夾竹桃の花も、そしてコースとコースの間の小さなため池には、ひっそりとホテイアオイのはなが咲いている。

 最近、ゴルフの回数をかっての月4回から2回に減らしたためか、アプローチが目だって下手になったようだ。
 やっとのことでグリーンに乗せてもピンまで距離が長いのでパット数が増え、その結果としてスコアーが悪くなる。我々シニアのゴルファーにとって、グリーン周りの寄せの上手い下手は、決定的にスコアーに影響する。

 仲間同士の気楽なゴルフだから、スコアーはあまり気にならないが、反面緊張感も少ない。
 でも時折ナイスショットでパーをとるとなんとなく気分が爽快になる。ましてやバーディがくると尚更である。
 ちなみにスコアーは、最悪がトリプルボギィー3、最高はバーディ1と、泣かず飛ばずであった。
b0008825_14415565.gif

 アウトコースを終るとすぐさまインコースへ回り、1ラウンド終ったのは12時前。
ゆっくりお風呂に入り、レストランで食事をして帰路についたのは13時半。途中渋滞の心配はゼロ。
こんなゆったりしたゴルフが出来るのは、福岡ならではの地の利である。
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-16 20:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

はまぼうが咲いていた

 菜園用の肥料を買いに前原市の「アグリ」に行った帰り道、はまぼうの群生地に立ち寄った。
ここ前原市と志摩町の堺を流れる泉川一帯は、九州でも有数の「はまぼう」群生地として知られるところ。
今が見頃で、黄色い花が一杯咲いていた。遠くから見ると色付いたみかん畑のように見える、と表現した人がいたが、そう言われてみるとそのようにも見える。しかしこの花は近くで見たほうがいい。

 今日は低気圧の接近で風が強く、枝が絶え間なく動くので、只でさえ手振れでなかなかピントが合わない私の撮影技術では、この花の特長を捉えるような写真を撮ることができなかった。b0008825_1351191.jpg
b0008825_14245041.jpg
b0008825_1455285.jpg
b0008825_13515929.jpg

<はまぼう>
葵(アオイ)科 汽水域を好みむ。一日花で午前中が見頃
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-15 14:22 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

この夏一番の汗・水・ビール、

 今日の福岡は、最高気温34.3℃でこの夏一番の暑さだった。

午前中は、太極拳の練習
 練習場の市営の施設は、28℃c以上にならないとエアコンを入れてくれない。
もう汗ダクダクで我慢しきれず、ある人が事務局に申し入れてやっとエアコンを入れてもらう。でも少し涼しくなるともう切ってしまう。 また汗ダクダクになる。
「私はケチだから汗も出ない」が口癖のTさんも、今日ばかりは汗ダクダク。
用意していた飲み物は、アッと言う間になくなってしまった。

 練習後のランチ
 あ~ビールが飲みた~い!と大声で言いながら、この後車を運転しなければならないことを思い出して、代わりにお茶をがぶがぶ飲む。仲間も我慢して付き合ってくれる。何杯お変わりしたことか。

  車で遠出ですか?
  いや~ちょっと農場まで。

なんとカッコいい話だろうか。、農場までマイカーで出かけるファーマーみたいで。

農場?(実は家庭菜園)
 3時ごろから家庭菜園での仕事。それは「丹波の黒豆」の移植。
雨続きで作業が出来なくて移植が延び延びになっていたので、何がなんでも今日やり遂げなくちゃならない、後がない作業であった。
ここでも、汗と水の競演みたいで、用意した水はアッと言う間になくなってしまって、喉はもうカラカラ。

晩酌のビールの美味しかったこと(^。^)
 一日いや半日千秋の思いで迎えた晩酌。この夏一番の暑さと、この夏一番のビールの美味しさ。
更に、採れたての新鮮野菜とくれば、もう何も言うことない、至福の一時。
   あ~余は満足じゃヽ(^o^)丿

   健康に感謝! 自然の恵みに感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-13 22:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

定額給付金でHD(ハードディスク)を買った

 票に結びつくと思ったのだろうが、逆に政府に対する不信感を増幅させるきっかけになってしまった定額給付金。
 私はもともと、貰ったという認識はなく、戻税のつもりでいるので、景気刺激策に協力して何かを買わなくちゃという意識はない。欲しいものは家計が許す範囲で買うだけのことで、買う必要がなければみんな普通の生活費に回すのは当然のことだろう。

 我が家では入金して一月ばかりそのままにしていたが、昨日その給付金を意識して買い物をした。(1TBのHD 特価10,500円)b0008825_947361.jpg
 
 私はデジカメ写真を撮ったものはとりあえず全てパソコンに取り込むので、その数は相当なものになる。当然パソコンの負担が大きくなるので、前からその対策としてHDを買いたいと思っていた。 
 話の種に、給付金で何を買ったかと聞かれたら、HDを買ったと答えるることにしよう。

 昨日取り付けて、パソコンに保存してた画像(数百枚?)を移し変えたが、これからは今まで以上に気楽に写真を取って保存できそうだ。更にかなり溜まっている文書類を、フォルダに分類して移し変えることにしよう。これでワード使用中良く表示される「仮想メモリ不足」は解消されることだろう。
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-12 10:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

タチアオイさん ごめんなさい

 先週、タチアオイが頂上まで咲き上がったので、そろそろ梅雨明けかと書いたが、1週間過ぎても梅雨明けの気配がないので、昨日、念のためひょうたん池のタチアオイを良く見たところ、意外やほとんどの株が、もう一輪蕾が膨らんでいた。(下段写真)
 先週の写真の赤い線で囲んだ部分(上段写真)は、既に花が終って種が稔ったものだと早とちりしたようで、良く見ると膨らみかけた蕾だったようだ。
b0008825_1731836.jpg

b0008825_21361669.jpg

 実はまだ咲き上がっていなかったのだ。
どおりで、梅雨明けの気配がないはずだ、・・・と納得。

 タチアオイの自然の感受性が狂ったのか、と勝手に想像したのは大間違いだったようだ。タチアオイさんの名誉挽回のためにも、先週のブログは訂正しておかねばなるまい。“タチアオイさん ごめんなさい”

 この蕾が開くのは1~2日後だろう。
その頃つまり来週早々、先人の言い伝えによる雨明けになるかも知れない!
もしそうなれば、タチアオイの自然への反応、そして先人の生活の知恵のすごさを、改めて知ることになるだろう。
[PR]
by matutaka31 | 2009-07-10 17:07 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)