<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

自産自消で充実した毎日

 暇に任せて好きなものを好きなだけ作り、自分で作った旬のものを、食べたい時食べたいだけ食べる。これぞ家庭菜園三昧と言うのだろうか。
 今年は春先から異常気象の連続で夏野菜つくりは四苦八苦したが、どういう訳か「トマト」と「ゴーヤ」が豊作である。私は大型の「桃太郎」とミニトマト3品種合わせて4品種のトマトを作っているが、病害虫の被害もなく、連日真っ赤に熟れたトマトが収穫できて大満足。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と云われるほどトマトの栄養価が優れていることはよく知られたことなので、我が家でもこの際とばかりせっせと食べ放題の毎日である。
 今年は油粕が入った有機配合肥料を施したためかいつもの年より甘味があり、近所の方の評判もまずまずなので、気をよくして有難迷惑にならない程度に近所の方々に配っている。
b0008825_22465443.jpg
鈴なりのミニトマト

 私が菜園で密かに味わっているささやかな楽しみがある。 それは畑でもぎたてのトマトを丸かじりして、トマト特有のおいしさを味わうことである。
 農薬を一滴も使っていないので安心してそのまま丸かじりできる。
 作業の合間の一休に、美味しいトマトを頬張り、喉の渇きを癒す・・・これは経験した人でなければわからない楽しみである。
 それでもでも、一つだけ物足りなさを感じる時がある。
 それは子供のころ食べたあの青臭くて甘酸っぱいトマト味が、今では露地栽培でも味わえなくなったことである。
 トマトの匂いが嫌いという消費者のニーズに合わせて、糖度の高い品種改良が進んだためだろう。
 もう、子供のころ食べたあのトマトの味は、幻になったのだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-29 22:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

平均寿命より健康寿命

 昨日の新聞で、日本人の2009年の平均寿命は男性79.59才、女性86.44才で、いずれも過去最高を4年続けて更新したと報じていた。 しかも女性は25年連続の世界一の長寿国で、男性は5位だという。
 平均寿命が伸びること自体、日本人の生活環境が改善された証で、喜ばしいことに違いないが、果して健康寿命はどうなのか気になるところである。健康寿命とは、平均寿命から要介護状態(自立した生活ができない)等の期間を差し引いた寿命のことである。

 WHOによると、2008年の日本人の平均寿命は83才で、健康寿命は76才だそうである。その差7年間は、自立した生活が送れなかったことを表している。
 平均7年間だから当然のことながら、これより長い人もいれば短い人もいる。介護を受けながら7年間を生き続ける人の苦痛・心境はいかばかりかと思いやられる。
 マスコミの報道に限ることではないが、世界の長寿大国を標榜するのもいいけれど、同時に健康寿命のことを取り上げないと片手落ちになってしまうと思うのだが、・・・。

 ある程度高齢に達した人が自分の寿命と健康寿命を一致させることができれば、それに越したことはないと思う。
 しかし神様はそんな自分勝手なことを、そう簡単には許してくれそうにない。だから、できることなら要介護の状態がなるべく短くて済むよう、「寿命=健康寿命」を目指したいと私は密かに願っているのだが、・・・。
 
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-27 22:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

しそジュースでこの酷暑を乗り切ろう

 yさんのブログにしそジュースの作り方が載っていたので、わが菜園にたくさん生育している紫蘇の葉を原料にして、早速しそジュースを作ってみた。
 材料の紫蘇は、菜園から採取したものがたまたま青紫蘇2対赤紫蘇1の割合であったので、そのまま利用することにした。
 レシピ通りに作ればいいので、殊更気を遣うことはないが、甘さの加減は自分の好みに合わせることと、カビ発生防止のため容器の水気を完全に取り除くことの2点には気を遣った。

b0008825_15103621.jpgb0008825_15105013.jpg
       しそに水を浸した                     煮込み中 

b0008825_1511650.jpgb0008825_15111877.jpg
       しそを取り出した                 クエン酸を入れて出来上がり

 青しその栄養価はある程度承知して、我が家では青シソをできるだけ何らかの方法で食べるようにしていたが、しそジュースを作った機会に、改めてその栄養価値を調べてみたところ、驚くなかれ、今までの知識をはるかに超える栄養価を再認識させられた。

 今毎日、冷たい水割りのしそジュースを2回飲んでいるが、疲労予防・疲労回復の効果を実感している。
 この夏の収穫物、安全・安価なしそジュース、でこの夏を乗り切ろう!
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-26 15:39 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

被爆稲を作り継ぐ

 今年も間もなく暑い夏、被爆者にとって65回目の暑い夏がやってくる。
我が家の庭で今年も、65年前の惨禍を生き抜いた逞しい稲が何事もなかったかのように、元気に育っている。
 福岡市在住の被爆者の方から種子を譲り受け、作り続けて今年で5年目になる。
 日本が世界で唯一の被爆体験国であること、そしてあの悲惨な被爆体験を絶対風化させてはいけない!命ある限り、被爆証人として、被爆体験を後世に語り継がなければならない。
 そんな思いを込めて、被爆稲が育つのをこの目で毎日見守っている。

 この被爆稲作り、今年はピンチの連続であった。
 籾を蒔いた後、いつまでも芽が出ないので不審に思ってよく見ると、中の玄米がもぬけの殻になているではないか。不覚にも、雀に美味しい部分を食べられてしまっていた。
 種籾の残りを再度蒔き直して、今度は網をかけた。しばらくして発芽するのを確認して、やれやれと思っていると、ある朝、網の上から胚の部分だけ食べられてしまった。
 またしても、早朝のすきを狙われた格好だ。

 まさかの時に備えて少しばかり残していた種籾を、絶対途絶えさせてはいけないと、祈るような気持ちで蒔いて育てたのが今生育中の3株である。
b0008825_15315712.jpg

間もなく8月9日、あの忌まわしい原爆の日がやってくる。
被爆稲に負けないよう元気で、65回長崎原爆犠牲者慰霊式典に、今年も参加する予定である。
         「私の原爆体験」
          「被爆・戦争体験を語り継ぐ」
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-24 15:10 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

芥屋海岸を歩く

 風光明媚な糸島の海岸に、「芥屋の大門」といわれる最大奥行90mの玄武岩洞がある。洞窟の入り口や中は美しい六角柱状石がある。
 この大門の側までは何度か行ったことがあるが、遊覧船で海側からこの洞窟を見ることは今まで一度もなかったので、涼を求めて遊覧船観光を思い立った。

 観光船の時刻も確かめないでぶらりと出かけたのがよくなかった。その日は休日だったためお客が多く、1時間30分待ちだという。
 その気になれば何時でも出てこれるところだから、観光船に乗ることをあきらめ、周辺の海岸をのんびり歩くことにした。
b0008825_14362669.jpg
西側から見た「芥屋の大門」


 海岸にはいろんな花が咲き乱れ、花と海の両方を鑑賞しながら歩くと、時折涼しい海風が吹き抜け、かんかん照りとは思えない涼しさが感じられる。
 木陰のない海岸を歩くことは、傍目に見るとさぞ暑いことだろうと思うけど、思ったほど暑さを感じない。
 観光船に乗らなかったおかげで、月末に計画している「相島一周ウオーク」を、図らずも疑似体験することができた。
海岸で見かけた花の数々

b0008825_143323100.jpg




つゆ草
b0008825_14334228.jpg











ハマゴウ
b0008825_1434479.jpg











ハマエンドウb0008825_14342692.jpg










おにゆり
b0008825_14344699.jpg










ハマユウ
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-23 14:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

パソコンの故障

 なんとなく予感がしていたが、19日朝ついにその時がきた。起動の途中再起動を繰り返す現象が、いろんな手立てを施しても直らない。
 購入した家電量販店に相談した結果、メーカー持ち込みで1週間ないし10日間かかるという。
 今私が予定している作業だけでも、それほど間を空ける時間的余裕はない。必要なデータは直近のメール上のデータ以外は概ねバックアップしていたので、代りのパソコンさえあればなんとか凌げるのだが、・・・。
 あれこれ考えた末、予定外の出費は痛いが、ウインドウズ7搭載のノート型パソコンを購入することにした。前からノート型は欲しいと思っていたことだし、ウインドウズ7もいずれ慣れなくてはならない時代になっているので、いい機会だと思った次第。

b0008825_1155582.jpg
 ところが、ウインドウズ7を実際使ってみると、今使っているOS「XP」とはだいぶ異なり、面喰うことばかりである。「XP」から「7」への切り替えには、頭の切り替えも含め、かなり時間がかかりそう。


 慣れることは利便性が広がることにつながるが、一方では新しいことへの抵抗勢力になるのかと思うと、この際少々の不便は我慢して、ウインドウズ7の壁を乗り切らなければと思うことしきり。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-22 09:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

今度はカボチャが・・・

 我が菜園で、まさか!と思うことが・・・。今度はカボチャがやられた。
 またしても不覚であった。皮が硬いいうえに黒っぽい色、どう見ても美味しそうに見えないカボチャが、まさか標的になるとは努々思わなかったから。
 ところが見事に私の思惑は外れてしまった。
b0008825_22232519.jpg
 雨で2日ほど菜園に入っていないので、つつかれたのは何時か分からないが少々時間は経過しているように見えた。
 側には、真っ赤に熟れた見るからに美味しそうな、トマトがたくさん生っているというのに、そちらには目もくれず皮の硬いカボチャを狙うとは?
 動物の本能は人間の常識では理解できない超能力を持っているらしい。

 残念ながら今回も犯人(犯鳥)は特定できなかった。
 でも腹が立つというより、なんだか見えぬ相手とゲームを楽しんでいるような感情がわいてくるから不思議だ。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-17 22:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

生垣の剪定

 午前中、ボランティア活動で、ひょうたん池の植木剪定をして一汗かいた。
 シャワーを浴びて昼食の後、剪定が遅れている我が家の生垣が気になってきた。
 今日は幸い梅雨の一休みだ。ヨシ!一気にやっつけよう。思いついたが吉日とばかり、今度は我が家の生垣の剪定を始めた。
 脚立に乗って剪定はさみを使う作業だから、もう汗びっしょり、腕もくたくた。それでも、家内が剪定くずの後始末を手伝ってくれたので、約3時間ばかりで外側だけ終えることができた。

 隣のおじさんが“業者に頼むと3万円じゃ収まらんでしょうね”と労ってくれたが、自分の胸算用では5万円位節約したつもりなんだけど・・・。(*^_^*)
 これ以上今日は無理だと決め込んで、内側と高い植木の選定は後日に残した。
 それにしても暑い、そして剪定に明け暮れした一日であった。

b0008825_22334855.jpgb0008825_22491895.jpg
剪定を終えてすっきり

 南側の生垣は、ツルハナナス(別名ヤマホロシ)が咲いているので、その花を切るのは忍びなくてそのまま残すことにした。b0008825_2237951.jpgb0008825_2237275.jpg

 私は緑に囲まれた住まいが夢だったので、この家を建てるとき周囲を全て生垣にしてそのうえ植木も植え、緑に囲まれた生活に満足してきた。ところが植木は大きくなるのに、脚立に立つのがだんだん不安になってきた。この先、何時まで自分の手でで剪定出来るだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-16 22:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

犬系男子と猫系男子

最近、人を表現する造語の多いのに驚く。
 例えば風貌をあらわす 「イケメン」&「シケメン」・「ダサメン」、顔の表情を表す 「醤油顔」&「ソース顔」 など。
 このように直感的な表現で軽く受け止められるものから、体形や性格まで読み取ったような「草食系」&「肉食系」等々・・・次から次へと矢継ぎ早に、無責任に人を仕分けするような新造語があふれ出てくる。
 そう思っていたら、今度は「犬系男子」&「猫系男子」なる言葉がもてはやされているようだ。
b0008825_14102543.jpg
 ちなみに犬系男子とは、彼女の前では尻尾をふり、彼女の帰りが遅いときには駅まで出迎え、家では掃除洗濯を行う等忠誠心旺盛な男子のことを言うらしい。b0008825_1411040.jpg また猫系男子は、マイペースで自分の気分次第ですり寄ってくる、クールなタイプのことを言うらしい。

 このような造語の氾濫は、感性豊かな若者達がそれなりの表現を求めているのだからどうでもいいことだが、現在の日本の世相を見るようで、いささか軽薄な印象を拭い去れないばかりか寂しい思いが強くなる。10人十色なのに、・・・。
 先日終わったばかりのサッカーワールドカップの試合で見た、国の威信をかけた闘争心あふれる若者の姿が脳裏に焼きついているせいか、日本の若者よ大志を抱け! と大声を出したくなる。
  「坂本竜馬型男子」とか「白州次郎型男子」だとか、・・・そうゆう人物像は、平和ボケした今の日本では期待するのが無理なんだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-14 14:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

歯の健康診断

 久しぶりに歯の健康診断を受けた。
かかりつけの歯科医から度々健康診断の案内を頂戴していたが、自覚症状がないので足が遠のいてしまっていた。最近、食事の後ツマヨウジを使う頻度が多くなっていたので、やっと検診を受ける気になった。

b0008825_22503933.jpg 健康診断の結果、私の歯は永久歯のうち親知らずを除いた28本のうち1本が欠損して現在27本が残っているが、その内の1本が大分痛んでいるので、早速治療することにした。
 この治療がうまく終わって、出来ることならこのまま80歳27本を目標にしたいものだ。
 
 
 ちなみに、日本の80歳における歯の喪失防止の目標は、20歯以上の自分の歯を有する者の割合を20%以上としている
    
 レントゲン検査の結果、驚いたことに欠損した下奥歯と噛み合わせになる上顎の歯が、噛み合わせがないため大分伸びていることが分かった。
 歯は噛みあわせでその長さや強さを維持しているようだが、一端噛みあわせがなくなると、自然に伸びるらしい。このまま放置すると、どんどん伸びて、ドラキュラみたいになるかも・・・
 それはそれとして、70才半ばにしてまだ歯が伸びるとは意外な発見で、自分の体内にまだまだ成長するエネルギーがあるのかと思うと何かしら楽しくなる。(*^_^*)
[PR]
by matutaka31 | 2010-07-12 22:54 | Trackback | Comments(2)