<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

高齢者の歩行速度とその後の生存予測

 SNF MLに投稿されたS医師の情報(高齢者の歩行速度)に興味があったので、もう少し詳しく知りたくて出典をネットで検索してみた。 
b0008825_17203830.jpg

 件の記事は、 海外の主要医学誌から生活習慣病にかかわる項目の中にあった。
  「高齢者の歩行速度はその後の生存の予測因子」
 その内容は上記表題に収録されているが、要点をピックアップしよう。
『高齢者の歩行速度によってその後の生存の予測が可能であると、米ピッツバーグ大学などのグループが発表した。
 地域在住の65歳以上の高齢者を対象とした、平均年齢73.5歳の集団(35000人)のデータを用いて歩行速 度と生存との関係を調べた。
 参加者(平均年齢73.5歳)の平均歩行速度は0.92m/秒(時速3.3km相当)であった。
 追跡期間は6〜21年間で1万7,528例が死亡。全体の5年生存率は84.8%,10年生存率は59.7%であ  った。解析の結果、すべての研究で歩行速度は生存率と有意な関係を示し,歩行速度が0.1m/秒(時速360 m相当)速くなるごとに死亡リスクは12%低下した。』

 つまり 速く歩ける人ほど健康で長生きの可能性があることを示す研究発表で、我々が続けているウォーキングの参考 になる。

b0008825_17572542.jpg
 ウォーキングは一般的に速歩が奨励されているが、高齢者は急ぐあまり転倒して骨折でもしてしまったら元も子もない。
 私はこれからも足をきちっと上げ、つま先を蹴りながら上体を起こして、出来るだけ早足で歩くことにしよう。
  私のウォーキング目標:
  速度:時速5km
  距離:4km/日

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-30 12:05 | Trackback | Comments(10)

異性の友達

 朝日新聞の古い切抜きをめくっていたら、面白い記事が目に付いた。
 タイトルは、「いつまでもトキメキを忘れず異性の友達を持とう!」
 その書き出しの部分を紹介しよう。
 『アスパラクラブの会員アンケートで「仲のよい異性の友だちはいるか」と訪ねたところ、50代以上で3割の人が「いる」と答え、うち6割が「相手にトキメキや恋心を抱いたことがある」という。 異性に対するトキメキは脳を活性化させ、若々しくする効果があるが、年をとってもトキメいている人たちが結構いるのだ。』と。b0008825_11442680.jpg

 アンケートに答えなかった残り7割の人全てが正直に答えたかどうかは判らないが、中には気持ちの上では異性の友だちが欲しいと内心思いながらも「もう年だし、今更・・・」と引っ込み思案になったり、「いい年をして・・・」と世間体を気にしたり、自分の心を偽っている人が多いのではないかと、私は思うのだが。


 人は幾つになっても、度合いの違いはあるにせよ、異性を意識しない人はいないと思う。
 先のアンケートの3:7の割合を示すものは、トキメク相手がいる場合や今いなくても何時の日か巡り合った時、何らかの形で行動に移すか、あるいは自分の心の中に仕舞い込んでしまうか、その向き合い方の違いだろう。
 私は幾つかのクラブに参画しているが、女性が程ほどに交じり合ったサークルは雰囲気も和やかで、かつ女性の男性観・社会観・家庭観も聞くことが出来るなど話題も豊富で楽しい。
 だから、異性の友だちを持つことを頭から否定するのではなく、むしろ節度あるお付き合いをしたほうがいいと思っている。
 
 人は年を重ねると、もう年だし、・・・なんてことを考えがちだが、それでは二度とかえることのない人生を無駄に生きることになってしまう。
 限りある人生を、健康で、より楽しく、より有意義に過ごすためにも、ほのぼのとトキメクような異性の〇〇友、☆☆友がいてもいいのではないか・・・と思うのだが。
 
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-29 11:51 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

歩こう会1月例会

 「イッペー歩こう会」1月例会は、(あま王)食べ放題の後、天然温泉「大木の湯アクアス」を楽しむコースを選んだ。
 ウォーキングだけが目的であれば、地元にいくらでもコースを選ぶことが出来るが、折角1日をつぶすからには、小旅行気分を味わうのもいいのではないかと、毎回電車で片道1時間半前後の遠出を計画している。
 今回選んだ場所は、福岡県筑後平野のど真ん中、三潴郡大木町。
 ウォーキングコースは、西鉄大牟田線「八丁牟田駅」を起点にして、イチゴ食べ放題「ホワイトベリー」までの約3,2km、ここから更に天然温泉「大木の湯アクアス」までの約4km、合わせて約7kmのコース。
 コースの大半は、周りを畑に囲まれた田舎道。
 一面の畑は小麦が5cmくらいに伸びていて、ローラで踏圧した跡形が見られた。
 昔は農家の人達が麦踏みをする光景があちこち見られたものだが、今ではそんなのどかな風景は見られない。

 今回の目玉は、イチゴ(福岡県の代表銘柄、あま王)の食べ放題。
 40分間ハウスの中で、美味しそうなのを自由に選んで好きなだけ食べることが出来る。
b0008825_20321790.jpg
味は新鮮そのもので、口の中に甘いジューシーな味が広がり、店頭に並んだイチゴとは違う、もぎたてならではの抜群の美味しさを満喫。
 最初は大きいのを選んで食べていたが、小さくても良く熟れたのも美味しいことが分かり、大きさに関係なく良く熟れたものを腹いっぱい食べた。
 それでも私が食べたのは20個位だろうか。


b0008825_2034654.jpg
 豪のものは、70個くらいは食べていた。
 事務所で聞いた話、これまでの記録は200個(女性)だそうだ。
 そんなに食べて、果たして美味しい食べ方だろうか、・・・。
 ちなみに、料金は温泉入浴料とセットで1,800円/人。


 美味しいイチゴを腹いっぱいのお土産にして、最後は天然温泉「アクアス」で体を癒した後、お決まりのビールで乾杯の後岐路に着いた。
 天気もこの時期には珍しく晴れ上がり、絶好のウォーキング日和であった。
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-27 20:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

ゼロ(0)の盲点

 我々が日常用いている算用数字は、0から9である。
 0といえば気温くらいのもので、普通1から9を、そして夫々の数字に0がくっつくものを連想する。
 今日、我々のパソコン勉強会で「ワード」のページ挿入を実習した時、ページの挿入は1ページからと思い込んでしまったのが原因で、思わぬ迷路にはまり込んでしまった。
 ある人か、『表紙にページをつけないで、目次以降にページ数をふりたいが、その場合どうすればいいのか』と質問した。
b0008825_2137768.jpg
 ワード、「挿入」から「ページ番号」と進んで「ページ番号の書式」をクリックすると「開始番号1」と表示される。
 「OK」で結果を見ると、表紙に1ページの表示が表示され、目次以降は2ページ以降の番号がふられる。
 さてどうすれば表紙はページ番号無しに出来が問題になった。
 みんなで考えられることを繰り返しトライしたが、どうしても表紙抜きのページ番号設定は出来ない。
 ページ数は「1」からと思い込んでしまっているので、「開始番号1」に誰も不信を抱かなかった。
 しかし何か方法があるはずだ・・・と釈然としないまま来週の宿題にしようかと話し合っていたとき、懸命に方策を模索していたM女史が「出来た」と時の声を上げた。
 「開始番号「1」の数字を「0」に置き換えれば、2枚目の目次からページ番号がふられることを突き止めたのだ。
 つまり書式に自動的に表示される「1」に惑わされ、「0」の存在に気がつかなかったのが原因だった。
 ワードに詳しい人は、なんでもない「基礎知識」に過ぎない問題だと思うが、このようにみんなで考え且ついろいろ試しながらスキルアップしていく、我々「メダカの学校」方式のクラブならではの勉強スタイルである。
 だからの問題が解決したときの喜びは、一入である。

 数字は1から・・・と思い込んでしまったことが、正しい手法を見失ってしまった事例である。
 先入観は、時として迷路にはまり込んで出口が見えなくなったり、思い悩んでみたり、挙句の果てに過ちを犯すことになりかねないことを示唆しているようである。

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-25 22:23 | Trackback | Comments(8)

ボランティア活動

 昨年11月から始まった「地域環境サポーター養成講座」が、先週終了した。
 7回の講座で、「ボランティア活動とは」、「ゴミ処理の実態」、「各種ボランティア団体の取り組み」等々について、日頃聞くことが出来ない実例等を学び、新たな知識を得ると同時に自分が取り組んでいる活動のあり方についても、いろいろ考えさせられることが多かった。
b0008825_181063.jpg
 講座を通じて私が確信したのは、ボランティアあるいは地域活動をする場合の要点は、「目的を共有することであり」、「目的を達成するための活動内容の充実とその実践であり」、しかもその内容が参加する人達の間で「共感」出来るものでなければならない・・・ということである。       
                        
                                           活動のポイントを説明する講師
 
 私は、今までいろんな団体(仲良しクラブも含めて)の設立・運営に携わってきたが、目的は参加者間で概ね共有できるものだが、具体的な目的を達成する手段・手法になるとなかなか意見がまとまらない。
 でもここがしっかりしていないと、その活動は長続きしないし、いつの間にか雲散霧消あるいは活動が沈滞してしまうことを経験してきた。
 目的を達成する具体策がしっかりしているかどうかは、独創的な内容であればそれに越したことはないが、参加する人たちの間で、“やってよかった” “楽しかった”と「共感」出来る内容であることが最も大切なことだと、私は思っている。
 その当初共感できた内容も、取り巻く情勢の変化や参加している人たちの意識の変化で、何時までも通用するとは限らない。
 状況の変化を素早く汲み取り、状況に合わせて常に内容を見直ししないと、いわゆるマンネリに陥り、間違いなく「共感」を失ってしまうことになる。
 この辺りが、ボランティア活動あるいは地域活動の難しさであろう。

 今回のサポーター養成講座の終了に当たり、「今後どのような活動をするか」だが、受講の動機である「生ゴミを堆肥化して土に還す」活動を、今取り組んでいる「ひょうたん池花クラブ」の活動の中で、そしてダンボールコンポストの実践を通じて、取り組んでみようと思っている。
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-23 12:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

春の息吹

 豪雪地域の皆様、さぞ大変なこととお見舞い申し上げます。

 当地の今朝は、久しぶりに青空が一面に広がり 気温も8℃と平年並みに上がりそう。
 庭の蝋梅も咲き、あたりに芳香を漂わせている。
 鉢植えの枝垂れ梅の蕾も膨らんできた。
 お隣さんからいただいた枝を挿し木していた「ネコヤナギ」の新芽も、大分膨らんできた。
 鉢植えのビオラも寒さに負けすに健気に咲いている。

b0008825_1039268.jpgb0008825_10393391.jpg









b0008825_1040283.jpgb0008825_10401598.jpg

 







 どんより曇った日はそうでもないが、明るい日差しの中に咲く花をみていると、「もうすぐ春ですね~♪」の歌が、何処からか聞こえてきそうな雰囲気だ。 b0008825_10475950.jpg
     

       暦の上では今正に「大寒」、寒さはまだ続く。
       でも、春の足音は確実に近づいている。
       寒さに負けず、元気をだそう!

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-22 10:56 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

私の健康と太極拳

 私は70歳になってから太極拳を始めた。
 それまで続けてきたウォーキングやゴルフ・山歩き、その他家庭菜園等々の運動はそれまでと同じように続けながら。

 太極拳の練習は週1回月3~4回だが、よんどころない数日を除いて、5年間休むことなく続けている。
 なぜそれほどまでに・・・。

 私は運動機能障害に繋がる頚椎変形症と脊椎変形症の診断を受けている。
 整形外科医は、異口同音に「高齢化現象だから仕方がない、一時的には薬で治せるが本格的治療は手術しかない」と、こともなげに告げる。

 頚椎変形症と脊椎変形症によって予測される運動機能障害から逃れる、私に残された只一つの道は、頚椎・脊椎を支える筋力の強化を自ら実行することである。
 この頚椎・脊椎を支える筋力の強化は、それまで続けてきた運動の強化だけでは成し得ないことがなんとなく判っていたので、その補強運動を太極拳に求めた。
     私のホームページ「私の健康と太極拳」
 車の追突事故で予想もしなかった頚椎変形症、しかもこのまま放置していると4~5年後に手に痺れが出るだろうと診断されてから15年経過したが、お陰で今のところ外見上異常はない。
 また、脊椎変形によると思われる慢性的な腰痛も、今のところ小康を保っている。
 体内に抱えている不発弾の暴発をふせぐため、太極拳とその他の運動はこれからも続ける、いや楽しみながら続けなければならない。

     私の健康(体力)バロメーター
        バランス感覚:片足立ち2分間、片足立ちで靴下を履く
        筋 力   :ゴルフ場でのボールの飛距離
        脚 力   :エスカレータを利用しないで階段を歩く

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-20 11:23 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

分かっちゃいるけど

今年も庭の八朔を収穫した。
八朔は夏みかんと異なり、何時までも木に生らしたままにしておくと苦味が出るので、この時期に収穫して1ヶ月程度常温で保存しておくと美味しくなる。

収穫量は、去年の1/3くらい。

b0008825_11441049.jpgb0008825_11443894.jpg










 その理由は明白。
 我家の八朔はまだ若木で、去年は今までになくたくさん生った。
 若木を健全に育てながら毎年平均的に収穫するためには、多く結実した実の一部を摘果しなければならないのだが、それを怠ったためだ。
 このことは、みかんに限らず果実は皆同じことで、百も承知していたのだが、・・・。

 でも・・・
 折角結実した実を摘果するのは、なんとなく忍びなくて・・・
 いや勿体ないような気がして・・・
 いやいやそればかりではなく、戦後の食糧難の時代を生き抜いた食物確保に対する執念か、それとも獲れるとき獲っておくという欲張り根性か・・・。

 いずれにしても、現実は去年摘果しなかった反動が出ただけのこと。
 その代わりと言えば言い訳になるが、去年より一回り大きい実が実った。
   やはりセオリーを無視したことに変わりはない、 反省!反省!

b0008825_11565697.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2011-01-18 11:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

ウォーキングルートの変更、たまにはいいものだ

 今日のウォーキングは、身を切るような北風を避けて、202号線の南側のコースを選んだ。
 北向きの山裾に当たるので、北風をまともに受けるコースだが、東西に伸びる家並みが格好の風除けになる。
 約1時間だったが、途中、 「国指定丸隈山古墳」に立ち寄ったので距離は5km弱。

 家から歩いて15分くらいの場所にあるこの丸隈山古墳、国指定の古墳で この辺では知らない人はいない。
b0008825_183531.jpg
丸隈山古墳(前方後円墳の前方部分)

案内板によると、
「この古墳は、江戸時代初めに発見された、5世紀前半に築かれた前方後円墳で、後円部の中央には初期の横穴式石室があり、石室には二基並列の複合式箱式石棺がある」と記している。

b0008825_189875.jpgb0008825_189214.jpg








  
後円部の横穴式石室             石室の二基並列の複合式箱式石棺

 この辺から糸島市前原に至る地域が、中国の歴史書「魏志倭人伝」に登場する伊都国をさし、古墳が大変多い地域である。
 今日は何時ものコースを変えた為、予期しなかったお膝元の古墳を見直す機会になった。
 時にはコースを変えて歩くのは、知っているつもりでも良く知らないことに気づくこともあり、刺激になっていいものだ。
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-16 22:53 | Trackback | Comments(8)

ボランティア活動初日

 昨日、「ひょうたん池花クラブ」の活動を開始。
 活動は、1・2月の例外を除いて、原則として毎週金曜日9時から約1時間半。
 ひょうたん池は、元々農業用ため池だったのを、周辺の住宅化に伴って「ため池」の機能を残しながら地域住民の憩いの場にふさわしい「自然共生型のため池」として整備されたもの。
 ため池の自然の良さ維持しながら、その周りに花壇を作って四季折々の花を咲かせる・・・そして地域の人達に親しまれる環境を整備するのが、我々の活動目的だ。
 当時荒れ放題で近寄るのも気持ち悪いと評判だったこの水辺空間を、何とかしようと、市の肝いりで行った住民主体のワークショップに参加して以来ずっとこのボランティアにかかわってきただけに、このひょうたん池に対する思い入れは人一倍深いと私は自認している。
 昨日は、樹木や藤棚の徒長枝の剪定とペチュニアの実生苗のポット移植が主な作業。
 水辺にはもう水仙の花が満開、その周りに水仙独特の甘い香りが漂っている。
b0008825_11193618.jpg
 体調不良で欠席した人もいたが、その他は元気で今年も活動開始できたのは、高齢化が進む我々クラブにとって喜ばしい限り。
 午後、玄界灘に面した「西ノ浦」で新年会、新鮮な魚介料理に舌鼓を打ちながらのカラオケ三昧で、今年も元気で楽しい活動の幕開けとなった。
[PR]
by matutaka31 | 2011-01-15 10:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)